羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン カムバック プリーズ
2009年08月26日 (水) | 編集 |
09.08.15 tree house 033

09.08.15 tree house 040

09.08.15 tree house 036

09.08.15 tree house 046

09.08.15 tree house 003

09.08.15 tree house 005

09.08.15 tree house 009

09.08.15 tree house 013

09.08.15 tree house 014

09.08.15 tree house 022

09.08.15 tree house 045



こんばんは、ringoです。
写真が、うまく配置できないのでスンマセン。

場所は京丹後市久美浜町蒲井です。
今年、8月15日です。
昨年、ツリーハウス建築家の小林さんが作られました。
ツリーハウスの名前は、ドラゴンズ・ネスト(龍の棲家)です。
木は16mのタブノキです。
世界中で海がみえる唯一のツリーハウスだと京丹後市のHPに
書いてありました。
道路から歩いて3分くらいです。

おもしろい。
とてもユニークな何とも形容しがたいフォルムです。
外観のみならず、細部にわたりこだわりを感じます。
想像力を刺激するツリーハウスです。

ノルウエー・ボルグンドのスターブ教会、
ローマ近郊、ニキ・ド・サンファールのタロットガーデン、
プラハの聖ヴィート教会にあるミューシャのステンドグラス、
パリ・地下鉄の入り口、アールヌーボーの街灯、
グリークの家があるフィヨルド。。。

忘れていたはずのいろんな風景を思い出しました。
こんな風にはっきりと何かを思い出すのではなく、
最近、ぼんやりと記憶の質感に漂うことがあります。
水まんじゅうみたいにぷるんとした半透明な何かに包まれた、
あんこみたいな柔らかくてほんわか甘くて名前のない記憶のゼリー。

で、ツリーハウスは、完成してからほぼ1年になるようです。
木のそばには、小さい広場がありました。
木のテーブルの上には、空き缶がおいたまま、ごみが捨ててあったり、
ハングル文字の旗までありました。

ドラゴンはもうどっかに旅立ったような気配でした。

追伸*寒くなるまでにミクタン・Eメンバーの寄り合いをこのツリーハウスで
    しようと思っとります。木の上で、なにかいいアイデアが浮かぶからも。
    そのために、若干2名のメンバーはダイエット中です。


   
スポンサーサイト
夏が終わったっちゃ
2009年08月24日 (月) | 編集 |
09.08.24 nainaimura 004

こんばんは、水まんじゅうringoです。
今日から、秋に突入したようですね。
庭の柿の木、青い実がたくさんついています。
夜も随分涼しいです。
「寝冷え」しそう。

今日は、急にクリスタルerikoさんと久次の神社へお参り。
その後、ハニカムカフェでランチ。市役所・企画政策課のTさんに挨拶。
帰ってきて部屋の片付けと掃除。あしぎぬ温泉。みょうがご飯。
夜、月花美人の花が2つ咲いた。

明日、京都へ帰ります。

今年の夏の想い出は何ですか?
ワタシは、昨年半年仕事を休んだ後、復帰して1年がたった。
元気で暮らしているのが有難い。
だんだん、心身ともにないない村仕様になってきている自分を発見。
やっぱり、静かなところがすき。海や山の近くがいいな。

すきまがたくさんある場所はいいな。
すきまには、たくさんスイッチがあるもの。


mixtango0601 004

写真上・間人の夕陽・秋の空
写真下・網野・琴引浜の海 きらきら光っている


ザッテレの教会 こんな日もあるだっちゃ
2009年08月21日 (金) | 編集 |
09.95.14 italy8 055

こんばんは、ringoです。
ここんとこ、丹後弁がマイブームです。
特に「だっちゃ」の使い方を研究しています。

今日は、オババ殿の誕生日(実は昨日)のお祝いに外ごはん。
網野・とり松のばら寿司を食べたことがないと言うので、
(きっと、忘れているのだと思うけど。。。)
オジジ殿のタクシーで行くことになった。
12時ちょっとすぎには、ほぼ満席で座敷もいっぱい。
地元の人が多かった。

オババ殿は丹後セット。ばら寿司が美味しい。「ええ味しとる」と満足げ。
オジジ殿は旬菜弁当。ていねいに作ってある、食材の種類が多いと。
ワタシは、(ソーラークッカーに笑われましたがな。何で和食の店で
ポークシュニッツェルなんや?)豚カツセット。何故か。。。

ワタシは食事の値段をユーロに換算した。
豚カツセットは950円だったので、7ユーロ位。
美味しくリーズナブル、ボリュームもたっぷり。
イタリアだったら、お昼に7ユーロで食べられるのは、
ピザにコーラくらいかな。

日本って物価が高いっていうけど、食事の値ごろ感は
イタリア・フランス・イギリスなんかと比較すると、格段によいです。
1000円でちゃんとしたランチなんか食べられないもの。
外国の人向けに丹後食べ歩きの旅なんて、あったらどうだろう。。。

午後から、久々に青空号で大宮町・コピンヌさんへ出かけた。
曇っていたが、雨は大丈夫そうだった。
美味しいコーヒーを飲んで、おしゃべりして、パンも買って、
さ、帰ろうと青空号に乗ると、雨がぽつぽつ。
雲が明るかったので、エンジンをスタートした。
実は、雨雲に向かって走っていたみたい。
ないない村に近づくほどに、雨脚が強くなった。
ずぶぬれ。バケツの水をかぶったみたい。
かといって、止まるわけにもいかず、ひたすら走り続けた。

ヘルメットをかぶっているので、首から下は雨と服が一体化しているが、
頭は洗濯指数100%、乾いている。
こういうのを「五感で雨を感じる」っていうんかな。
「五感で感じる」ワタシもよく使う言葉。But、ホンマはたいへんや。
雨は一感、見るだけでええわ。
アタマだけはドライでクールであった。

ちょうど家に着く5分前、雨はクライマックスであった。
今日はついてへん。

着替えた後、気分転換にとト屋のバーで新作の「フローズン・モ・ヒート」を
飲みたいと思ったが、聞いてみるとカウンターは予約でいっぱい。

あ~あ、今日はあかなんだ。 → だめだった。
こんな日もあるだっちゃ。→ あるんだわ。


09.95.14 italy8 054

写真上・イタリア・ベネチア ザッテレの教会
   下・祭壇のクロス。シルクだろうか、丹後ちりめんにみえたっちゃ。


はしぎの観音さん寺子屋修行
2009年08月19日 (水) | 編集 |
090817 019

こんばんは、ringoです。

T-WAVEに縁城寺の寺子屋修行のことをちらっと書いたら、
ききょうやさんから、何しなった?とご質問がありました。
縁城寺副住職の今村祐恵さんにお聞きしました。
副住職は、20代半ばです。

~夏休み、君もはしぎのお寺で一日こぼんさんになってみませんか?
お堂でお経を読んだり、瞑想したり、みんなで遊んだり。
きっと今まで体験したことのないことがいっぱいで、
いろんな発見や「気づき」があるかもしれないよ。~

こんな案内で始まる呼びかけに檀家さんの子どもさんやお孫さん中心に
20名こぼんさんが集まったそうです。小学生対象です。
17日、朝8時から午後5時まで、本堂のお掃除をしたり、瞑想したり、
おつとめ(般若心経を読んだり、仏さまや論語のお話を聞いたり)、
アミダくじを引いたり、アイスを食べたり、ケイドロ遊びをしたり、
仏さまの塗り絵をしたりして過ごしたそうです。
お昼ごはんは、精進カレーライス。お肉のかわりにこんにゃくと厚揚げです。
お手伝いをされる大人の方も何人かおられました。
法事やお葬式ではないお寺での1日を経験し、こぼんさんたちは、
それぞれに何かをみつけて帰ったようです。
また来たいというこぼんさんもいたようです。

そもそも何故、このようなことを?
お寺に遊びに来た子どもたちが、本堂で鐘をたたいたり、
にょうはち(シンバルみたいなもの)を鳴らしたときに言ったひとこと。
「あ、お葬式のときの。。。」
お寺や仏教は、葬式とセットで認識されていることに、こりゃあかんと
思われたそうです。それに、ミクタンの時には若い人や子どもはおらんかった。。。
もっと若い人にもお寺に来てもらいたい。
また、ひとつの宗教というより、人間が生きていく上で一番大切である、
命の尊さ、感謝の気持ちを自分で考えるきっかけになればと考えられたそうです。

で、どうでしたか?
子どもたちの凄さを教えられました。
心の中に仏さまがおられる。
メリハリをつけることが大事。遊ぶときとお勤めするときと、
その空気の違いをわかってもらえたと思います。
学ぶこと、伝えることの大切さを実感しました。

入門許可証にこのような一文がありました。
本山の資料に拠るものとのことです。
言葉に心地よい緊張感があるので、そのまま引用します。
副住職は、本山で行われた子どもたち向けの研修会にも
参加されています。
(ここでは、縦書きふり仮名つきの文を横書きにしています。)

~縁(えん)あってあなたが修行(しゅぎょう)の心(こころ)をおこされたことに
敬意(けいい)を表(ひょう)します。入門(にゅうもん)の日(ひ)まで
健康(けんこう)に気(き)をつけてお過(す)ごし下(くだ)さい。
あなたが元気(げんき)に来(らい)山(さん)されるの楽(たの)しみに
待(ま)っています。
ただしお願(ねが)いが二(ふた)つあります。

一(いち)、一日(いちにち)一度(いちど)は正座(せいざ)をして、
御(お)仏壇(ぶつだん)あるいは布団(ふとん)の上(うえ)で手(て)をあわせること。
二(に)、 お父(とう)さんお母(かあ)さんに「修行(しゅぎょう)に行(い)かせて
くれてありがとう」という感謝(かんしゃ)の心(こころ)をもつこと
以上(いじょう)です。~

大人が子どもを一人の人としてリスペクトする。
敬意を表された子どもたちは、毎朝、お仏壇の前で小さな手を合わせたり、
おとうさん、ありがとうとちょっと恥ずかしげに言っていたのかな。
こぼんさんたちは、いつもと違った1日をどんな風に感じたのだろう。
夏やすみ、もうちょっとだね。


090817 006

写真上・瞑想姿もなかなかきまっていますねぇ。
   下・精進カレーのお昼ごはん。
     写真はいずれも副住職からお借りしました。

ソムリエ田崎真也さんと此代のウニ
2009年08月16日 (日) | 編集 |
06.11.21 Greece 143

こんばんは、ringoです。
天候不順に農家の方のことが気になる今日この頃、
再びふくらんできたringoであります。

京都の恋するヨーコさんからメールがきた。
田崎さんが丹後に行かれます。
タサキさんて、なんや、また新しい恋人の話かと思ったら、
あのソムリエ田崎真也さんが、丹後にきなるそうな。
恋するヨーコさんに教えてもらうまで知らんかった。
何しにきなる?
丹後の「食」の宝探しに。

はい、来る9月13日(日)自然公園全国大会・エコツーリズムの
シンポジウムで、基調講演をされるそうです。
タイトルは、~丹後の「食」の宝探し~
どんなお話をされるのでしょうか。
ソムリエであり、料理評論家であり、ワインバーから居酒屋まで
プロデュースされ、ご本人は焼酎がお好きであるらしい。
そんな田崎さんが表現される丹後の食の風景、興味ありありのringoです。

焼酎がお好きなら、いもたんに此代の練りウニもいけそうだよね。
晩酌女子すっぴん倶楽部を近々旗揚げしようと思っている
ringoとしては、田崎さんが何を飲み食べなるか気になりまする。

ところで、この大会のメインイベントのひとつに7種類のエコツアーがあります。
そのひとつは、京丹後エリア「ボンネットバスで巡る琴引浜・山野草の里」です。
12日(土)13時峰山駅集合・ボンネットバスで琴引浜へ・ガイドウオーク・
鳴き砂文化館見学・お泊りは間人のはしうど荘・季節の味の夕食後、
地元の方から里海山の暮らしぶりや丹後王国のお話がきけるそう。
13日(日)は、丹後松島から犬が崎へ山野草ガイドウオークと此代散策・
12時半には峰山駅で解散。13時から丹後文化会館行われる
エコツーリズムシンポジウムに間に合うようなスケジュールに
なっています。ツアー費用は1泊2食込みで12000円。2人からツアーが
催行されるそうな。泊まりでなければ、行ってみたい。ボンネットバスに
乗ってみたい。走っているのをみたことがあるが、あの丸い車体に思わず
ラブリー!頬ずりしたくなった。

名残の夏、初秋の京丹後の里・海・山・人を味わうには、いいコースです。
全コース、knt!福知山支店の主催になっていますが、実際の案内や
お世話は地元の人がされるようです。
ガイドウォークって、意外に楽しいんですよ。

シンポジウムは無料ですが、参加申込みがいるようです。
詳しくは、自然公園ふれあい大会HPでチェックしてみて下さい。

秋冬のイベントも楽しみですね。

今年の秋、京丹後のキーワードはフードツーリズム
旅と食のマリアージュ
小さなエッセイを書きました。
また、今度アップします。

しかし、ワタシの場合、旅や食とのマリアージュもええけど、
その結果、忘れとったマリアージュもあるもんね。
ringo老い易くマリアージュ成り難し。
とほほのほ。


06.11.21 Greece 147


写真上・ギリシャ・どっかの島の夕暮れ
写真下・ギリシャのレストラン兼居酒屋をタベルナといいます。
     ギリシャでは、イカや蛸も炭火で焼いて食べます。
     ヨーロッパで、蛸を食べるのはスペイン人(蛸のガリシア風:
     蛸足を茹でて輪切り、お皿に並べオリーブオイル・塩・
     パプリカをふる。超シンプルだけど極ウマ。)と
     ギリシャ人くらいかなぁ。。。
     しかし、昨日食べた間人の磯だこは美味しかった♪
     シンプルにきゅうりを切って酢だこにしました。



月下美人  白い誘惑
2009年08月14日 (金) | 編集 |
09.08.14 gekkabijin 030

こんばんは、ringoです。
久々の青空、空気は澄みわたり
暑いけど、心なしか秋の気配。

今日は、網野町にサウンドアーティストの鈴木昭男さんと、
ベルリン在住のアーティストハンスペーターさんご夫妻を訪ねました。
木々を渡る風、離れ湖、ゴーヤジュースを頂きならが心地よい午後のひとときでした。
この話は、またゆっくりと。。。

夜、月下美人が咲きました。
真夏の夜の花。
たった一晩だけ咲く、おしろいの香り、白く艶やかなマダムです。
その香りに名前をつけるなら、誘惑です。

お盆ですね。
妹家族が6人で帰ってきました。
1年に1回。ご先祖さまが、暑い夏のさなか、あちらの世界から
こちらの世界へ帰ってこられる。
花を飾り、食事を用意して、お仏壇をきれいにして待つ。
お墓参りに行く。
いつも、守って下さりありがとうございます。

あちらの世界と道が通じる美しい行事です。
今夜は、こちらの世界でゆっくり月下美人を愛でて下さい。



.09.08.14 gekkabijin 016



アイガー北壁を眺めながら 
2009年08月11日 (火) | 編集 |
09.07.29 swiss8 007

こんばんは、ringoです。
ご無沙汰しているうちに、蜩のシャワーに暦は立秋。
白カビチーズになりそうな毎日ですね。

へこんでいます。
え、ふくらんでるからちょっとくらいへこんだ方がいいって?
違いまする。

先日帰国したスイスツアー。
ringoの不手際でお客さまや会社に迷惑をかけてしまいました。
お詫びはしたものの、なんだか気持ちが重く暗い毎日です。

今年のスイスは、夏が来るのが遅かったようです。
お天気が不安定だったそうです。
標高2000mちょっとのクライネシャイデクでも、まだお花が咲いていました。
イブキトラノオ、マツムシ草。。。
でも、やっぱり小さな秋の気配。

ないない村の景色も、スイスの山合いの村にみえんことはないなぁ。。。
虫の音が聴こえます。
雨がやっとやみました。


09.07.29 swiss8 006

写真上・クライネシャイデクよりアイガー(3975m)北壁とメンヒ
写真下・クライネシャイデク お花畑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。