羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清らかな酒が流れ 稲穂が頭を垂れる 丹後は約束の地
2010年10月29日 (金) | 編集 |
10.10.26 jizake 008

こんにちは、ringoです。
短いないない村滞在です。

商工会主催の地酒飲み比べ会に行ってきました。
観光・サービス業者対象でした。
丹後にある六つの蔵が勢ぞろい。→ これも初めてのことらしい。え、そうなの。
とト屋のバーマン・田茂井さんのレクチャー。
これもとてもよかった。
丹後のお酒の歴史から、最後はご自身がどのように工夫されてお酒を
出されているかというお話。わかりやすく興味を引く講演だった。
お酒は文化であり、それを担うのは人だと。
どうぞ、今日は各蔵の杜氏さんと話して、お酒を五感で楽しんで下さいと。

というわけで、講演の後は、宴会場に設けられた六蔵のブースをまわった。
それぞれのお酒にあうお肴(さばのへしこ、ほたるいかの沖漬け、ローストビーフ、
はまちのお刺身など)をつまみながら。
野木さんのおばあちゃんが作った粕漬けが、とてもお酒にあった。

お酒を2本買い、こんな風に風呂敷に包んでもらった☆

10.10.26 jizake 010

なかなかこの包み方気に入っています。

10.10.26 jizake 022

(左)久美の浦さんの久美浜産コシヒカリ100パーセントの純米吟醸酒と
(右)白杉酒造さんの生酒を買いました。コシヒカリで作ったお酒を飲むのは初めて。
  白杉さんの生酒は、すっきりさわやか。
  ボトルとラベルとお酒の味と杜氏さんのイメージがぴったり。

オジジ殿へのおみやげです。
これから青空号に乗れなくなると、いなり号にお世話になります。



スポンサーサイト
Masamiさんへの手紙
2010年10月24日 (日) | 編集 |
10.10.22 Bercy 045

ボンジュールMasamiさん☆

昨日、パリから帰ってきました。

パリには10月19日、20日、21日と3泊。
初めて、ベルシー・ヴィラージュのすぐ近くのホテルに宿泊。
ベルシー公園の散歩も楽しかった。

ベルシーヴィラージュや公園のあるエリアは、自然や歴史と共存しながら、
未来を模索しているエリアでしょうか。
最寄の地下鉄14号線は無人運転。

ワタシたち旅人もストライキの影響をうけました。
ジョジョ君の手術は無事に終わりましたか?
一日も早くよくなることを祈っています。

***

Masamiさんのブログ(リンクあります。10月19日と20日)には、
パリに住むMasamiさんがみたストライキ、Masamiさんとジョジョ君に
起こったことが書いてあります。

以下は、旅人が経験したストライキ模様です。

・19日、モンサンミシェル修道院は、職員(国家公務員)の部分的ストライキのため
終日クローズ。9時半になっても開かない入り口で旅行者が大勢待っていました。
黒い服をきた職員のボスに当たる人が出てこられ、修道院をオープンするために
必要な人数だけ職員がそろっているか確認してきますと。
しかし、残念ながら、人が足りない。。。本日はクローズ。
旅人は、修道院の概観を眺め、プラールおばさんのお墓参りをしたり、
サンピエール教会のミサに参加したり、自由散策を楽しまれた。
その日の夕方、パリに入りましたが、あちこちに警官の姿。
場所によっては、日中のデモや集会の影響でまだ閉鎖されているところもありました。
・20日朝10時すぎにルーブル美術館へ行くと、これまたストライキの影響でクローズ。
こちらでは、職員はそろっているのだが、入り口の手荷物検査をする通路を
大きな旗を持った人達がピケを張って封鎖していた。
旗には「sud cultura」と大きく書いてありました。
何の団体か日本人ガイドに聞きましたが、よくわからないということでした。
時々、声高に何か叫んでいました。
しばらく待ちましたが、らちがあかないので、ノートルダム寺院へ行き、
午後再度ルーブル美術館へ戻ることにした。
旅人の一人曰く「高いお金を払ってきているのに、ストライキだなんて!」
でも、どうしようもありません。
これが、2010年10月20日のパリなんです。これが生旅なんです。
ようやく11時半頃、ピケは解かれたようです。
・21日朝食レストラン。テレビでは、各地のストライキの映像と取材番組。
ストライキに参加している高校生たちへのインタビューも。

ちょうど、21日が定年延長法案の議決の日だった。
法案は、可決された。

10.10.22 Bercy 054

写真上・下*ベルシー公園秋の夕暮れ・寒くて空気がとても澄んでいる 

パリは寒い
2010年10月22日 (金) | 編集 |
10.10.22 Bercy 037

おおさむ。
パリからringoです。

昨夜、三美神の会のメンバー・reicoさまに
サンラザール駅近くのサロン・ド・テで会いました。
パリを満喫しておられました。
よかったです。
今ごろはイタリア・トリノでワインをのんではるでしょう。。。

reicoさんと一緒に行けたらなと思っていたオイスターバー・ガルニエに
ちょこっと寄ってみました。サンラザール駅の前です。
もう何年ぶりでしょうか。

誰もいないバーで牡蠣剥きのオジサンが手持ち無沙汰にしていました。

牡蠣食べられますか?
あ、どうぞ。今ウエイターが来ますから。

中途半端な時間なので、ウエイターさんはめんどうくさそうだった。

さまざまな牡蠣の盛り合わせ12個を進められたが、
そんなに食べられないので、
ノルマンディーとブリターニュのなんとかという牡蠣2種類を3個ずつ。
リースリングをグラスで1杯。

潮の香りたっぷり。
リースリングと仲がなかなかよろしい。
大昔、はじめてブロンの牡蠣を食べて大感激したことを思い出した。
あのレストラン、どこだったかなぁ。。。

途中に立ち寄ったグルメマーケットでは、しいたけがありました。

早く日本に帰りたいな。


10.10.22 Bercy 024

バルセロナの朝
2010年10月15日 (金) | 編集 |
10.10.14 BCN 012


ブエノス ディアス!

バルセロナからringoです。

写真がアップロードできまへん。 → できました!

残念。

今日はこれからローマへ飛びます。

では、また。

今回は、幸せなハネムーナーカップル22名さまに

幸せなオーラを頂いています。

♪かんちゃん、お誕生日おめでとう♪

10.10.14 BCN 027

写真上・聖家族教会 まもなくローマ法王が訪問されるそう。
    急ピッチであっちこっちで作業が進んでいた。 
写真下・バルセロナのサッカーチーム・バルサのコーチで市内観光。 
    いたるところでバスの写真を撮る人が。
    バスから降りてきたのが日本人旅行者でびっくり。。
    同じバス会社だったので、たまたまこんなことも。
    明日午後は、バルサのメンバーを乗せるそう。
    嬉しいびっくり!
    
祭りが近い 待ってるよ
2010年10月07日 (木) | 編集 |
10.09.13 Vers  Marche 018

こんにちは、ringoです。
京都・山科亭へ戻りました。
畑の花やハーブをどっさり持って帰りました。
コスモス、観賞用ラベンダー2種、けいとう、百日草、
千日紅(ストロベリーフィールド)
バジル、ミント。。。

テーブルの上にないない村の畑の花盛り。

お祭りまでいたかったのだけれど、残念です。
ばら寿司を作ったので、行雄さんに配達。

*冷蔵庫に眠っていたパルマの生ハムと梨とほしぶどう。
*新しょうがの甘酢。
*お豆腐のおすまし。
*ばら寿司。
*姫りんご。

お昼ごはんを食べて、掃除をすませ、パッキングをして夕方のJRで京都へ。
ロバになった気分がするほど、荷物が重くて多かった。

また、旅は続くのである。

明日は大阪でツアーの打ち合わせ。
やれやれれ。

10.10.07 barazushi 007

追伸*ストロベリーフィールドの花言葉は、かわらぬ愛情、終わりのない愛です。

新月の夜に。。。
2010年10月06日 (水) | 編集 |
10.09.13 Vers  Marche 019

ボンソワ~ル、ringoです。
月のない夜に何想う。

フランスのクオリティ・ペーパー「ルモンド」は
「近隣諸国への脅しも辞さない粗暴な大国としての中国の姿が
浮き彫りになった」
尖閣諸島沖での漁船衝突問題への中国の対応に対してこう述べた。

今回の事件に対する一連の中国側の対応に私は背筋がぞっとした。
と同時に日本政府のふがいない対応にあいた口を閉じるのに時間がかかった。

レアアースは輸入再開されたというが、それより何より石家荘市で拘束されている
日本人の方を一刻も早く釈放してほしい。

フェアじゃない。
といっても、外交はスポーツではないのでルールもフェアもないんだろうが。

管さ~ん!「内交」ではなくて、世界に通用する「外交」をお願いしますよ~。
ほんまに。。。


10.09.13 Vers  Marche 021

柱の顔に注目!

ないない村の初秋 晩げのごはん
2010年10月05日 (火) | 編集 |
10.10.05 akino shokutaku 012

こんにちは、ringoです。
あ~、ringoさんは、ほんまに食いしん坊やね~。
という声が聞こえてきそうです。

本日の畑の収穫。
りんごとバジル。

10.10.05 akino shokutaku 017

平七さんで黒えびとメカジキを釣る。
冷蔵庫の余りもの。
こないだ離湖のそばの農家で買ったトマト。

*鶏ミンチとたまごのふわふわスープ
*黒えびのお刺身
*かじきとバジル・・・小野甚さんの食べるラー油にさらにオリーブオイルを加え
           ちょこっとのせて一緒に食べます。刺身嫌いのオババ殿も
           美味しいと。お好みでレモンを少し。
*トマトと黒えびのパスタ・・・刺身にした後、残ったえびの頭とトマトでソース。
               にんにく・たかのつめ・塩とパスタのゆで汁と
               アンチョビで味つけ。ええ出汁でます。
               トマトの皮向き省略。えびの頭そのまま。ははは。
*揚げナスの酢しょうゆ漬けにききょうやさんの野の紫をからめて、ぐ~☆

10.10.05 akino shokutaku 024

仕上げは、一人ぼけっとしたくて禅バーへ。
スパークリングワインのスプモーニ(グレープフルーツ)
実はそれまでに久美浜産ベリーAの秋マティーニも一杯。

たまには、こんな晩げのゆるり時間。

初秋のパリ イエナの朝市 
2010年10月04日 (月) | 編集 |
10.09.13 Vers  Marche 061

こんにちは、ringoです。
今日はなんだか身体がだるい1日でした。

9月11日、土曜日午前10時。
パリ・16区のイエナのマルシェ。

いちごのタルト、みているだけで幸せな気分になります。

10.09.13 Vers  Marche 064

新鮮なハーブ。朝の空気とまじります。

10.09.13 Vers  Marche 052

たいこのようなチーズの塊。
フランスでは1日に一種類ずつたべても1年365日で
食べきれないほどチーズの種類が豊富です。

10.09.13 Vers  Marche 067

そろそろきのこの季節。
金色のジロール茸。どうやって食べるのかな。

10.09.13 Vers  Marche 062

パンやさんでは、小さな女の子がお手伝い。

10.09.13 Vers  Marche 055

まぐろの刺身もあるようです。
Rがつく月になると、牡蠣が美味しくなります。

10.09.13 Vers  Marche 058

オーガニックな石鹸も売っています。
ココナッツオイル・お米・大豆をつかって作っているって。。。お兄さん。
マーブルみたい。

10.09.13 Vers  Marche 051

アスターのブーケ。
さて、週末の食卓、なんとなく想像できます。

*追伸*
 山陰海岸ジオパークがユネスコ「世界ジオパーク」に登録されました。
   おめでとうございます。今後の展開、応援しています。
 
今頃 ギリシャでは 山陰海岸世界ジオパーク 万歳?! 
2010年10月03日 (日) | 編集 |
10.10.01 ringo 019

こんにちは、ringoです。
降りそうで大降りしなかった雨。
イベントの多い日曜日。よかったです。

あじわいの郷で行われた「食の祭典」にでかけた
高校時代の同級生あわさんが誘って下さった。

五十河の新米。
ききょうやさんのきのこご飯、もろみみそ、ドレッシング。
京丹後産の煎茶やほうじ茶。
黒丹バーガー。
鹿肉カレー。
空さんのアイス。
創造工房さんのフルーツにんにく。
羽衣ステーションの蒸しパンによもぎ餅。
商工会婦人部さんのさざえご飯 → 同級生の金子さん!ご馳走さま☆
活魚屋さんのサザエのつぼ焼き。
ばら寿司。

などなどを試食したり、買って帰ったり。
あれこれよもやま話をしながら、
いろんな人にあいさつしながら、
おなかもきもちもいっぱい。
ご馳走さまでした。

まちづくりサポートセンターの中江先生にばったり。
いよいよ今夜、ギリシャ・レスボス島での会議で山陰海岸ジオパークが
世界認定されるか決まるそう。(日本はギリシャより6時間進んでいる)
もちろん、決まると思います!!

10.10.03 tanbo 003

鯉のぼりの奥田さんにもごあいさつ。
帰りに芦田行雄さんを訪ねるが、お留守。
10月16日、行雄さんは赤米を奈良・東大寺の光明皇后1250年御遠忌法要に
奉納される。奥田さんも同行される。

さて、日本は丹後半島から始まった。
神々が降り立ったギリシャと丹後半島。
明日の朝には、アテネからのグッドニュースをその昔ならヘルメスが、
今はネットニュースが伝えてくれるはず。

*下の写真は、ギリシャ・デルフィ。世界の中心・へその石。

06.11.21 Greece 032

*追伸*
今、雨が降り出した。
今日1日、我慢してくれてありがとう。
秋の雨、とたんに冷たい空気が窓から入ってきた。
今日は、たくさんの人に会ったので、少しくたびれたかな。

人に会うのは苦手です。でも、人に会いたいです。


風と雲と青空号と。。。
2010年10月02日 (土) | 編集 |
10.10.01 ringo 022

こんにちは、ringoです。
青空は高く、うろこ雲、絹雲、羽衣雲。
金木犀の香り、夕陽に香ばしい稲穂の匂い。

誰かに会いたいな。
そんなことを思いながら青空号日和の1日。

10.10.02 copinne 009

お昼前に、峰山町・御旅市場へでかけた。
誰かに会えるかな。

小野甚・お母さんとひそひそ話。
気がつくと、背中に澄子さまの気配。
「あれ~、久しぶり。また、寄り合いたいね」
小野甚さんでは、食べるラー油を買う。
らー油というより、オリーブオイルと味噌たまりのマリアージュ。
さっそく、冷奴やナスのあほう煮にかけて食べた。
ぐ~。

となりの和久傳・Iさん、元気にしとんなりました。ご無沙汰ですぅ。
西湖と新製品「久美の浜」を購入。
久美の浜は、あずきとくろまめの紅白のおこわ。
全て京丹後産の材料を使って作られている。
黒豆のおこわ(白)には、鯖のへしこが入り、
小豆のおこわ(紅)には、うらごしした栗が忍んでいます。
豆ごはん好きのオババ殿にご満足頂きました。上品なお味でした。

陽きなJ子さんにこんにちは。

10.10.02 copinne 017

その後、磯砂山登山道を確認した後、大宮町・コピンヌさんでコーヒータイム。
KTRの線路沿いにコスモスが揺れています。
近くのうさぎ屋さんでは、みかんと青ねぎを仕入れました。

帰りに縁城寺に立ち寄り、住職と寅年のJ子さんとおしゃべり。
磯砂山の女池ではなくて、御池の話。
お薄に柿の風味の和菓子を頂きました。
お庭には銀木犀の木。秋の香り。

夜は、マダム和子さまとおかきとお茶。
よもやま話は尽きず、日が変わりました。

秋は、美味しい食卓に人恋しい季節です。



りんごの季節
2010年10月01日 (金) | 編集 |
10.10.01 ringo 013

やっほ~☆
畑に鈴なりの赤い物体発見。
そうです!
真っ赤なりんごがはじめてなりました。
ピンポン玉くらいの大きさ。
3年前の春に植えた姫りんごです。
めんこいなぁ。

齧ると、ちゃんとりんごの甘酢っぱい味がしました。→ 当たり前ですが、嬉しい。
もう1本の林檎の木(ふじ)は、沈黙しています。

10.10.01 ringo 010

青森の木村さんの「奇跡のりんご」を使って作ったかりんとう」を
Wさんから頂きました。
バターをたっぷり使い、しかもぱりっと仕上げたかりんとうです。
紅茶と一緒に頂きました。美味しかったです。

10.10.01 ringo 003

今日は峰山の美容院でヘアカット。
その後、遊星舎さんのとなりでやっておられるチャレンジショップを
Mさんに誘われてのぞきました。
網野のクレープのお店と、大宮・千代屋さんのお弁当でした。

弁当ボックスに書かれた英語。
まず、「メイド・イン・キョウタンゴ」
その次に大きく「トラディション アンド クリエーション」。
その下の3行は、
The aspiration for the future and
The attachment to Nostalgia exist
at the same time.

未来への希望と郷愁の心を同時に感じながら。。。。かな?
気の利いた和訳、バイリンガル農婦の皆さま、どうでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。