羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stillness 
2006年07月28日 (金) | 編集 |
aurand1

京都は20時すぎに激しい雨と雷。
これで梅雨明けかなぁ。
低い声のタクシードライバー、もう一雨くるかもしれません。
タンクロウ君は機嫌よく元気よくしてるかな?
こんばんは、ringoです。
     *
ワタシは静かな場所が好きだ。
そんな静かなところに出会った。
ノルウェーのアウルランフィヨルド(世界最長のフィヨルド
205kmのソグネフィヨルドの支流)の入り江の村、アウルラン
から山道を越えてラールダールへ行く途中にある。
一車線の細いくねくね道。
対向車があると、どちらかがすれ違うために少し広くなっている
場所までバック。こちらが大型バスなので、乗用車が後戻りして
くれる。対向車も大型バスだったら、目もあてられない。
あるいは大型バスは一方通行になっているのかな。
展望台の名前は、ステーガスタイン(Stegastain)
海抜約650mの高さに、約30mの展望台がフィヨルドに向かって
張り出している。先端は透明のガラス。おおこわ。
そして、圧巻はその先の小高い丘から見下ろすフィヨルドの眺め。
絶景。遠くはネーロイフィヨルドまで望める。
看板も道路標識もないこの丘のフットパスを10分くらい登ると
あっと息をのむような風景が目の前にひらける。
その風景の静謐なこと。
まるで時間が止まったような景色。
深く蒼い、地球の魂の水をたたえた入り江。
しばらく腰を下ろして眺めていた。
     *
フィヨルドとは、分厚い氷河が退行するときに大地を深く
削りとりその谷に海水が入り込んだ地形。海水だが塩分は薄い。
ニュージーランド南島ミルフォードサウンドもそう。

aurand2


スポンサーサイト
ただいまぁ
2006年07月27日 (木) | 編集 |
Myrdal1

ただいまぁ。ringoです。
北欧のSCANDIC系列のホテルでは、
ワイアレスのインターネットサービスが無料だった。
日程もそんなにしんどくなかったのにブログを書けなかった。
グラスワインが1500円もするので、
飲んでばかりいたわけではない。
なんでブログ書いているのかなと思うと書けなくなった。
ホテルの部屋で明るい夜をぼ~っとしていたんだ。
     *
例年になく暑い日々が続いた。
ノルウエーのフィヨルド地方も快晴。青空。27度。
湿気がないので、木陰にはいると爽やか。
ラールダール(アウランフィヨルドの村)のホテルのおじさんは、
僕にとっては、もう耐えられんくらい暑いと言っていた。
ライン河の水量が減り、船の航行に支障がでているとTVニュース。
地球温暖化はクールビズでしのげるほど甘いものではなく、
確実にそして、もの凄いスピードで進んでいることを年々実感する。
日本列島水没も近い将来。
とけて困るのはアイスクリームだけではない。
どこの氷河も溶けていっており、その姿は年々細く短く薄く
なってきている。それを1年ごとにこの眼で確かめることが
できるほど恐ろしいことになっているんだ。
     *
上の写真・ミュールダールの谷。小川の水の清冽なこと!!
下の写真・一番よくみかける花。ヤナギラン。アラスカでもよくみる。

Noborisan1


太陽の季節
2006年07月21日 (金) | 編集 |
HEL Market1

ヒカリがこぼれるヘルシンキ。
こないだスズノスケをおいていったマーケット広場に
再び立っているringoどす。
暑い。
     *
7月はこのお豆の季節ですとヘルシンキのガイド・カズミさん。
ふむ。エンドウ豆にそっくりというか同じかな。
どうやって食べるか聞き忘れた。
ひまわりを売っているお店も。
そばに立っているひまわり娘は誰かなぁ。
うふふ。
こんな派手なシャツを着ているツアコンは
おれへんなぁ。
よく目立つのでおばあさんやおじいさんに好評なのだ。
止められないから毎日洗濯して、毎日着ている。
どない?
明るく、楽しく、美味しくというのが
ワタシの旅のモットーなのだ。
しかし、心の中では早くこのオシゴトから足を洗いたいと
思っているワタシもいる。

HEL Market2


飾らない人たち
2006年07月19日 (水) | 編集 |
Hel jazz1

ヘルシンキからringoです。
晴れ、爽やかな風。20度C。
フィンランディアホールのそばのホテル。
空の端が、ピンクシャンパンみたいな色にかわってきた。
只今23時。
TVはBBCワールド放送、ずっと中東危機のニュース。
     *
フィンランド航空の直行便だったので16時すぎにホテルに入る。
あれこれ用事を済ませて、ふらっと街にでかけた。
岩盤(ヘルシンキはいたるところに岩盤が顔をだしている)が
バックの小さなステージで、ジャズのライブをやっていた。
ベースとエレクトリックピアノ(こういうの何て呼ぶの?)
ステージの前に巨大なドラム缶みたいな形をしたバー。
テーブルとところどころにパラソルや花。
思い思いにビールを飲んだり、連れの女性の手を撫でていたり、
おしゃべりしたり。
ワタシもその風景の中に入る。ビールを注文。5ユーロ。
椅子にこしかけ、深呼吸。
空は高く、木の枝が風にそよぎ、くすくす笑うガールズトークが
聞こえる。きれいなピンク色のパンツをはいた白髪の女性。
カッコいいなぁ。
     *
このままずっと風に吹かれてここに座っていたらどうなるだろう。
ホテルに戻らず、こうしていたら。。。
そんなことをふと思った。

Hel Mou1


やまない雨はない 明日があるさ
2006年07月17日 (月) | 編集 |
Chez Imai1

朝から雨が降っています。
夜になってもやみません。
ringoです。
Bonnieのセカンドハウス、琵琶湖ログハウス亭に行ってきました。
     *
スウェーデンの松の木をふんだんに使ったログハウス。
ロシア人のログビルダーが立てはったらしい。
外から観るより、中は広く明るく、奥行きのある空間を感じる。
新しい木の香り、柔らかい光。
切り取られた窓はそれぞれに違う絵のような風景を写す。
ログハウスは琵琶湖を眺める高台にあり、前のお庭では自然体に
ポプラやキーウィ、ほうせん花、アガパンサス、ピーマンや
ラベンダー、タイムが育っている。木も花もハーブも仲良し。
そばには小川が流れている。
裏山は森。お猿さんにこないだは葱を全部食べられたらしい。
マイナスイオン120パーセント。
ワタシの身体全体が呼吸している。
家全体が森の新鮮な空気をたっぷり吸い込んでその一部になっている。
     *
新築祝いのサパーは、
・スイスの白ワイン(モントルー近くの小さなワイナリーのデザレイ)
・チーズ2種(アッペンツェラーとフリブール)キッチンガーデン
 でもいだばかりのピーマンをかじりながら。青い甘さとチーズの
 マリアージュ。
・ヴァリス地方のサラミ・ハム3種
・パスタのサラダ(手打ちパスタとバジル・トマト・キュウリ・
 オリーブ・松田のマヨネーズタイプで)
・クスクス(ドライフルーツ・松の実・オリジナルのミックス香辛料
 ドライトマト・ナツメグ・トンガラシ入りのオリーブオイルと
 塩の花で味をととのた)
・プラムとミント
・ミント水が美味しかった
     *
夜、雨がやんだ。
静かだ。池の緑カメの寝息が聞こえそうなくらい静か。
明け方、まずヒグラシの透き通った瑠璃色の三部合唱。
次に、クマゼミのシャワー音。
夜明けのコンサートは再び雨音に消えていった。
緑が濡れている。きらきら光ってる。きれい。
     *
Bonnieのファーストハウスでは、6人家族で1年に2,3度しか
生ゴミをださないらしい。凄い。
みんなコンポストにして土に返す。
ミミズさんにオシゴトをしてもらっているらしい。
ちなみにBonnieは2年ほど前、ミミズ博士といってローカルNHKの
取材を受けたこともあるらしい。知らんかった。
クロールで5キロ泳ぎ、自宅で英語を教え、エコロジカルな暮らしを
実践して、週末はキッチンガーデンとログハウスのお世話。
もちろん、素敵なパートナーと家族と一緒。
エネルギッシュな彼女は20年ほど前、同じ旅行会社で働いていた。
薪ストーブを使う頃になったら、フォンデュしようねと言って
琵琶湖亭を後にした。
     *     
さて、さすらうringoは明日から北欧10日間の旅。
スウェーデンの松の木は琵琶湖畔で静かにその木生の
エピローグを迎える。
その中でチーズ犬(やたらチーズが好きな柴犬)コンチャンが眠る。

Chez Imai2

汗をかいた氷のグラス 鱧 京都
2006年07月14日 (金) | 編集 |
naginatahoko1

コンチキチン、
ringoどす。
とても暑い日でしたね。
ないない村から大阪へ直行。
物理的距離もさることながら、精神的距離を飛び越える。
18日からの北欧10日間ツアーの打ち合わせ。
ばったり同僚のM嬢と会う。
帰りに祇園祭りに行ってみようかという話になる。
     *
宵宵宵山の鉾町をぶらりぶらり。
鉾が見える方へあっちの角を曲がったり、こっちの通りを歩いたり。
じっとりと汗、ビルの谷間につきぬける長刀鉾、浴衣姿と下駄の音、
ああ、今年も日本の夏が来た。
一人にんまり、なんか、こうしていられることがすごく嬉しかった。
四条烏丸の烏丸コクーンにある中華レストランの露店で、
北京ダックとふかひれ饅を食べた。
ジューシーで美味しい!!
う~ん、ハオツー。
今年は、ちゃんと長刀鉾の粽も買えた。
疫病災難よけ。玄関に吊るしておこう。
     *
昨日といえば、午前中、踊るクスリのみどり先生の
ボデイチューニングのクラスへ。
みどり先生はちょっとお疲れ気味かな。ひっぱりだこだから。
午後から久美浜の兜山窯元浅田さんのところへ。
2ヶ月程前に欠けたぐい呑みの金継ぎをお願いした。
金の涙を流す美しいぐい呑みが完成していた。
金継ぎという技術はすごいね。ぐい呑みより高くつきそう。
しかし、修理費用は、ワタシが旅先から浅田さんのために
何かを選ぶことに。
大人の夏休みの宿題。
夜は、マダム鶴のお供で、間人・とと屋のバーマン、田茂井さんの
カクテルを頂いた。
桃のリキュールを使ったシャーベットにマンゴを合わせた
季節のアペリティフ。食欲増進。
彩雲を思わせる色のオリジナル・マティーニを初めて飲んだ。
コアントローと何かをビミョウに合わせてあるらしい。
このビミョウさ加減がよいのだ。
緊張感とこのビミョウさ加減。
絶妙。
マダム鶴は田茂井さんの顔の輪郭にほっとすると言っていた。
     *
祭りの宵とほどよい酔いと
金の涙をしたためる酒器と
幸せな時間。

naginatahoko2


止まらない時間
2006年07月12日 (水) | 編集 |
tankuro natsu1

どうも。
ringoどす。
雨がふりそうで降らない1日だった。
ツバメ屋さんがエアコンの修理にきていた。
電器屋さんなのだが、電話すると5分以内に飛んできはる。
ぴゅーっと。早いのなんの。
夕方、畑に出勤。
ここんとこ、畑は見るだけの日が多い。
HB101を2,3滴、大量の水で薄めてささっとジョウロで
シャワー。大きな雑草をざっと抜いた。雑草は強いね。
     *
プッチはぐねっと曲がって倒れていた。
ここんとこ風が強かったもんね。
起こしてひもで支えの木にくくった。
こないだ5個ほど食べた。
小さな実をつけている。ありがとう、プッチ。
セロリさんは快調。虫がつかない。
カリフラワーは虫だらけ。何故か花の部分がムラサキ色に。
とうもろこしも実がついている~。
     *
ハーブの皆さまは小さいながらも時々収穫してサラダに
混ぜ混ぜしている。サラダバーネットと香菜をプランターに
植え替えて、日陰に置こうかと思案中。
バジルさんは一株15センチくらいに成長。
ちなみに、オババのバジルは雨かえるさんがやすめるくらい
森のように茂っている。まあ、畑の土がちがうよな~。
オババが畑を作り始めてかれこれ20年くらいになるんとちがう?
     *
花畑もほんまにひょろひょろ、みんなおちびちゃん。
ピンク色のダリアと表示のあったダリアは黄色だった。
ひまわりも大きいのが50センチくらいの背。
コスモスも2,3ピンク色の花が咲いている。
ミックスシードの花、名前はしらないが、青い花が元気に咲いている。
     *
さて、希望の星、タンクロウ君はみんな元気に夏休みだ。
こないだ白い花をつけて若草色だったが、今は日焼けして濃い緑色。
しっかり実がついている。
よし、よし。その調子でふくらんでくだされ。
いつでも冷蔵庫にビールは冷えてるぞ~。

basil to kaeru1


陽はまた昇る
2006年07月11日 (火) | 編集 |
swiss sunrise2

やっほ~。
夏のスイスシリーズ最終回。
ロートホルン(2298M)頂上すぐの
ロートホルンクルムホテルからの朝日(上)と夕日
(下・ブリエンツ湖)の写真です。
日の出は5時半、日の入りは9時半頃。
夕暮れ時には、アイベックス(アルペン山羊)がホテル前の
斜面まで遊びにきた。
立派な角、急峻な斜面も軽やかな足どり。
     *
帰国してから4日目。
なんだかすっきりしない日が続いている。
スイスツアーは、お天気に恵まれた満足感あふれる行程と出会い。
現役の会社員の女性同士や、65歳ちょっとすぎた熟年夫婦。
笑い声、元気よく楽しんでおられた。
どこへ行っても、有名な観光名所では日本人観光客であふれていた。
う~ん、なんか空しい。内側に向かってはじけているというか。。
あぁ、世界は恐ろしいほどのスピードで変わってきているのに
スイスアルプスの写真を撮って、チーズフォンデュ食べて
おみやげ買って。あ~よかった。そう、よかったものね。納得。
旅は旅人のもの。
でも、外国人が日本国内で増えるのは歓迎しない。
世界に届く力のないサッカー選手を英雄のように、実力以上に
もちあげるマスコミ。
     *
幻想をみていないか。
     *
@本日の夕食
・玄米ごはん
・焼鯖(間人の鯖)にバジルをきざんで山盛
・トマト
・インゲン豆の煮もの
・ボンベイサファイアのジン・オンザロック

swiss sunrise1


夏の女神
2006年07月10日 (月) | 編集 |
aiger2

やっほ~。
ringoです。
台風の風がびゅーびゅー吹いている。
カーテン、壁にかけたカレンダー、テーブルクロス、
わっさわっさと吹き飛ばされそう。
ワタシの心の中にも吹き抜ける風。
     *
昨夜というか今朝、ライブでワールドカップ決勝戦を見た。
時差のせいで、夜半に目が覚めたから。
ジダンがどうしてもスポック博士にみえる。
頭突き。レッドカード。イタリア優勝。
くるっと振り返りブルーのユニフォームのイタリア選手の
胸に頭ドン。
イタリア選手はしりもちをつく。
すかさず、レフリーが赤いカードを高々と揚げる。
その映像だけが繰り返し、オンエアされる。
ピッチを去ってゆく後姿。
何があったのだろう。
イタリア優勝で迎えるフィナーレより、レッドカード退場で
迎えるthe Endを運命の女神が選んだのか。
*
上*アイガー(左・3970M)とメンヒ(右・4099M)
ユングフラウヨッホ(3454M)まで行く登山電車。
あたり一面はキンポウゲの花、花。
ひとつひとつの花が飴玉みたいに結構大きい。
下*青紫はゲンチアナ(りんどう)。ピンク色の花はなでしこ科
ツルコサクラ?
向こうに見えるのはアイガー北壁。
夏の花の命は短い。

aiger1

マイエンフェルトの白雪姫
2006年07月09日 (日) | 編集 |
garden1

やっほ~。
ringoです。
台風を予感させる湿った風が朝から吹いている。
かさかさと木の葉が触れ合う音。
空も台風前の夏の空。いろんな形の雲の合間から、かなたに水色。
空気もどこか迷っているような感じ。
気持ちがいい。風の吹く日が好き。
キキョウの花が頼りなげに揺れている。
夏の花だったんだね。
     *
写真は、マイエンフェルト・アルプスの少女ハイジの家の
近くのおうち。
かわいい7人の小人と白雪姫がお庭に。
鮮やかな色のバラ、ゼラニウムは夏のお庭のレギュラー。
あ、あんなところに猫がいる。
     *
も~、昼寝の邪魔せんといて。
こちらも本日は終日休養日。
夕方あしぎぬ温泉へ。
夏空の夕暮れ時にお湯につかるのもいいねえ。
夕食に、玄米ごはんのライスサラダを作った。
バジル・セロリ・青紫蘇・玉ねぎスライス・ブロッコリー・トマトを
ざっときざんで、玄米ごはんとまぜまぜ。
味つけは、おろしにんにく、黒酢、お塩少々、ハム少々、
自家製青紫蘇のふりかけ、ゴマ。
野菜はすべてオババの畑から収穫。
身体のすみずみまで緑になりそうよ。
京都駅の本屋で買った本、病気にならない生きかたを読む。
ミリオンセラーだって。
書いてあることは実にまっとうなこと。
you are what you eat.
自然の摂理にあわせて生きることが大切。

追伸*はしうど荘四季便り(リンク)の7月6日の写真が
   非常に興味深いです。
   突然の夕日と題した渡邉さんのショットです。
   この日は、日本海のかなたにテポドンが着弾。
   日没後の日本海の夕焼け空の写真です。
   海は世界をつなげているのです。
   うごうご。何か気配を感じるなあ。

neko1


ここは何処? 日本アルプス
2006年07月08日 (土) | 編集 |
Matterhorn1

やっほ~。
ringoです。
ここは何処?
2006年7月4日午前9時のゴルナグラート展望台(3130M)
目の前にはマッターホルン(4478M)
その1週間は晴天、暑い日が続いた。
     *
その後、ローテンボーデンからリッフェルベルグまで
約1時間ほどハイキング。
途中の湖には、逆さに写ったマッターホルンさま。
アリさんの行列のように歩く。
道はすでにしっかり踏みしめられており、花もわずか。
     *
下の写真もゴルナグラート展望台から。
見えるのは、左・モンテローザ(右側のピークがデュフール峰
3634M・スイス最高峰)
真ん中から右にゴルナー氷河とリスカム(4527M)
そして、愛すべきワタシたちなのです。
どない?

Monte rosa1


七夕 氷舌 祇園祭
2006年07月07日 (金) | 編集 |
rhone1

ご無沙汰しておりまする。
ringoどす。
スイス・ハイキングツアー10日間から今朝戻りました。
暑かった。
最高の天気だった。
アイガーもマッターホルンもモンブランもばっちり。
     *
七夕、今夜は織姫さまと彦星さまのランデブー。
ちょっと太めのハーフムーン。
ないない村でえびすビール飲んでます。
ムシムシするなぁ。
     *
スイスのローヌ氷河。
南仏・マルセイユから地中海にそそぐローヌ河、約800キロの源。
遥かな旅の始まり。
この日は、サンモリッツから氷河特急に乗り、アンデルマットまで。
そこから専用バスでフルカ峠(2431M)とグリムゼル峠
(2165M)をこえてグリンデルワルドへ。
ローヌ氷河はフルカ峠を越えたあたりから見え始める。
氷河の先端のことを氷舌という。
氷河の舌。ぺろっと舐められたら冷たそう。
その中になんと入ることが出来るのだ。
5スイスフラン。約500円。
中はグレイシャーブルーの世界。
幻想的。
ワタシの好きな場所。
その奥に横たわっているのはringoではありませんぞ。
念のため。
     *
プッチを収穫。
小さいながら、太陽をいっぱい含んだ夏の味がした。
ツアーから帰るごとに季節がかわっていくね。

rhone2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。