羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和焼
2006年12月30日 (土) | 編集 |
12.30amino1

こんばんは、ringoです。
三谷幸喜さんの”ザ・有頂天ホテル”をTVで見ました。
ホテルを舞台にした大晦日の一日のストーリィ。
豪華なキャスト、同時進行するストーリィ、笑える映画、
舞台的なスカッとする映画でした。あんまり説明しない映画なのが
よかった。もともとは舞台だったんだっけ。
     *
今日は、ローストポークを初めて作ってみた。
網野のお肉屋さんで、モモ肉をタコ糸でしばったかたまりをゲット。
500グラムほど。ローズマリーとギリシャの岩塩と黒こしょうを
まぶしてもみもみ。1時間ほど寝かし、焼く前にオリーブオイルを
ぬった。ガスオーブンで、200度くらいで40分ほどロースト。
野菜はレンコンを1センチくらいに切ったものも入れといた。
あと20分くらいになったところで、青梗菜を入れた。
野菜にもオイルを塗っておいた。
シンプルで美味しくできた。
ロース肉ではなかったので固くなるかなぁと思ったけど、
柔らく仕上がった。
     *
お肉屋さんの近くに”平和焼”の看板。
大判焼屋さん。夏はアイススキャンディーもある。
平和焼はほんのり甘くて美味しい。平和な気分になる。
店内では、おじちゃんとおばちゃんがひとつひとつ
ていねいに作っておられた。
5個購入。
ふんわり甘い香り。
平和焼、いい名前ですねぇ。なんでですか?
平和憲法が出来た年にお店を始められたとか。。
平和憲法に平和焼。
平和であること。身近すぎて有難さを忘れそうになる。
世界にある数多くの紛争地のことを思うと胸が痛い。
そして、日本の憲法9条。
いかなる戦争も放棄したこの憲法をすべての国が
持っていたらなんて空言を言う。
     *
身近な平和、年末のスーパーマーケットは大賑わい。
100グラム1500円のすき焼き用の牛肉。誰が買うんやろ。
遠い平和、イラクではフセイン元大統領の死刑執行。
市民戦争の様相の2006年末。
新しい年には、アメリカはイラクからの撤退を実現してほしい。
     *     
ところで、先日亡くなったフィンドホーンの創始者の一人、
アイリーンの名前は、ギリシャ語では平和という意味らしい。
アイリーンが蒼い地球を優しく抱いているイメージが浮かぶ。
 
12.30 amino2

写真上・平和焼屋さん。あつあつ、ふうふう。
写真下・蟹屋さんのおにいさん。眉がきりり男前。

スポンサーサイト
白い雪は何を想う 
2006年12月29日 (金) | 編集 |
12.29yuki1

こんばんは、ringoです。
雪がちらつく1日でしたね。
昨日のキムチ鍋につづき、今夜は沖すき風鍋。
寒い日には、野菜たっぷりのお鍋が美味しいね。
     *
兜山窯元の浅田さんの宿題がやっとできた。
7月に、酒器のひびと欠けを金継ぎで直して頂いた。
そのお代はワタシが浅田さんに海外で買った何かを贈るという宿題。
それによって浅田さんの器をどのように思っているかがわかると。。
そのように言われたのを覚えている。
ringoは緊張した。
     *
ゆうパックで送った。
ベネチアングラスのボウル(大きいお茶碗)。
透明感があり、表面には細かい金箔がうっすら。
そして、すべて透明ではなく白やピンク色の小さなモザイク状
のものが散らばっている。
ワタシは、夏時々ベネチアングラスの器で冷たい抹茶を頂くのが
楽しみのひとつ。サラダボールとして使ったりもする。
その器を伝統的なベネチアのシルク・テキスタイルを使った
小さなバッグに入れたみた。
     *
旅先で自由になる時間は思ったほど少なく、
あっちこっちで探したが、ピンとくるものに出会わない。
そこで改めて思ったのは、ものを贈るということは、
気持ちを贈るっていうことだなぁという実にフツウのことだった。
あんまりアレコレ考えすぎずに、今ここで出会ったベネチアン
グラスの器に入れたありがとうの気持ちを贈ろうということに
落ち着いた。
     *
12月・1月は、お歳暮、クリスマス・プレゼント、お年玉、
お年賀と贈りものが行き交う季節。
どんな贈りものをしましたか?

12.29 vce window

写真上・ふかふかの雪。
写真下・ベネチアのウィンドウ。

初 雪
2006年12月28日 (木) | 編集 |
12.28omochi

こんばんは、ringoです。
ないない村は雪が降っています。
今年初めてみる雪です。
雪おこしと呼ばれる雷がドンドコ鳴り響いています。
いや~、お待たせ~。絶好調!と雪の神さまが太鼓を叩きながら
上空を走ってはる感じ。
さぶ~。
     *
24日、クリスマスイブの日に山科亭にたどり着く。
南天が赤い実をたっぷりつけ、おかえりなさいませ、おりんごさま
と頭を深々と下げている。
この日は夜、みふ~姉さま宅へお邪魔した。
クリスマス燻製大会が開催されており、またまた、夜中まで
美味しい赤ワインやベーコン、絶妙の塩加減の太刀魚の塩焼きなんか
を頂いた。ご馳走さまでした~。飲みすぎたかな?
みふ~姉さまが、中国やカンボジアでゲットした美しい布たちを
見せていただく。普遍的な美につながる色、形。
美しいものを愛でる幸せを実感。
25日は、天井を眺めていて、自分がどこにいるかふと
わからなくなった。そうや、山科亭やった。。ほっ。
26日には、大阪の会社でツアーの精算。
ローマのホテル出発間際に具合が悪くなったDさんご夫妻のことを
聞いた。翌日、アリタリア航空のローマから成田までのフライト
がキャンセルになり、(クリスマスだからって!!)
急遽、ミラノ経由の成田便で帰国されたらしい。
ちょうど関空便がない日だったので、あれこれたいへんだったみたい。
お疲れ様でした。懲りずに旅を続けてほしい。
夜はたまご姫とファイブ★鯖寿司のにしきの千松で、女将さんの
笑顔にほっこり。おばんざいと鷹取という端麗な日本酒を頂きながら、
ローマではなく京都に戻ってきたことを実感。うるうる。
お店はおじさんたちでいっぱいであった。
こんな素敵なお店に連れてきてくれるおじさんがいればいいのに!
こちらは、たまご姫と二人、食いしん坊探検隊。
その後、急遽、30日にクローズするという噂の木屋町のメテオラ、
ノイリーバーへ直行。
いつもお風呂上りのさわやかさ、ノイリさんはお元気だった。
本当によかった。病気ではないかと心配していた。
テナントビルとちょっと折り合いが合わないことがあったみたい。
ここでばったりヨイコちゃんともう一人のマダム・ノブに会う。
新年会は、ノイリさんも一緒にということになった。
その後、こんな雨の夜にはジャズを聴きたくなりJUGSBARへ。
今年もツアー用の音楽をセレクトして頂いた。感謝。
     *
そんなこんなで27日昨夜、ないない村に到着。
本日28日は歯医者、餅つき(餅つき機です)
午後からお正月のお買い物にオジジのお供。
今年はお正月のお花に薔薇も入れることに。
ないない村のいけばな担当はオジジである。
豪華なお花がはいり、お正月まであと4日。
そして、夜が更けると風がビュービュー。
屋根はすっかり白い雪で覆われている。
     *
来年はトシオンナです。
はい、猪突猛進なんですね。

12.28 jugs

写真上・お餅をこねる。
写真下・深夜のJUGS BAR。

ローマのクリスマス
2006年12月25日 (月) | 編集 |
12.23 rom xmas

こんばんは、ringoどす。
ローマのホテル出発2時間前に、
目まいと嘔吐を訴えた方に、医師の往診を頼んだ。
そのご夫婦は翌日帰国することに。
あんなに楽しそうにしておられたのに、
明日帰国と思うと疲れがどっとでたのだろうか。
     *
そんなこんなで、ローマのクリスマスをお届けします。
今年はこのツアーが仕事納めです。

12.23 romw xmas
写真上・ローマ・バチカンサンピエトロ寺院
写真下・ローマ・ホテル。プレゼピオ。キリストの生誕物語。
フィレンツェのクリスマス
2006年12月21日 (木) | 編集 |
12.20fre


ブオン・ジョルノ
ringoです。
フィレンツェは今年一番の寒さ。
京都と同じように底冷えがする。
夕方5時すぎには日が落ちる。
暮れなずむ街、クリスマスイルミネーション。
光のシャワーの下を歩いてホテルへ帰った。

12.21fre xmas1


ベネチアのクリスマス
2006年12月19日 (火) | 編集 |
12.20vce xmas


こんばんは、ringoです。
ベネチアは冬の青空。ヴェロネーゼ色。
寒いです。
花屋さんのウインドウもクリスマス。
赤い薔薇のツリーはどんなお家の居間を飾るのだろうか。
それにしても、寒い!!

12.20vce xmas2


ヴェローナのクリスマス
2006年12月18日 (月) | 編集 |
12.18vro2


ボナ・セーラ

ロミオとジュリエットの舞台、ヴェローナから
ringoです。
アレーナにかかる星。
クリスマスマーケット。
あと1週間でクリスマスです。

12.18vro1


どんぐりの話
2006年12月16日 (土) | 編集 |
12.16 xmas

どうも、ringoです。
ないない村に電話をしました。
オジジは、久しぶりに太陽が顔をだしていると嬉しそう。
部屋に飾っていた薔薇が超満開。
明日からは無人になる山科亭。
そこで、今夜は薔薇風呂にしました。
大理石のバスタブ、冷えたシャンペン、あわあわのお風呂。
ならいいのですが、かわいいお風呂に溢れるお湯と
深紅の薔薇の花びら。
ringoの頭だけ出ています。
     *
近くのスーパーに行く途中、元慶寺へ立ち寄る。
見上げるとお庭のもみじは散り始めている。
苔の上には、白い山茶花の花がぽとり。
今日は、トイレットペーパーを買った。
チビマルコちゃんのトイレットペーパーを買う。
一番目立つ場所にあったから、あまり考えずにそれを手にとった。
レジでお金を払う。
390円。
お財布をあけ、百円玉を4つ取り出す。
レジのトレイに置く。
4つ並んだ百円玉をみながら、ふと思った。
この100円玉がどんぐりだったら、どうだろう。
どんぐり4つでトイレットペーパーを買う。
お金がどんぐりだったら。。
突然、そんなことが頭に浮かんだ。
だって、お金自体には価値はないので、どんぐりでも、
硬貨でも、持ち運べるものだったらいいかな。
では、お金がどんぐりだったら、ワタシは巨大なリスか?
ここで、ringoの頭の中では、リスの着ぐるみをきたワタシが
レジに並んでいる。茶色の尻尾が背丈より高い。
リスは冬眠する前にどんぐりを貯金しとくらしいね。
もちろん、次の春が来るまでに要るだけ。
チビマルコちゃんのトイレットペーパーにどんぐり4個なら
いいけど、松阪選手みたいに60億円をどんぐりでもらったら
ちょっと大変。だって、どこに置いとくの?
それに、いくら貯金っていっても、どんぐり60億円はねえ。。。
家の扉をあけた途端に、どんぐりの雪崩。
ワタシの家計ならどんぐりでも大丈夫。
     *
あれから、お財布をあけてお金をみるとき、
あ、これはどんぐりなんだと思うringoである。
今年の冬を越せる分だけ、どんぐりはある。
春になったら新しいどんぐりを採りにいこうっと。
     *
明日から8日間のイタリアツアー。
ローマのナボーナ広場のクリスマスマーケットも
にぎやかだろうね。
海のオンナ・ジュンコさまからメール。
年明けに南極クルーズに行くらしい。
クルーズ船には、ノロノロウイルス隊員も乗船名簿にのってるって。
さて、ヨーロッパも今年は暖冬みたい。
暖冬は怖い。
     *
音もなく気温は上がる。
そして、音もなく、ウイルス隊員が元気になるのである。

12.16kaki
写真上・ドイツ・シュトットガルトのクリスマスマーケット。
    寒そうやねえ。これでなきゃ、クリスマスマーケットは。
    (アルバムから)
写真下・丹後スタイルのおうち。みごとな連続。
    もういくつ寝るとお正月だね。

背筋を伸ばす1日
2006年12月14日 (木) | 編集 |
12.14 endo

こんばんは、ringoです。
今夜も雨が降っています。
12月はこんなに雨が多かったかなぁ。
庭に一重の淡いピンク色の薔薇。
小さなつぼみがつんと口を尖らせている。
小さなピンク色の傘。
     *
暗闇の中で夜を過ごすソーラークッカーからメールがきた。
やっぱり、寒いからそっちには行かないよ。
それにあんまり、家族集合っていうのは好きじゃない。
はい、そうですか。
わかりました。
最新のパソコンがあるネットカフェを見つけたようだ。
きっと嬉々としてパソコンに向かっているにちがいない。
ワタシが思うほど、落ち込んでないみたい。
な~んだ。
ま、元気ならいいか。
なんだか島へ行くのがちょっとめんどうになってきた。
     *
ないない村、山科亭、旅の空、南の島。
気がつくといつも、スーツケースをゴロゴロひいている。
ワタシの家はスーツケース?ヤドカリみたい。
もうどこにも行きたくない!!
時々そう思う。
     *
オババがハタケのスナック遠藤ではなく、スナックエンドウ
の様子をみてきてくれたようだ。
暖かいのでもうすっかり芽を出している。
エンドウさんのベッドの上に籾殻を撒いてくれたって。
これで冬の間もう何もしなくていいだろうと言っていた。
え、そうなの。
春まで何もしなくていいの?
晴耕雨読。
夏耕冬読。
ないない村で冬篭りしている間に、Bonnieからもらった
ぐうたら農法の本、パーマカルチャーの本をちゃんと読みたい。
     *
本日は、大阪難波のオフィスへ打ち合わせ。
今年最後のツアーは、17日からイタリアへ8日間。
24日に帰国。
今年は、12回飛んだ。
イタリアが4回。イタリア人気は続いている。
あと、北欧2回、スペイン、オランダ、ベルギー
スイス、イギリス、フランス。
それに、オフで南の島へ3回。
やれやれ。
     *
ここんとこ、とりとめのないブログでごめんなさい。
話したいことはどんどん沸いてくるんだけど。。
採集した話は、小分けにしてラップに包んで冷凍庫で保存中。

12.14 hana

写真上・スナックエンドウ。1週間くらい前。
    まっすぐ立とうとしている。よいこだなぁ。よしよし。
写真下・ギリシャ・ミケーネの遺跡の花。ここにも黄色の元気な顔。

お~い 元気か~?
2006年12月12日 (火) | 編集 |
12.12bara

こんばんは、ringoどす。
朝起きるとまた雨。
今年は初雪もまだ。
温い師走。
庭の南天と千両だけは赤く色づいている。
暖房がきいた部屋、薔薇の花は大きく欠伸をしているみたいに
花びらを広げている。
     *
朝起きるとソーラークッカーからスカイプ(インターネット電話)
近くの町Boacのインターネットカフェから。
町中は電気も電話も回復しているらしい。
ソーラークッカーが住んでいる海辺の村はまだ停電で電話も通じない。
いつもスクリーンから飛び出してきそうなくらい元気なのに
今日はしょぼ~ん。
顔をよく見ると、娘をなくしたおじいさんみたいな顔。
さえない顔色に頬がこけている。げっそり。
画像があんまり鮮明でないこともあるけど。それにしても。。。
こないだ電話で話したときには結構元気そうに聞こえたし、
とりあえず自家発電で1日12時間くらいは電気を供給できると
言っていた。台風の後片付けも着々とすすめているようだった。
ノロノロしているワタシとは正反対で、何かをやると決めたら
必ず、すぐに実行。スイスジャーマンの性格だと自分でも言って
いた。夜もあんまり眠れないとも。ちゃんと食べてないみたい。
本棚にあんなにたくさんあった本はほとんど村の図書館や
レストランを経営している友人にあげた。
こんな時こそペーパーバックがあればいいけど。。と言っていた。
最近読む本はEブックなんだって。
町は多かれ少なかれいつも通りの暮らしに戻っている。
お金に余裕のある人は、被害を受けたお家を直しはじめ、
余裕のない人はそのまま、あるいは、そこを放棄して別の場所に
移り住む人も。こないだ、島の反対側に住んでいる友人を訪ねた
らしい。途中、山がひとやま、チョコレートの山みたいに
丸裸になっている場所があり台風の強さに改めて驚いたと。
これを機に、前から気になっていたが、自分の家の周りの木で
倒れたら屋根にかかりそうな木は全部切ると言っていた。
せめて、ハンモックをつるす木だけは残しといてと懇願したが、
却下。しゅん。
鉢に植えていたミントも、鉢ごとどっかへ飛ばされどこかに
埋もれてしまったみたい。
時速270kmの風。
新幹線の屋根の上でガーデニングするみたいなもんだよと。
そうやなぁ。
ちゃんと食べて、気分転換して、元気でねと
いつでも京都や丹後にきていいよと言っておいた。
が、きっと来ないと思う。だって寒いから。
     *
電話をきった後、年明けに島へ行くフライトを予約した。
昨日のブログを読み返した。
ベーコンさまご一行をお迎えしている時、ソーラークッカーは
人参かじってたんやわ。暗い夜、一人で。

12.12neko

写真上・笑うピンク色の薔薇。
写真下・ギリシャ猫ちゃんシリーズ。猫も濡れる。
うちにごはん食べに来ない? 
2006年12月11日 (月) | 編集 |
12.11 Irish

こんばんは、ringoです。
京都はとてもよい天気でした。
青空、東山連峰はまだ紅葉しています。
元慶寺の境内のもみじは、赤く燃えています。
消防車が待機しています。
お参りの方々が、般若心経をあげていました。
     *
9日、土曜日に丹後海陸越冬ツバメ号で山科亭に到着。
みふ~姉さまの食いしん坊の会にお誘いをうけた。
もう何年ぶりだろうか。。
中勝ちゃんのコッペ蟹、オババの白菜、大根漬け、弥栄鶴も参加。
みんな喜んで食べてくれはった。よかった。
テーブルに次々に出来立てのお料理。
生うなぎの白焼きは、サクサクのうなぎパイみたい。
これは初めての味で、感激もののうまさ。
瀬戸内から牡蠣も届いていた。少し炙って食べた。ふんわり
まったりした海のミルク。
メインは、Mr.beansさん手作りの燻製。
みふ~姉さまのお宅で食いしん坊の会はあったのだが、
そこで燻製をつくった。ベーコン以外に手羽先、ソーセージ、
牡蠣も燻製にした。6時間ほどかかったらしい。
ベーコンの出来あがるのを楽しみにしながら、食いしんぼうの宴は
スタートしたのだった。
ベーコンは、ドイツで食べる、冬の長い国のベーコンの味だった。
泣けてきた。ほどよい塩と肉の味とスモークした香り。
フツウの肉屋さんで何故こういうホンモノのベーコンを
買えないのだろう。
薄くスライスしたベーコンは舌の上で優しく横になる
そしてお酒を誘惑するのである。
そちもこちらへ。。
ははぁ。
このベーコンで作るカルボナーラも格別に違いない。
お料理は続々とテーブルに登場。
こくのあるキムチ鍋にも感激。こんな美味しいキムチ鍋は初めて。
キムチ鍋のだしは、必ずイリコなのだそう。
     *
10数年ぶりに会った旧い友人達は、みふ~姉さんをはじめ、
皆変わっていなかった。心もおなかも温かく満たされた。
ほんまにリラックスした12時間であった!!
感謝多謝。
     *
そして、本日はたまご姫のお供でアイリッシュクリスマスディナーへ。
たまご姫が通っている英会話教室主催のパーティ。
マッシュルームスープ・詰め物をした七面鳥に温野菜・
クリスマスプディング。シェフはアイルランド人のオッサン。
布袋さんみたいなお腹をしていた。
これまたギネスがすすみ、わいわいがやがやにぎやかな会だった。
ちなみにクリスマスプディングには、ベイリーズ(アイリッシュ
リキュール。クリーミーなコーヒー味)がよく合うとのこと。
アイリッシュミュージックが途切れなく演奏されていた。
これまた、心が和む音だった。
     *
ワタシの師走のお食事会はこれで終りかな。
なんやかや言いながら、気の合う友人とテーブルを囲む。
あるのは、新鮮な季節の素材、それが生かされている料理。
高級料理ではない。地元のお酒。勝手きままな楽しい会話。
心もおなかもいっぱい。満たされる。
     *
これで明日も頑張れるなぁ。

12.11 bacon

写真上・アイリッシュクリスマスディナー
    余興のお歌。とり貝とムール貝という不思議な歌もあった。
写真下・ああ、ベーコンさまご一行。 

薔薇が咲いた
2006年12月08日 (金) | 編集 |
12.08 bara

こんばんは、ringoです。
今日は、インフルエンザの予防接種を受けました。
ツアーから戻ると、表面的には元気なようでも、
身体や心の中に何かを溜め込んで帰ってくるようです。
体力と抵抗力だけがとりえのringoですが、もっと身体の
小さな声に耳を傾けないとあかんなあ。
ちなみに予防接種は、おじいさんやおばあさんばかりでした。
     *
薔薇を眺めていたい。
今日は、深紅、明るいピンク色、淡いクリーム色の薔薇を
全部で10本くらい、キチャリーナ(地産地消ショップ)で買った。
寒さが本格的になり、ハタケの花もさみしくなった。
黄色の寒菊が咲いているくらい。
こないだ買ったオレンジ色の薔薇はきれいに開いた。
買ったときにはつぼみが固かったので、開くかなあと心配したが、
見事にボリュームのある素敵な笑顔の薔薇になった。
見ていると頬がゆるむ。
     *
花は優しいね。

12.08neko

写真上・オレンジ色の薔薇と寒菊。ふわっとしているのはフェンネル
    の花。フェンネル(洋野菜)は寒さにも強く、食べても
    飾ってもいいよ。
写真下・ギリシャ猫ちゃんシリーズその4。
    今日はこんな気分。

りんご 命
2006年12月07日 (木) | 編集 |
12.07 ochiba

こんばんは、ringoです。
雨こそ降らなかったですが、冷え込んだ1日でしたね。
風邪、ノロノロウイルスが流行っているようです。
ご自愛くださいね。
     *
アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズのドラマを
昨夜、今夜とNHK・BSで観た。
昨夜が牧師館殺人事件。今夜が予告殺人。
舞台はイギリスの田舎の村。
人間の欲望が生み出す殺人事件(いつの世も同じですね)。
主人公のミス・マープル(声は岸田今日子さん)が絡み合った
紐をほどくように犯人をみつけていく。
夏の庭。花。お茶のある風景。お家の中、インテリア。
ミス・マープルの表情。会話。ジョーク。
そして、女性たちの洋服や帽子!!を見るのがとても楽しかった。
昔は、あんな風にお出かけのときには皆帽子をかぶっていたんだわ。
ミス・マープルの帽子は、斜めにちょこっと被るパープルの
フェルトの帽子。つばは浅く、同じ素材の花飾りがアクセントに
なっていた。
来週もNHKBSで上映されるよう。
二夜ミス・メープルで二夜はポアロシリーズみたい。
来週は山科亭なので見られない。残念。
     *
秋田のトシコさんからりんごが届いた。
りんご農家の従兄弟の方が作られたりんご。
赤く丸々太ったおりんごがどっさり。
みずみずしい。さくっ。じゅわ~。蜜が入っていて甘い。
ありがとう。
そのりんごを頬ばりながら、NHK・プロフェッショナル
仕事の流儀という番組をみた。
今夜は青森のりんご農家・木村さんがゲスト。
朴訥とした暖かい、自然な笑顔のおじさん。
キャスターの二人の表情がなんとまあ、プラスチックのように
見えたか。木村さんの深いしわ、少ない歯が丸見えの笑顔、
ほのぼのとした、人の温かさをじわ~と感じた。
農薬や肥料がかかせないといわれているりんごを自然農法・
無農薬無肥料で栽培に成功。その苦労や幸せを語る。
主人公はりんご。ワタシがりんごを育てているのではなくて
ワタシはりんごが育つのを手助けしているだけだと。
木村さんの愛も自然の一部。
     *
りんごは、自然の中で本来の姿でいるんだ。

12.07 neko

写真上・秋も終り。
写真下・ギリシャの猫ちゃんシリーズその3。

プロメテウスとパンドラ
2006年12月06日 (水) | 編集 |
12.06 Athen2

こんばんは、ringoどす。
本日は冬晴れの1日でした。
ほっとしてチューリップの球根たちが根を下ろして
いることでしょう。
     *
午後からないない村外村の溝谷神社まで歩いた。
吐く息は白く、ゆっくり歩いていると結構風を冷たく感じた。
なかなか身体があったまらない。
柿の葉は落ち、紅葉も終り、畑でおばあさんたちが里芋を
収穫していた。
川の流れる音がどこにいても、どこからか聞こえてくる。
里山とたんぼ。田んぼがある場所には必ず水が流れている。
     *
ミラノのガイド・モリモリ(モリタリア)さんからメール。
クリスマスは日本で過ごすそう。
ringoは、17日にミラノへ入るのでモリタリアさんと会えないかと
思ったが残念。
ミラノのスカラ座では12月7日がオペラシーズン初日。
ミラノの守護聖人アンブロージョの日。
演目はアイーダで、チケットは完売だそうな。
今年もヴィットリオ・エマヌエレ2世アーケードには、
スワロフスキーのクリスタルのクリスマスツリーが飾られている
らしい。
モリタリアさんのHPリンクしました。
     *
ギリシャから帰ってから1週間。ギリシャ神話がマイブーム。
小学校の学芸会で、プロメテウスの火という劇を演じたことを
思い出す。どんな風だったかあんまり覚えていないのだが、
どういう訳でプロメテウスの火なんか演じることになったんだろう?
誰がゼウスやプロメテウスを演じたのだろう。
ワタシはどんな役だったんだろう?
プロメテウスは人間を水と泥から作ったとされる技術の神。
そして、人間に火をもたらした神。人間ひいきだった。
そのためゼウスの怒りを買い、コーカサスの山に鎖で繋がれ
鷲に毎日肝臓を食べられるという苦しい目にあう。
神なので次の日にはもとに戻るのだが苦痛は続く。
ある日、通りかかったヘラクレスが鷲を殺して彼を解放した。
コーカサスの山に繋がれる前に、ゼウスは火を盗んだプロメテウス
の罰としてパンドラ、地上の最初の女(キリスト教後は、イヴに
重ねられる)を送る。パンドラは神々からのさまざまな贈りものを
もらっていた。アテナからは手芸の技、アフロディーテからは
愛らしさ、ヘルメスは恥知らずな性格とずるい心を。
プロメテウス(さきに考える男の意味)の弟、エピメテウス
(あとで考える男)はキレイなパンドラを見たとたん、
プロメテウスのいいつけを忘れてしまう。
人間を不幸から守るためにゼウスからの贈りものは絶対に
受け取ってはならないということを。
エピメテウスは美しいパンドラを妻に迎える。
パンドラは神々からの贈りものの入った箱をもっていたが、
好奇心を抑えきれずそのふたをあけてしまう。
すると、病気、死、苦労、貧困などあらゆる禍が飛び出し、人間の
上にふりかかった。あわててふたを閉めた時にただひとつ残ったのが
希望(エルピス)だった。
     *
お話に参考にしたのは、ふくろうの本図説ギリシャ神話。
ギリシャ神話がテーマになった絵画や美術品の図を多用している
ので絵本感覚で読めておもしろいよ。
     *
冬の夜の星を眺めてもギリシャ神話の世界だね。

12.06Athen

写真上・ギリシャの観光地には猫ちゃんがいっぱい。
    後ろで丸くなってる猫ちゃんの顔を拡大して見てね。
    旅行者や近くの人がエサをあげている。冬を越せるって。
写真下・どっちがringoでしょうか?
    アテネのハハ、リツコさんとアクロポリス
    パルテノン神殿のたつ丘をバックに。

たこ ウゾ まだギリシャ
2006年12月05日 (火) | 編集 |
12.05 Egina

こんばんは、ringoです。
今夜は冬の満月が頭上を通過する。
朝から夕方まで雨が降らなかったですね。
久しぶりにハタケに出勤。
こないだ植えられなかったチューリップの球根を
50球ほど植える。これで全部で100球くらい植えた。
春になったらちゃんと顔をだしてくれるかなぁ。
チューリップ満開のハタケを想像してうふふ。
そばでずっとこっちをみているブルーグレーの鳥。
ここはアナタの縄張りなのね。
わかりました。
     *
土をさわっていると何も考えない。
頭の中にも風が吹き抜けているみたい。
スナックえんどうが3センチくらいに
成長していた。このまま冬を越えられるかなあ。
ゴルフボールくらいのカリフラワー。
15センチくらいのミニミニほうれん草。
水菜も小松菜もみんな小さいが生きている。
ひょろひょろのフェンネル、固くて食べられそうにないセロリ。
黄色い花はまだ咲き続けている。
夕方薄暗くなると雨が降り出した。
寒かったのに、こうやって土をちょっとさわるだけで
暖かくなった。
オババのハタケではブロッコリーがよくできている。
明日は、ブロッコリー、人参、たまねぎ、じゃがいも、
野菜たっぷりと久美浜の牡蠣のクリームシチューを作ろうっと。
     *
夜はドーハのアジア大会をみている。
開会式をみて、アジアの国ってこんなにたくさんあるんだと、
そのカバーする地域の広さ多様さに改めて驚いた。
開会式の演出も素敵だったなあ。
水泳は、中国選手が強いね。
日本選手もがんばってほしい!
     *
心が平和でありますように。
ソーラークッカーがいらいらしていないように。
おやすみなさい。

12.05 uzo

写真上・エギナ島のボートの八百屋さん。
写真下・たこの炭火焼も食べられるギリシャのタベルナ(居酒屋兼
    レストラン)ヨーロッパで蛸を食べる習慣があるのは、
    スペイン、イタリアとギリシャかな。

冬の薔薇
2006年12月04日 (月) | 編集 |
12.04 Idora1

こんばんは、ringoです。
今日もないない村は雨でした。
伊豆のかずさんのほんわか村は晴れてるのかなぁ。
今日も虹をみた。
きれいに半円形にくっきり。
虹の輪が地面についている場所が近くにみえた。
あの光の中に立ちたい。
こんな天気ってそういえば、アイルランドでも体験した。
丹後半島といい、スコットランドといい、アイルランドといい、
こういうお天気の場所、虹がかかりやすいところって、
天に近いような気がする。
     *
今日は、オジジと峰山に新しくオープンしたキチャリーナという
地産地消スタイルの農協系ショップへ行った。
入るなりビニール系の臭い。頭が痛くなる。
100円ショップと同じ臭いだ。
オレンジ色の薔薇をゲット。
国営農地(里山を削って作った。放置状態に近い場所もある。自然が
元の里山に戻ろうとしているように感じる)
で栽培されているらしい。大きな立派な薔薇が
4本で400円。ワタシは薔薇が好き。嬉しいな。
外では、香住産のコッペ蟹を大きな釜で茹でていた。
白い湯気がもうもうとたっている。
あつあつだ。外子もたっぷり。
すでに足は蟹歩きになっている。2ハイ購入。
近くには、小野甚さん。お醤油とお味噌の店。店先には巨大は樽。
ここでは、田舎味噌を買う。
モンゴルの岩塩も売られていた。
そして、その前には、巨大で真っ赤な看板の焼肉屋さん。
もっと普通の看板ならのぞいてみようかなと思うかもしれない。
どぎつい赤のペンキで塗られた広大な壁。うらにしのグレーの空。
同じ赤なら、パリ・シャンゼリゼ通りのカフェ・フーケ(ッツ)
(風月堂はここから名前を考えたらしい)の真っ赤なテントみたい
に、素敵な赤だとお店に足が向くかもしれない。
     *
久しぶりに本日の夕食。
@弥栄鶴・・・しぼりたて生酒。今が旬。
@こっぺ蟹・・・外子も内子もたっぷり。蟹肉も甘い。
@さといものにっころがし・・・シンプルにおいしい。
@大根の漬けたもの・・・焼酎と塩と酢と砂糖で。白くさくさく。
@鮭とシメジのソテー・・・鮭は冷凍もの。
@玄米ごはん・・・新米の玄米もおいしいです。
     *
外の空気は冷たく、ワタシの頭は終日ぼんやりのままであった。

12.04Idora2

写真上・ギリシャ・イドラ島。坂道が多く今も荷物運搬にはロバが
    活躍している。のどかな風景。
写真下・島のパン屋さん。チーズパイもポピュラー。
雨 地中海を濡らし 丹後半島に降りしきる 
2006年12月03日 (日) | 編集 |
12.03 idora1

こんばんは、ringoです。
窓からみえる金剛童子山がうっすら雪化粧。
さーっと降る雨、分厚い雲、つかの間の水色の空と虹。
どこかで出会ったような天気。
そうだ。スコットランドのフィンドホーンの空だ。
     *
夕方ソーラークッカーから電話があった。
近くの町Boacで携帯電話からだった。
トロピカル亭からは電波が通じない。
台風はすでに去ったが、今まで経験した中で一番凄い台風で、
とにかく恐ろしい風速。椰子の木は倒れ、今も島中停電。
いつ回復するかわからないらしい。
トロピカル亭は無事で、声は元気そうだった。
日が暮れてからが長いトロピカル亭。
自家発電とはいえ、ミニマムにしか使ってないだろうし、
何してんのかなぁ。
     *
最近、ぎょっとしたニュース。
ロシア連邦保安局の元中佐リトビネンコ氏の不審死。
英国航空機から放射性物質の痕跡を検出。
その英国航空機2機にかかわる乗客などは3万3千人にのぼる。
一緒にすし店に行ったイタリア人や、妻からも放射性物質が
検出された。放射性物質を持ち歩いていたの?
何のために?ちょっと眼が離せないニュース。
すわっ、ジェイムス・ボンド登場か!

12.03neko1

写真上下・11月終りはギリシャも雨の多い季節。
     イドラ島の雨上がり。季節はずれの島の午後。
     デルフィのカフェ。猫ちゃんの雨宿り。

コリントス運河
2006年12月02日 (土) | 編集 |
21.02 corinthos

こんばんは、ringoです。
昨夜は、調子の悪いエンジン音を思わせる雷鳴。
雪おこし。雷おこしではありません。
そんな雷鳴がどこどこ威勢よく聞こえた次の朝は、
ぐっと冷え込む。雪になることも多い。
が、なんだかかかりそうでかからない昨夜の雪おこしエンジン。
今日はうらにしの天気。朝は晴れ、曇り、雨、午後には大きな霰。
さぶ~。
     *
ないない村のオババが言うには、先月半ばからほとんど毎日
雨が降っていると。
例年にくらべるとぬくい。
湿っぽい冬の到来。
お蔭で野菜はよく育っているみたい。
     *
30日にソーラークッカーからメールがきた。
時速270キロのスーパー台風がきていると。
そのため島は停電。自家発電でしのいでいるらしい。。
停電は2,3日から1週間くらい続くかもしれない。
今はなんとかDSLがつながっていてネットもできるけど、
この先はわからないって。
昨日も今日も電話したが通じない。携帯電話も通じない。
もちろんパソコンもオフみたいだ。
NHKのTVニュースでもこの台風被害のニュース。
対岸のルソン島レガスピでは火山灰が土石流のように
流れ出したらしい。
どないしてはるんやろ。
こんな時期の台風は珍しいように思う。
やはり海水の温度が例年に比べると高いせいだろうか。
今ここでないない村が停電したらどないしょ。
水道はそのまま使えるのかなあ。真っ暗になるなあ。
このあたりはプロパンガスなので、とりあえず火は確保できるかな。
緊急時の用意もしていない。あかん。
     *
いつも、いつまでも、このままっていうことないよね。

12.02 mikine

写真上・ギリシャ・ぺロポネソス半島の付け根、コリントス運河。
    アテネ側のサロニコス湾(エーゲ海)とイタリアへ続く
    イオニア海とを繋ぐ。幅約24M、高さ約80M、
    長さ約6キロ。壮大な地峡。
写真下・ミケーネ文明(紀元前15世紀~前12世紀)の遺跡の中。
    教授が言ったように遺跡には野生のルッコラ。葉っぱを
    噛んでみるとゴマの香り。そのほか、シクラメンの原種も
    みられた。そういえば、デルフィの遺跡ではギリシャ人
    現地ガイドがほうれん草のパイに入れると美味しいという
    何とかというハーブを採集していた。
メテオラ 木屋町 中空の世界
2006年12月01日 (金) | 編集 |
12.01meteora

こんばんは、ringoです。
ないない村です。
     *
昨日は難波のオフィスにツアー報告と精算にでかけた。
オフイスには、肉体派ツアコン・ウルトラマンMと
年間430日添乗、70歳まで現役ツアコン見込みの
スーパー・マユミ姉御が打ち合わせ中であった。
ウルトラマンMはおばさま8名とカンボジアへ行くらしい。
きっとモテモテだと思う。
スーパーマユミ姉御はな、なんと参加者6名でドイツと
オーストリアのクリスマスマーケットを訪ねるツアーへ行くらしい。
スーパーマユミ姉御、夕食にマックは止めてください。
こうやってツアコンを観察していると、
ここには絶滅危惧種というか、ほんまにユニークかつ
濃い~ツアコンが多いわ~。
他にも、スカーレット・オーハラ、ピンク色のワイシャツに
リュックのいちご男、ミニスカートムーンちゃんとか。。
3人以上いると、すき焼き、ちゃんこ鍋、チーズフォンデュを
いっぺんに食べた後の胸の具合い。
個性的な面々のマネジャー役いっしん殿、ご苦労さまです。
     *
前置きが長くなった。
昨日は、なんだか落ち着かなくてイライラ。
オシゴトヤメタイモードに入った感じ。
せわしない日本の空気も息苦しい。
精算が終わった後、まず、梅新のまきちゃんの喫茶店へ。
海老かつカレーにマスターの珈琲。ほっこり。
まきちゃんに、仕事の全部が好きな人なんていないわよ~。
仕事の中のいいところ、好きなところをみましょう~と言われた。
ほんまやね。
その後、久しぶりにJUGS BARへ。
オシゴトヤメタイムードやねんってマスターにぽつり。
ま、そんなにマジメにやらんでもええんちゃう。
そうやなぁ。
その後、灯りがみえたので、木屋町のメテオラ、ノイリーバーへ。
ノイリーバーは空と高瀬川の間にある。
ここでは、紅葉のライトアップは不気味だわと行列のできる京都
の町、京都紅葉ライトアップ行進曲を横目にマティーニを飲んだ。
ノイリさんのカクテルは美味しい。
いつもお風呂上りのようにさっぱり、クールなノイリさんは、
あっそー。そんなん京都の人、み~ひんて。
紅葉のライトアップなんてみたことないわ~。
お寺から税金とらなあかんわ。
ちなみにノイリさんは、永観堂幼稚園だったらしい。
     *
みなさんにまあまあとなだめてもらった1日だった。
おおきに。

12.01 meteora2

写真上下・ギリシャのメテオラの修道院。切り立った断崖の上に。
     際立った景色。チョコレート色の晩秋の風景。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。