羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそめとコメット
2006年09月28日 (木) | 編集 |
kamo1

こんばんは、ringoどす。
あしぎぬ温泉で温泉に入る前に血圧を測ったところ
119と91だった。これはワタシにとっては画期的な数字!!
こんなに血圧が低いのは覚えている限りはじめて。
機械が壊れているのだろうか??
1日の中で血圧はその時々で変動するらしいので、たまたまって
いうことかな。でも、嬉しい。玄米ごはんの効果かなぁ。
     *
今朝はシフォンケーキを持って縁城寺へ。
ご住職、ジュンコさんと山からの風を感じながらしばらく話す。
クラフト樺さんが創られた栃の木の大きなテーブル。
ずっと前からそこにあったように部屋に馴染んでいる。
とても落ち着く。
樺さんのテーブルを囲んで静かな時が流れる。
ゆったりと大きく、そして年月を重ねた木々やお寺の時空間に
あやされているように感じた。
ご住職のお話。秘仏は白檀の木で作られていることも多く、
封印を解かれ開けたときにひろがるその香りゆえに秘仏と呼ばれた
説もあるらしい。
鼻先にふんわり白檀の高貴な香りを感じた。
     *
午後からは、いよいよ草茫々のハタケに出勤。
最近はオババのハタケとワタシの草茫々のハタケを掛け持ちなのだ。
プッチ3姉妹のうち、一人は枯れていたが、まだ二人は青い実を
つけていたのでそのままにしておいた。
膝のあたりまで伸びた草を抜いていくと、まだまだ、ちびっこの
かわいい花がたくさん咲いている。雑草に負けていない。
セロリも健在。バジルも生き延びている。
さつまいも、雑草の中かろうじて何本か枯れずに残っていたものを
収穫。芋ほりですわ。
土の中から赤く丸い顔がみえる。
握りこぶしをひとまわり大きくしたくらい。
宝探しみたい。ふふ。
雑草をざっと抜いて、ちょっと耕してラデイッシュと
小松菜の種を蒔いた。雑草の下には、こおろぎや青虫や、
アマガエルや黒い虫がいた。
     *
おそめとコメット。
今日からハタケデビューしました~。
小松菜のおそめさんはタキイ生まれ。
ラディッシュのコメットちゃんはアメリカ生まれ。
おそめさんは、イメージとしてNHK金曜時代劇の町娘。
ちゃきちゃきっとしていて情が厚い。深川に住んでいる。
それにしても、誰がこんな名前をつけるのだろう。
     *
さて、いよいよ明日はルート482ラーメン探険隊の秋の夕べ。
マダム鶴宅で松茸“と”すきやきをすることに。
さて、どんな宴になるのやら。。

satsumaimo1

写真上・オツトメを終えた合鴨君たち。丸々太っておりまする。
    弥栄鶴の吟醸酒になる酒米の田んぼは、波打つ黄金色。
    合鴨君、ごくろうさま。で、ひょっとして○鍋になるの??
写真下・さつまいも君。さっそくお味噌汁の具に。ほくほく、
    これまた黄金色で甘かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。