羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生
2006年10月31日 (火) | 編集 |
10.31 mdq hagoromo1

こんばんは、ジェット天女のringoです。
マリンドゥケ島の港におりたつと
朝焼けの中、置き忘れた羽衣が
ふわふわ
東の空に浮かんでいた。
いけない。
早くとってこないと
また天に帰れなくなってしまう。
急いだのにいつのまにか羽衣は消えていた。

10.31 mdq hagoromo2


スポンサーサイト
せや 京都へ行こう
2006年10月29日 (日) | 編集 |
10.29 tofukuji1

おばんどす、ringoです。
山科亭です。
つわぶきが濃い黄色の花をつけています。
京都駅はえらい人でした。
     *
スミレの足跡さんが、社会学会で京都へ来られた。
JR京都駅で待ち合わせ、駅ビル11階の松山閣で湯葉料理
のランチ。眺めがとてもよい。うねうねと北の山波もご馳走である。
その後、東福寺へ行く。紅葉の名所。まだ早いけど。
光明院の虹の苔寺を観に行こうと思ったのだが、時間切れ。
方丈庭園(東福寺方丈内苑八相庭)を観る。
四方に趣を異にしたお庭。一松模様のお庭はとってもモダン。
閉館間際で観光客も少ない。淡いオレンジ色の夕日に染まるお庭は
以外に新しい。昭和14年に重森三玲氏が作庭された
枯山水式の禅院庭園。
紅葉の頃は、この世のものと思えないほど美しいに違いない。
が、物凄い人やろな。
締めくくりは、京都駅のポルタ地下街のイノダコーヒー。
おみやげは、緑寿庵のみかん味の金平糖と、半兵衛麩の
はんなり生ゆばにした。
     *
最近、“時間”について考えることが多いとスミレの足跡さん。
小さな京都の散歩、静かな時間、楽しんでもらえたかなあ。
ふと、エンデのモモ、時間泥棒のことを思い出す。
いい1日だった。
ありがとう。

10.29 tofukuji2


ジェット羽衣伝説 
2006年10月28日 (土) | 編集 |
10.28hagoromo1

こんばんはぁ、ringoです。
今日は運動会日和でしたね。
ワタシは磯砂山に登ってきました。
ふぅ~。
     *
昨夜は、縁城寺の住職夫妻、寅年のチズコさんとご一緒した。
京丹後市大宮町にある内山天文台開星館の平井久夫さんにお会いした。
望遠鏡で、お月さま、昴、ペルセウス座流星群、アンドロメダ星雲
を望遠鏡でみせて頂いた。わぁ、凄~い。ダイヤモンドを散りばめた
みたい。宇宙の闇に吸い込まれそう。
平井さん手作りのフーコーの振り子にもびっくり。。
アストロアーツの星空アナウンスというメールマガジンを
読むだけで星を見たような気分になっているringoだが、
本物を望遠鏡でみるのは初めて。
感激。はて、ここにいる自分は何かと考えた。
この話は後日ゆっくり。
     *
磯砂山の麓には乙女神社がある。
山頂近くには天女が水浴びしたという女池があり、
日本最古と呼ばれる羽衣伝説が伝わる。
磯砂山の頂上には、天女のレリーフの石像がある。
そこからは、360度のパノラマ。天の橋立から久美浜の
小天橋まで見渡せる。
その天女の像をみながら、そう、こんな天女を中国は敦煌の莫高窟で
見たことを思い出す。その天女の姿に妙に心惹かれて拓本まで買った。
そして、ここでも天女の像が気になる。
天から舞い降りた天女は、女池(真名井)で身を清めている間に
羽衣をかくされる。8人のうち羽衣を隠された一人は、天に帰ること
ができず、比治の里の老夫婦に無理やり連れられていく。
天女はそこで万病に効くという酒を造り、老夫婦は裕福になる。
しかし、後にアンタはわしらの子供ではないといわれ追い出される。
天女は、ついに(京丹後市弥栄町の)船木の里、奈具の村へ
たどりつき、心が和ぐ(奈具)しくなったその場所で一生を終える。
その天女が奈具神社に祭られている豊宇賀能売の命、すなわち
伊勢神宮の外宮の豊受大神だそうな。
そんな由緒正しい羽衣伝説が残る。
     *
ワタシは、磯砂山に登りながらずっとヘルメットをかぶった
ように頭が重かった。これは、一緒に行ったマダム鶴の
デトックス的会話のせいではないように思う。
そこで、ジェット羽衣伝説が生まれた。
     *
ワタシは、きっとその昔、天女だった。
     *
そして、のんびりほけーっと水浴びしているうちに羽衣を
隠された。酒造りの技(今はワインが好き)でおじいさんと
おばあさんに尽くしたけど、捨てられちゃった。
だから、磯砂山には、いい思い出がないので頭が痛い。身体が重い。
最後に行き着いた今のないない村(天女の頃の船木の里、奈具の村)
に生まれかわったんだ。
星を観るのが好きで、星から見られているように感じるのは
遠い星にある故郷、天の川を思い出してるんだ。
でも、羽衣がないからもう戻れない。
せめて、ヒコーキに乗り空を飛んで、自由に天を行き来できた頃の
記憶をたどっているんだ。
羽衣ようにひらひらしたもの、スカーフが好きなのも天女の名残りだ。
     *
そういうわけで、柿色の秋の陽射し、ないない村滞在4日間の出来事、
奈具神社お参り、内山で星の観察、磯砂山登山、天女の像が
つながったのだった。
秋の夜長の妄想だって??

10.28hagoromo3


写真上・磯砂山頂上
写真下・夕暮れの柿の木

白ワインになりたい
2006年10月26日 (木) | 編集 |
10.26hatake2

やあ、ringoです。
うろこ雲に薄水色の空。
山がほんのり赤くなり始めている。
庭の柿は鈴なりだ。
屋根の上にのぼって取りたいが、屋根に穴があいたら困る。
     *
昨日は、ファイト12発パイン先生のヨガクラス。
今回は腰をねじり鉢巻みたいにねじるポーズ。
肉がじゃまになってねじるところまでいかず、たたむくらい。
とほほ。へとへと。
本日は、ないない村のさらに山奥、野間にオジジと行った。
民谷さん宅訪問、玄米を購入。
減農薬で空気と水がきれいな山間の田んぼでこしひかりを
作っておられる。30キロ、8500円。
といってもワタシは昨年、その半分も食べなかった。
おくさんは、75歳で、体重35キロ。
ワタシは年齢を聞いたのだが、おくさんは体重も答えてくれた。
ありがとう。
え~。しんどくないですか?いいや。太っとるのは身体に悪い。
スミマセン。その通りでございますぅ。
つやつやでいいお顔。かわいいお顔。
山の水もご馳走になった。
夕方畑へ出勤。
小松菜のおそめの態度いや成長が大きい。
ラディッシュのコメットちゃんも2列に整列。
なかなかよろしい。
そして、な、なんと、ドライプッチさま。
ドライにならずにまだ元気にしておられるプッチさまも。
2個つまんで口に放りこむ。甘~。
深い群青色の小鳥がトマトの支え木に止まっている。
今日は、草を抜いたので黒い虫が土から這い出してうろうろ。
その鳥は、ドライプッチを食べるのかな。
明日は、踊る薬ミドリ先生の体操クラス。
夜は星の観察会。
春咲きの球根がごろ寝しながら、早く植えとくれ。
でなけりゃ、ここで芽を出しちゃうからと口を尖らせている。
チューリップ、クロッカス、アネモネ、水仙。
なんとかというムラサキの花。
それまでに畑の雑草も抜かないと。。
あぁ、パイン先生は、何もしないことがイコール、
休んでいることではないといわれた。
が、しかし、
もっと、さらに、ぼけーっとしていたいringoである。

10.26hatake1


ワタシの東京タワー
2006年10月25日 (水) | 編集 |
10.25tokyo2

こんばんは、ringoです。
週末東京暮らしから帰りました。
東京へ行ってよかった。
     *
学生時代からの友人、デザイナーのアッコちゃんの
目白のフラットに滞在。一緒に遊んでもらった。
彼女は、東京転勤4年目だ。
1日目、お昼頃東京着。
原宿竹下通り、表参道ヒルズから青山。
その後、上野の東京国立博物館へ。仏像の特別展をみた。
締めくくりは東京タワーへ。東京の夜景、果てしない街、ビルの
谷間に埋もれそうな国会議事堂を見た。
夕食は彼女の目白フラットの近くの沖縄料理店へ。素敵なバーへも。
2日目はいい天気。お昼前に目白をでて浅草へ。仲見世、浅草寺、
神谷バーで電気ブランという飲み物とおつまみ。その後、
隅田川の船で両国まで行く予定だったが、船の時間があわず、
タクシーで江戸東京博物館へ。ボストン美術館所蔵の肉筆浮世絵展
江戸の誘惑をみた。まぁ、凄いわ。江戸時代に興味がわく。
常設展、再現された日本橋に声をあげる。展示も見ごたえがあった。
写真家アラキ氏の写真展もよかった。
3日目は雨。アッコちゃんはお仕事。ワタシは、池袋で占い師さんと
待ち合わせ。その後、所沢の秋田美人のトシコさんちへ。彼女は
引っ越して半年。所沢には美味しいソーセージのお店がある。
夜は目白ハウスの近く、アッコちゃんの馴染みのお店でごはん。
4日目お昼前のヒコーキで大阪へ。羽田でロールケーキをおみやげに
買った。羽田~大阪~京都~ないない村へ夜到着。
アッコちゃん、お世話になりました。
ありがとう。
     *
東京の空気。
アッコちゃんの話だと、砂が飛んでくると。
フローリングの床もすぐにうっすらと砂(というか細かい土)が
積もると。彼女は空気清浄機をとりつけていた。
黄砂じゃないのと聞くと、1年中そういう状態なんだって。
そういえば、所沢のトシコさんも、砂(細かい黒っぽい土)
が風にのって飛んでくると言っていた。
東京砂漠かぁ。ほんまに。空気も渇いている。
空中にいつも含まれている砂って何者なんだろう??
街を歩いている人の服装がとてもシック。
暖色系の服を着ている人がとても少ないな。地味。
いろんな人がいる。
エリアによって、人が違う。
人がいっぱいるのに、このすぅすぅした感じって何かなぁ。
高層ビルにマンション。
密集している人、建物。混雑する地下鉄。
湿気のないドライな空気。
     *
江戸時代終焉から150年もたっていない。
この街の変容ぶりに改めて驚愕。
東京だけではなくて、京都もそうだが。。
     *
東京の空気は、とどまっていない。
風が吹いている。
欲望に敏感な風が絶えず人の間、ビルの間を
ポーカーフェイスで吹いている。
ひょっとして、ワタシは自分で言うほどに
東京って嫌いではないのかもしれない。
    
10.25tokyo1

写真上・夜の東京タワー
写真下・上野公園
帽子が好き 
2006年10月20日 (金) | 編集 |
10.20hat1

おばんどす、ringoです。
とりあえず北朝鮮が二度目の核実験を当面しないようですね。
それにしても、TVニュースが映し出す
北朝鮮のフツウの人々の暮らしぶり。
そのあまりのひどさに胸が痛む。
同じ言葉を話す韓国は、次期国連事務総長を出す。
     *
昨夜、たまご姫を夕食に誘った。
おうちで簡単な夕食。
こないだイタリアのTV番組でみた秋のパスタを作った。
ブロンドで超美しい(あんまり料理が上手くなさそう)
シニョリーナがほら、簡単でしょう!って言って、
完璧な笑顔でほんまに簡単に作っていた。
海老と栗とルッコラのパスタ。
ちょっと味が想像できないでしょう。。
これが以外にいけました。
甘えびしか手に入らなかったので、味をしっかりさせる
ために鱧のアラでスープストック作った。
栗はなんと天津甘栗で代用。
グリーンは、最後にベビーリーフをわさっと入れてまぜまぜ。
調味料は、オリーブオイル、塩、にんにく、とんがらしをちょっと。
     *
週末も秋晴れのよい天気になりそう。
ワタシは、明日から3泊で東京の友人を訪ねる。
占い師さんと約束もとった。
東京はどんな空気なんだろう。
今日、図書館で東京のガイドブックも借りた。
明朝のヒコーキで東京さ行くだ。
では、皆さま、Have a nice weekend!

10.20hat2

写真上・30人以上のお客さまの場合のみ着用。
写真下・帽子デザイナーの方に頂いた帽子。夏のお嬢さん風。
    いずれも今年は出しただけだった。本日、ありがとうと
    言ってクローゼットへしまった。
新月
2006年10月18日 (水) | 編集 |
10.18vce1

やあ、ringoです。
お家の冬支度を終えました。
ストーブを出した。
コタツも出した。
ホットカーペットをひいた。
クリスマスカラーのテーブルクロスにかえた。
シープスキンを椅子の上に。
ちょっと早すぎるって。
そうかぁ。。しかしいつも気がついたら木枯らし吹いてるから。
     *
ベネチアの夜の写真を2枚。
ちょうど1週間前はベネチアにいたんだ。
吸い込まれるように路地を歩き続けた。
足がくたくたになるまで。
そう、ニュースではローマの地下鉄事故。
地下鉄構内のもわっとした、都市の倦怠感を含んだ
なんともいえない臭気が鼻先によみがえる。
何があったのだろうか。
     *
今夜はこの辺で。
ボナノテ。おやすみなさい。

10.18vce2


恋の季節
2006年10月17日 (火) | 編集 |
10.17kyoto-eki1

やあ、ringoです。
今日はイタリアツアーの精算と報告に
大阪のオフィスへ行った。
ヨーロッパ課のシャルロッテ嬢がますますチャーミングになっていた。
サーモンピンク色の指先がパソコンのキーを叩く。
あれこれ、コンプレインしようと思って出かけたringoだったが、
出鼻をくじかれた。
やめとこ。もうええわ。
このように魅力的な女性の前で男性は春先のスイスアルプスの
雪崩みたいにでれーっとなるんだろうな。
     *
そのうち、ワタシが人知れず“武蔵”と呼んでいるツアコンも現れた。
彼のヘアスタイルは丸坊主だ。
8日前の打ち合わせの時より5ミリほど髪が伸びていた。
手首にイタリアのアッシジで買ったという数珠をしており、
その姿はフランチェスコ会の修道士いや熊野の修験僧のようでもある。
思わず手を合わせてしまいそうだ。
その精悍な顔つき、名前がなんと“力”(リキ)さま。
ヨーロッパ課大奥にも人気が高い。
彼はごめんなさいスペインツアーから帰ってきたところだった。
ごめんなさいツアーとは、飛行機が予定通りにとれなかったり、
行程が大幅に変更になったりして、出発前からお客さまが怒って
いる状態でスタートするツアーを言う。お客さまにごめんなさい
&ツアコンにとっても苦労の多いツアーだ。
彼のごめんなさいスペインツアーは、ありがとうスペインツアーに
変身。トラブルでスタートするツアーって逆に最終的にとてもうまく
収まる場合もある。もちろん彼の采配がよかったのだ。
そう彼には怒れないわ。
とても信頼できるような空気を携えている。
法螺貝も持っていないし、奇蹟も起こさないのだが、
誠実さ、integrityが伝わる。
     *
となると、人は外見できまるの??
そういえば、そんな題名の本がベストセラーだったような。。
そんなことはないよね。
     *
見た目や五感で感じるものプラスアルファ。
視覚情報を含め五感情報を乗せている何か。OSみたいなもの。
しばし目を閉じてそんな何かを感じる力を練習するには
秋はいい季節。
だから秋は恋の季節。

10.17kyoto-eki2

写真上・京都駅ビル伊勢丹側屋上
写真下・京都駅ビル大階段を屋上から眺める。
    外国人観光客がしきりにシャッターを
    きっていた。    
夢は夜ひらく
2006年10月16日 (月) | 編集 |
10.16az1

こんばんは。
ごめんなさいと素直にいえない南蛮人のringoどす。
本日は洗濯日和でしたね。
     *
夜のフライトの機内ってこんな感じ。
アリタリア航空794便ミラノから大阪までのフライト。
機材はボーイング777。
エコノミークラスにもパーソナルTVがある。
目の前、座席のシート上部に小さなTVが埋め込んであり、
手元のリモコンで操作できる。
音楽や映画やゲームが楽しめるので長いフライトには有難い。
実は、ワタシは眠れないのでツアーのレポートを書いていた。
となりに座っていた人に仕事かもしれないけど、
ライトを消してほしいと言われた。
機内では、本を読んでいる人、眠っている人、
ゲームをしている人、パソコンに向かっている人やいろいろ。
ライトは消したが眠れないし、ライトを消したので本も読めない。
見たい映画があったので映画をみることに。
さすがに映画も遠慮してほしいとまで言われなかった。
が、なんだか居心地が悪かった。
長いフライト。それぞれに過ごす時間。
ごめんなさいと言ってライトも映画もオフにすべきだったのかな。
アイマスクをつけて寝るという手もあるんだけど。。
     *
週末に友人を訪ねて東京へ行くことになりそう。
もう10年以上も東京なんて行っていない。
ローマへ行くより、パリへ行くより、どきどきする東京行き。
どんなんかなぁ。
夜の東京タワーも見たいな。

10.16az2

上:窓の日除けを下ろした飛行機の機内
下:飛行機のギャレー(台所)
吾輩はローマの犬である
2006年10月15日 (日) | 編集 |
10.25 roma inu

こんばんは、
ご無沙汰しております。ringoです。
お昼過ぎに山科亭に戻りました。
近所では本日お祭りがあった模様。
     *
1週間留守にすると季節がかわっている。
庭のつわぶきにつぼみ発見。
陽が落ちると結構ひんやり。
鯖寿司、かぼちゃの煮物、キムチ、男前豆腐、水菜、あげ、りんご、
オレンジ、シジミを近くのスーパーで買った。
両足がバレーボールみたいにむくんでいる。
せめて青首大根くらいにならないかなぁ。
おでんの季節だしね。
     *
フォロロマーノ近くの小さな広場。
子供がサッカーボールを蹴っている。
噴水のへりにすわってオシャベリする近所のひと、
バールではアペリティボを飲むカップル、
店じまいしかけている八百屋。
そんな金曜日の夕暮れを
吾輩はながめておる。

10.15 rome inu2


Once in a blue moon
2006年10月07日 (土) | 編集 |
10.07kurama3

こんばんは、ringoです。
今夜の月、大きな満月が東の空にぽっかり。
フルムーンです。
     *
今日は、大安、土曜日、秋の三連休初日。
ワタシは、明日からイタリアへ茸狩りです。
イタリアの松茸、ポルチーニ茸食べ放題8日間ツアー!!
だったらいいのですが、ハネムーナー約12組のお供です。
明日の夜はミラノ。
     *
鞍馬山で出会った金木犀の花。
雨上がりの可憐なオレンジ色の花。
よい休日をお過ごし下さいね。 



Simple is best
2006年10月06日 (金) | 編集 |
10.06kurama1

こんばんは、ringoです。
中秋の名月、観ましたか?
ワタシはどこへそんなに急ぐのか、吹き飛んでゆく雲の間にしばし
神々しい月を眺めることができました。
     *
雨上がり、風が梢を鳴らす。
曇りやわだかまりや煩い、飛んでいけ。
鞍馬山は洗われたばかりの空気の中、
ひんやり、さわやか、清々しい。
山全体が深呼吸しているようだった。
ワタシも大きく息を吸い込んだ。
     *
金木犀の香り。
貴船菊が空を向かって笑っている。
ああ、なんて気持ちいいんだろう。
嬉しいな。
     *
今日だけは、
怒るな、
心配すな、
感謝して、
業にはげめ、
人に親切に。  

鞍馬山で宇宙即我の悟りを開き、臼井霊気療法を創始した
臼井先生の言葉。
     
10.06kurama2


核兵器か松茸か
2006年10月04日 (水) | 編集 |
10.04stone1

おばんです。
ringoどす。
せっかく庭の掃除と伸びすぎたアイビーを刈ろうと思っていたのに
午後から雨。
やれやれ。
     *
お昼すぎに近くのスーパーへ行った。
北朝鮮産の松茸があった。
1パック1000円くらい。
ちょっと香りをかいでみる。
う~ん、松茸の香りがする。
買おうかな、どうしようかな。
     *
で、結局買わなかった。
グリーンボールと鶏肉(せせり)を買った。
キャベツとグリーンボールはどこが違うのだろうか。
同じみたいだけど。
たくさん農薬被っているのかな??ちょっと気になった。
     *
超簡単でとても美味しいグリーンボールのとろとろチキンスープ
ができました!!
***
①グリーンボールは半分に切る。そのまた半分のところに切れ目を
 いれる。
②お鍋に半分のGBを切り口を下にしていれる。にんにくとしょうがを
 投入。水をGBがひたひたになるくらい入れる。
③鶏肉(せせりは、喉の部分のお肉。スープがよくとれる)を
 適当にいれる。
④ふたをして、弱火でぐつぐつ煮る。
⑤柔らかくなったら、塩を適当に加える。
⑥火を止め、そのまましばらく置いておく。
⑦食べる前に再度暖める。
⑧キャベツだけお皿に取り出す。
⑨鶏肉をとりだし、細かく切る。椎茸をこまかく切る。ドライトマト
 も刻む。それを全部スープにいれ、火が通るまで煮る。葛を加え
 とろみを出す。
⑩それをキャベツにたっぷりかける。
***
スープというよりは、GBのあんかけ風になったしまいましたが、
結構いけました。
手間がかからず(GBを煮るだけみたいなもの)柔らかくて
歯の悪い人も食べられます。

10.04hana1

写真上・イギリス・ストーンヘンジ
写真下・ないない村のハタケのちびっこ

溺れるなら シャンパンの泡のなか 
2006年10月03日 (火) | 編集 |
10.03champ1

こんばんは、ringoどす。
秋晴れの1日。
扇風機を片付けて布団を干した。
夏用のイグサの座布団や敷物もしまった。
     *
今夜は蝋燭の灯りの下で、ブログを書いている。
パソコンのスクリーンは白く光り、
ろうそくの炎は暖かいオレンジ色。
炎は揺れずにまっすぐのびている。  
灯りの先から四方八方に光が飛んでいっているように見える。
柔らかいひかりがすーっと神無月の夜に吸い込まれていく。
     *
今日も1日が終わった。
TVニュースでみた橋本聖子議員の細くコウを描いた眉。
逮捕されたスケート連盟のおじいさんのたるんだ輪郭。
京都に戻ってから、ワタシはテレビっ子になっている。
土曜日の夜には、チャングムもあるし。。うふふ。
次から次へと繰り広げられる番組。
以前、イタリアツアーの参加者からこんな質問があった。
ringoさん、海外ってね、国内のいろんなニュースってあんまり
やらないんですか?日本なら全国各地で取材して作っている
ような番組っていうか。。。
ワタシははっとした。本当にそうだわ。今までなんとも思わなかった
けど、よく気をつけて見ていると、お昼だよ全国集合みたいな
番組もないし、各地の行事や事件を詳しく取材した番組もあんまり
みたことがない。もちろんないわけではないが、日本のTV番組の
ように全国津々浦々の様子をコマメに伝える番組はない。
そんな一体感はない。そういう発想自体がないのかもしれないね。
そうや、お昼のワイドショー的な番組もないわ。
“コメンテーター”と呼ばれる人が大上段に構えて、犬の糞の処理
から拉致問題までオシャベリするような番組も覚えている限り
みたことがないなぁ。
ま、それぞれのお国の事情があるものね。
     *
知ることに対して心さえ開いていれば、そんなにいっぱい
いろんなこと知らなくても大丈夫。
知らなかったら教えてもればいいよね。
では、あのTVや他のメディアから放出される膨大な情報って
一体誰がみてるの?
ワタシの無意識、ワタシたちの集合無意識がみているんだ。
     *
琵琶湖疏水に流れる木の葉のようにゆらり、ゆらり。
これから何処へ行くのだろうか。
ワタシたちの無意識は、もう知っているような気がする。
   
10.03champ2

写真上下・9月のアルチザンでのワイン会。シャンペン18本を
     12人で開けました。空けてはいませんが。。
     エレガントな泡、次から次へと現れ消えてゆく
     バブリーな飲み物が好きなワタシです。
     10月はデイリーワイン特集だそうです。え、20本??
雨宿り ジャズピアノ 地平線
2006年10月02日 (月) | 編集 |
10.02 Jazz1

こんばんは、ringoです。
3日間、夜のお出かけが続いたので少しくたびれています。
雨ときどき曇り。
     *
昨日は、上賀茂神社で催されたジャズピアノコンサートへでかけた。
“孤高のピアノ”と呼ばれるアブドラー・イブラヒムさんのソロピアノ
コンサート。1934年、南アフリカのケープタウン生まれ。
ソロアルバム“アフリカン・ピアノ”から、映画ショコラの
サウンドトラックなど、幅広く活躍されているそうな。
     *
上賀茂神社の森をぬらす雨音に
叙情的なピアノの音色がシンクロする。
目を閉じて身を任せると、昔この辺りに住んでいた頃のことを
想い出した。上賀茂神社にはよく散歩にきたなぁ。
とても素敵な手作りのコンサートだった。
彼が主催するケープタウンの音楽学校M7のチャリテイコンサート。
チケットを手配して下さったJUGS BARの荒木さん、ありがとう。
     *
今日は、昨日のピアノの余韻が残る中、
たいしたこともせずに1日が過ぎた。
葉書を3枚ほど書いた。
オババに頼まれていたラベンダーオイルを送った。
以前、ハンガリーのパンノンハルマの修道院で買ってきたものが
あったのでそれを送ることにした。眠りにくいときにいいみたい。
郵便局へ行ったら、コスモスと地球をデザインしたキレイな記念切手
に出会う。もちろん、ゲットした。
オジジから、京丹後市主催のオープン・カレッジ丹後学のコースは
定員オーバーしているので参加は無理との返事。残念。
昨日のピアノコンサートに誘って下さった古い友人に、ヒマンと
言われた。ホンマのことなんだけどね。。。ショック。
ソーラークッカーから久しぶりに電話があった。
台風の影響で4日間ほど電話が通じなかったり、停電が続いて
いたみたい。南の島暮らしもいいことばかりではない。すでに
次の台風が近づいているらしい。Skypeのビデオ電話。顔をみるなり
“今日の顔は、カエルみたいだ”と言われた。ふん。
     *
山科亭の庭には、彼岸花、水引草、薄いピンク色の薔薇、芙蓉、
萩が咲いている。アイビーの元気なこと。
さて、明日こそはツアー資料の大々的な整理をしなきゃ。
今夜は、この辺でおやすみなさい。
Sleep tight.

10.02 Jazz2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。