羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリントス運河
2006年12月02日 (土) | 編集 |
21.02 corinthos

こんばんは、ringoです。
昨夜は、調子の悪いエンジン音を思わせる雷鳴。
雪おこし。雷おこしではありません。
そんな雷鳴がどこどこ威勢よく聞こえた次の朝は、
ぐっと冷え込む。雪になることも多い。
が、なんだかかかりそうでかからない昨夜の雪おこしエンジン。
今日はうらにしの天気。朝は晴れ、曇り、雨、午後には大きな霰。
さぶ~。
     *
ないない村のオババが言うには、先月半ばからほとんど毎日
雨が降っていると。
例年にくらべるとぬくい。
湿っぽい冬の到来。
お蔭で野菜はよく育っているみたい。
     *
30日にソーラークッカーからメールがきた。
時速270キロのスーパー台風がきていると。
そのため島は停電。自家発電でしのいでいるらしい。。
停電は2,3日から1週間くらい続くかもしれない。
今はなんとかDSLがつながっていてネットもできるけど、
この先はわからないって。
昨日も今日も電話したが通じない。携帯電話も通じない。
もちろんパソコンもオフみたいだ。
NHKのTVニュースでもこの台風被害のニュース。
対岸のルソン島レガスピでは火山灰が土石流のように
流れ出したらしい。
どないしてはるんやろ。
こんな時期の台風は珍しいように思う。
やはり海水の温度が例年に比べると高いせいだろうか。
今ここでないない村が停電したらどないしょ。
水道はそのまま使えるのかなあ。真っ暗になるなあ。
このあたりはプロパンガスなので、とりあえず火は確保できるかな。
緊急時の用意もしていない。あかん。
     *
いつも、いつまでも、このままっていうことないよね。

12.02 mikine

写真上・ギリシャ・ぺロポネソス半島の付け根、コリントス運河。
    アテネ側のサロニコス湾(エーゲ海)とイタリアへ続く
    イオニア海とを繋ぐ。幅約24M、高さ約80M、
    長さ約6キロ。壮大な地峡。
写真下・ミケーネ文明(紀元前15世紀~前12世紀)の遺跡の中。
    教授が言ったように遺跡には野生のルッコラ。葉っぱを
    噛んでみるとゴマの香り。そのほか、シクラメンの原種も
    みられた。そういえば、デルフィの遺跡ではギリシャ人
    現地ガイドがほうれん草のパイに入れると美味しいという
    何とかというハーブを採集していた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。