羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら色のバースデイ
2010年03月28日 (日) | 編集 |
2010.02.23  birthday 011

こんにちは、ringoです。
24日、誕生日の日に京都へ戻ってきました。
花冷えの寒い日でした。

25日は大阪でツアー打ち合わせ。
18名さま。イタリア8日間周遊コース。
ミラノからスタート、ベネチア、フィレンツエ、ナポリ、カプリ、
そしてローマです。ゴールデンツーリストルートですね。

夜は、久しぶりに恋するヨーコさんと食事。
ヨーコさんはショートカットにしていた。
先斗町の和食のお店をノイリーさんに教えてもらいでかけた。
いい蛸と鯛の子の炊き合わせ・よこわのたたき・
ぬた・えんどう豆とおじゃこの釜飯と白ワインを1杯。
大満足。板前割烹のお店に行くのも久しぶり。

27日は、これまた久しぶりにボニーを琵琶湖ハウスに訪ねた。
オジサンビーグル犬ゴードン君に抱きつかれた。
爪がイタタ。ゴードン君は何故かとても興奮していた。
黄色の水仙・青紫色の星型の花は花ニラ・ムスカリ・ナントカ?
春を告げる花があちこちに咲いている。
鹿や猿やうさぎがやってきて葉っぱや苗を食べると困った様子。
裏の森には、もう山つつじが咲いていた。
やっぱり、丹後よりあったかいんだね。
遠くには春かすみの琵琶湖。
薪ストーブでピーカンナッツを焼いて食べた。
ソーラークッカーが自然農法にはまっているという話をした。
ボニーは、ひょっとしてワタシ、女ソーラークッカーかもと笑う。
二人で自然農法のことを話し始めたらきっとエンドレスだろうね。
どちらも譲らないから。。。

福岡正信さんの「わら1本の革命」。
ビルモリスンのパーマカルチャー。
彼の頭の中は、土団子で埋っており、
ワタシのバースデイも忘れていたのだ!

え、21日? 違う! あれ。
失礼やね。ま、もう興味ないんや!
it tells everyhting.
珍しくソーラークッカーは無言であった。

気を取り直して、自分へのバースデイプレゼントは、
吉田かばん「ポーター・タンゴブラック」の大きめブリーフケースをと
思っていたのだが、ボニーが使うアイフォンをみていて、
今使っているソフトバンクの携帯を機種変更することにしようっと。
ボニーのアイフォンで、このブログをみた。
画像がきれいなのにびっくり。
使い勝手もとてもよいみたい。
ワタシの太い指でも操作できる!嬉しい。
が、しかし、ソフトバンクのメールは、時々激しい時差つきで
届くことがあるので要注意。
その日、ボニーからのメールは6時間の時差つきで到着。
二人ともソフトバンク同志。こりゃ、あかん。

妹家族から送られてきた祝電スヌーピーぬいぐるみ・オババの畑のアネモネ・水仙・
花が咲いた水菜・近くの花屋で買った小ぶりのピンク色の薔薇とスイートピー。

元気で☆☆歳を迎えることができてよかったです。
ありがたいなぁ。

ツアーの準備、5月のミクタンの準備、
あっという間に3月も終わりです。
今日からヨーロッパはサマータイム。
復活祭もまじかです。
春夏用の菜の花色の帽子をきて
ツアーにでかけることにします。

では、では。


2010.03.28 sakura 005


写真上・同じく牡羊座のマダム鶴ととトや禅バーへ。
    桜色のマティーニ。
    ズブロッカベースです。さくら餅の味がします!
写真下・山科・元慶寺の桜。
    4月5日に帰ってからお花見できるかなぁ。
    
スポンサーサイト
福寿草の里 野間 田畑さんの宝
2010年03月20日 (土) | 編集 |
1003.19 noma 016

こんにちは、ringoです。
ご無沙汰しているうちに春がきました。
お元気ですか?

昨日、ぽかぽか陽気に誘われて野間へ行きました。
くるみ谷へ行くところを間違えてあられへ。
たまたま福寿草が咲く丘の上に人影。

「くるみ谷へ行きたいんですけどぉ、どっちですかぁ?」
「来た道を戻ってぇ、橋を渡らんとずっと行ったら、くるみ谷だぁ」
「ありがとうございました。ええ天気で福寿草がきれいですねぇ」
「あんたらええところに来なったわ。福寿草見て行けえなぁ」

どないしょ。くるみ谷では約束があったが、う~ん。
午後からずっとおうちにおんなると言われてたし。。。
携帯電話も通じないし。。。

あれよあれよという間に、田畑さんの裏庭から裏山へ続く福寿草園へ。
福寿草・エデンの園。 
かわいいなぁ。
幸せな気分。
福寿草は弥栄町の花。野間にたくさん自生している花。
谷間にさりげなく咲く冬の終わり・春の訪れを告げる花。
田畑さんは、種をとり大事に育て福寿草園を作っておられる。
花の頃には、遠くからもこの一面に咲いた福寿草を見に来られる方、千客万来のよう。
大きな株になり立派な花をつけるには20年もかかるらしい。
種がおちても、根付くのは1㌫くらい。。。
福寿。花の中でも最高の名前だとおっしゃる。
それに訪れた時間帯がよかったみたい。
午後2時半すぎだった。
青空と福寿草の黄色い満面の笑顔。
本当に花が太陽に向かって笑っているようだった。

1003.19 noma 012

それにもまして、田畑さんご夫妻の笑顔もにこにこぴかぴか。
薬を飲んだことがないといわれていた。
つやつや。いいお顔をしておられる。
また、田畑さんは蕎麦栽培から蕎麦うちまでされる。
丹後スタイルのおうちの座敷で、うちたての野間そばを頂いた。
わさびの香り、刻みたてのねぎの香り、加減のよいそばつゆ。
蕎麦はしこしこ。
ふきのとうやぜんまいや葉わさびもご馳走になった。
冬に貯め込んだ体内の毒が抜けるよう。
嗚呼、おいし。

おうちの中もお花がいっぱい。
訪れた人は、なんだか実家に帰ったようだとくつろいでいかれるとのこと。
明るく、誰でも温かく迎え入れておられる。

ええなぁ。
ほっとした。
オジジとオババにおみやげ蕎麦セット(天然わさび・出汁つき)を買った。

本日の一言。
田畑さん曰く。
「奥さんは、宝じゃ。何でもようする。」
また、一段を輝きを増す奥さん、つや子さんの笑顔であった。

1003.19 noma 020

春が来たなぁ。
野にも山にもハートにも、
天から突然プレゼントされたそれこそ「福寿」のような午後だった。


1003.19 noma 005

写真・上・中・下 弥栄町野間あられ・田畑隆義さんち。お蕎麦は要予約らしい。
   一番下   野間・大宮神社のとなりのおうち・見事な紅梅

追伸*くるみ谷に着いたのは1時間遅れ。
   ひたすらごめんなさい。
   行き当たりばったりのこんなうかれ気分の午後。
   春に免じてお許しを。。。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。