羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬を越える力
2006年11月13日 (月) | 編集 |
11.13hatake3

こんばんは、ringoです。
昨日に比べると暖かい1日でしたね。
久しぶりにハタケに出勤しました。
というより、出没かな。
     *
ハタケは見違えるようにキレイになっていた。
まるでワタシのハタケじゃないみたい。
どうやら、南の島にいる間にオババが草取りをしてくれたようだ。
おおきに。サラマット・ポ。
というわけで、本日のお仕事は春咲きの花の球根植え。
アネモネ、クロッカス、チューリップ、水仙、なんとかという紫の花。
初めは場所や色の組み合わせを考えていたが、途中からや~めた。
ハタケのあっちこっちに植えた。
春が楽しみ。
寅年のチズコさんが、えんどうも蒔いたわっていわれていたのを
思い出す。ほな、ワタシも。
そうだ。枝豆のタンクロウがうまくいったから、きっとエンドウも
大丈夫そう。勝手に想像する。取れたてザル山盛りのえんどう。
うふ。
そんなわけでスナックエンドウを蒔くことにした。
フツウのエンドウはオババがいつも作るので違うものにした。
スナック遠藤ではありませぬ。
さやごと食べるエンドウ。サラダにも使えそう。
あんまり背も高くならないようだ。
今日は、プッチさまとさよならもした。
実は、まだ花も咲いて実もつけていたが。。
小松菜のおそめ奮闘中。
柔らかい葉っぱに穴をあける虫に負けるなよ。
コスモスにちょうちょがひらり、ふらり。
この蝶は冬越しするのだろうか。
エンドウも球根も雪の下でじっと春を待つ。
誰もモーニングコールしなくても、ちゃんとその時になったら
よっしゃ~と顔を出す。
冬の間、土の中で一体何を想っているのだろうね。
コタツに入ってトランプで神経衰弱なんかしてたり。あはは。

11.13hatake1

写真上・花から花へと忙しい蝶。
写真下・おそめちゃん、勢ぞろい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。