羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わり
2006年08月16日 (水) | 編集 |
akagome1

京都は大文字の送り火の日です。
精霊さんがあの世に帰っていかはります。
気をつけて帰ってくださいね。
来年も待っています。
こんばんは、ringoです。
     *
本日は、ないない村から大阪のオフィスへ直行。
18日からのイギリスツアーの打ち合わせ。
打ち合わせ用のテーブルに、大先輩の熊のハルさんがいた。
春のクマさんでもいいんだけど。
うはうは、冗談を飛ばしながら、いとも軽々と口笛を吹きながら
打ち合わせを片付けていた。(口笛を吹いていたわけではないが、
聞こえてきた)オーストリア8日間ツアーらしい。
そういうワタシ、よりによってこんな時期にイギリス!
ロンドンのヒースロー空港のセキュリテイチェックがまだまだ
厳しい様子。
機内持ち込みの手荷物はひとり、ひとつ。
しかも、サイズまで限定されている。
おまけに、液体状のものは駄目。はみがきも化粧水もだめ。
じゃ、ワタシも駄目? 本日の頭の中はジェル状態であった。
18日に日本航空でロンドン・ヒースロー空港に到着後、乗り継いで
スコットランドのエディンバラへ行く。
スーツケースがちゃんと乗り継げるかなぁ。
ま、心配してもはじまらないが。。
     *
昨夜は、ないない村の山間の村、野間の夏祭りへ行った。
地元の人の手作りのお盆の行事。
野間川でとれた鮎のささやきあり、たこ焼きあり、生ビールあり。
カラオケ大会の後は、盆踊り大会。櫓の上で太鼓と歌。
みんな勝手気ままに飲んだり、食べたり、踊ったり、しゃべったり。
ワタシはシートの上でごろっと仰向けになり、星を眺めていた。
涼しいのが嬉しい。温度計は23度だった。
仕上げは花火。20分ほど集中的に谷間にこだまする打ち上げ花火。
大音響。山びこさんもびっくりだわ。
フイナーレを飾る花火は、ナイヤガラというものだった。
ナイヤガラの滝のように花火が滝をつくり流れていく。
野間の夏祭りへ行くと、お盆も終わり、
夏も終わりだなあ。

Greek house1

写真上・ユキオさんが作っておられる古代米のたんぼ
写真下・ベルゲン郊外・グリークの家
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。