羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルチェ・ヴィータ
2007年01月10日 (水) | 編集 |
やぁ、ringoです。
毎日、気ままな風が吹いています。
北から南から西から東から。。
どっちへ行こうか決めかねているみたいです。
     *
マンゴジャムを作った。
誰が?もちろん、トロピカル亭のカリスマ主婦ソーラークッカーさま。
市場で、よく熟したマンゴ(平たいカタチのマンゴで、こちらでは
カラバオマンゴという)が1キロ約120円。10キロ買う。
スズキの125ccのバイクに二人乗り。
当然、ワタシがその10キロのマンゴや砂糖が入ったリュックを
背負うわけで、バイクに乗るのに一苦労。片足をあげてバイクに
乗ろうとするとよろけそうだった。
10キロか~。これくらい痩せるときっと身体も楽になるだろうと
別なところで納得。
     *
てきぱきとマンゴの果肉をつぶし、大きな鍋で砂糖と一緒にぐつぐつ。
夕方から始めたので、出来上がったら24時をまわっていた。
ガラスのビンにジャムが熱い内にささっと入れて、ビンをひっくり
返しておく。ビンの口部分や蓋の雑菌処理をかねてだって。
母君は、あつあつジャムのビンにタオルをかぶせてゆっくり冷ました
そうな。
10キロのマンゴから約6キロのジャムができた。

01.10 mango1


01.10 mango2


01.10 mango3


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。