羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成福院の湯たんぽ
2007年12月15日 (土) | 編集 |
07.12.11 Koya1


湯たんぽ入れるの忘れてました~。
ホットチョコレート色の作務衣のマツモトさん、
たまご姫とワタシが、は~いと答える間にお布団に小さな山を二つ作って
す~っと襖の向こうへ消えていった。
マツモトさんの視線は、テーブルの上に無造作に置いてあった般若湯(お酒)の上を
通過していった。ワタシたちは、般若湯たんぽも準備していたのだ。

こんばんは、ringoです。
たまご姫と高野山へ行ってきた。
宿坊成福院に2泊した。
ゲストは、ワタシたちだけだった。
高野山へ行くと友人に告げると、反応はふたつ。
① こんな寒い時期に → 人少ないでしょ。
② 何しに行くの → 高野山の空気を吸ってみたい。
行ってよかった。
高野山の空気は、子どもの頃の元旦の朝、初日の出の空気だった。
清々しい。

宿坊も初体験だった。
修行僧の方が、宿泊客のお世話役だ。
外から帰ってくるとお茶やコーヒーを入れて下さったオオイシさん。
腕時計に眼をやるしぐさの使い方がなかなかのもの。
ワタシはツアー客に、急いでほしいときや、もう行くわよという合図に
言葉ではなく、ふっと腕時計を見る。
このサインはかなり力を発揮する。
阿息観は、サイトウさんに教えて頂いた。
小さい阿(あ)という声は、お風呂に入ってあ~とくつろいだ時のように息を吐いて
下さいと言われた。しかし、たまご姫の阿は、ほとんど、生ビール(生泡般若湯)
を飲んだ後のぷは~だった。阿といいながら息を吐くことはとても気持ちよかった。
これなら家でもできそうだ。
眼鏡の奥の優しい眼、執事のキシさんには、細々とお世話になった。
出かけるときには、行ってらっしゃいと玄関で送って下さる。
おお、なんという贅沢。バトラー付きの旅?!
朝のお勤めのときには、ご住職のお話を聞かせて頂いた。
温故知新。家庭や心の豊かさを大切にと話して下さった。
朝のお勤めは午前7時から始まる。
本堂は暗く、灯籠の明かりの中、声明が響く。
読経が続く。
手をあわせる。
心が阿と言って身体から出て行って、ほの暗い本堂の中に広がる。

曼荼羅は、「すべてのものが、中心になるものを共有し、
互いに支えあっているあり方」を表す古代インドの言葉に漢字を充てたものと
大師教会で頂いたパンフレットに書かれていた。

師走の高野山は、こんな風に書くと怒られそうだが、
湯たんぽみたいな場所だった。
冷たく、固くなった何かがぽっとあたたまり、ほぐれた。
ほっとした。
必要な時に必要なものが現れる。
今年は、空色の本”風景を聴く旅”の1年だった。
南の島で書き始め、秋には空色の本が出来上がり、
ゴールは、なんと高野山、曼荼羅の世界であった。
同行二人、空海さんと一緒に歩いていたのだろうか。
12月13日は、フィンドホーンの創始者の一人、アイリーン・キャデイさんの
命日でもあった。
これでよかったのだ。

今度は、しゃくなげの咲く頃に是非来てみたい。
後ろ髪を引かれる思いでケーブルカーに乗り、あっという間に下界へ降りてきた。

追伸*成福院のみなさま、ありがとうございました。
    山内を案内して下さった出来立てのお坊さん、縁城寺のマサヨシさん、
    お世話になりました。今ちゃんは最高だった!!


07.12.11Koyasan2


写真上・メインストリートの電柱は地下に埋められている。
     街並みがすっきり。
写真下・成福院の湯たんぽ。カバーはバーバリー風。朝まで暖かい。




コメント
この記事へのコメント
遅ればせながら・・・ご無沙汰です。
高野山、奥の院良いですね。また、行きたくなりました。
私も宿坊に泊まりました。3月だったので、ちょっと寒くて、
やっぱり湯たんぽが嬉しかったのを覚えてます。
あとは、仏教系の高校だったので、1日寺修行がありました。
お墓の中の御堂に泊まりました。
アホな高校生だったので、布団を積んで馬跳びをして、
えらくおこられました・・・
2007/12/21(金) 23:20:49 | URL | みなこ #-[ 編集]
宿坊でイヴィリンパブ?!
v-433 おお ゆ~きさま

車山高原は雪景色ですか?v-276
ゆ~きさんが、宿坊に何度も泊まられたことがあるとは、
知らなかったです。
ワタシは、結構好きになりました。はい。
お勤めは朝だけ参加しましたが、気持ちよい時間でした。
かずさんみたいなお坊さんもおりました。v-509



2007/12/18(火) 00:35:27 | URL | ringo #-[ 編集]
宿坊かあ・・・
子どもの頃から仏教徒だったので、私は、何度も宿坊泊ったことありますよ~♪夜中に起きて勤行し、朝も又、昼も又寝る前も又・・・。中学、高校と毎年夏は行きましたね。アイリーンの命日は、一日彼女を偲んでいました。一年経ってやっと、自分を取り戻せた気がしています。
2007/12/17(月) 10:29:41 | URL | ゆ~き #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。