羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年 寒中お見舞い申し上げます
2008年01月18日 (金) | 編集 |
08.01.15 MDQ1 001


こんにちは、ringoです。
昨年からご無沙汰していますね。
どんなNew Yearを迎えられましたか?

ないない村は雪のお正月だった。
峰山高校卒業30周年の同窓会があり、160名ほど集まった。
宴会場に3列に並んだ丸いテーブルのまわりに名前が書かれている座席図。
何かに似ている。

あ、曼荼羅図みたい。

16歳から18歳の頃、一緒にすごした時間や場所。
あれから30年の時間が刻まれた顔。
それぞれの人生。
鮮やかに思い出す学生服姿のワタシたち。
さまざまな仏さまに姿をかえた同級生が、吉水苑の宴会場に集合し、
ビール瓶やグラス片手にテーブルを行き来している。
ざわめき、笑い、揺らぎ、戸惑い、驚き、感激、哀しみ。。。
時間と酔いにまかせて、ふわふわと仏さまの着物の裾が大量に揺れている。

あ、立体曼荼羅。

その2週間後、マリンドゥケ島にいる。
赤いTシャツに半ズボン、スイスから渡来の神さまに
パソコン指南を受けている。
ソーラークッカーはウィンドウズではなく、リナックス・ディストリビューション
のひとつであるウブントゥ(Ubuntu)を使ってる。
Ubuntuは、南アフリカ生まれでマーク・シャトルワースが創始者である。
http://www.ubuntulinux.jp/
ウブントゥという言葉については、1984年にノーベル平和賞を受賞した
南アフリカのデズモンド・ツツ大司教が、広島国際平和会議2006の中で、
次のように話している。(ライブドアニュースから)
**南アフリカにウブントゥという言葉があります。
これは、「人は人のために生き、孤立しては生きていけない、
配慮し、助け合って生きる」という人間観を表したものです。
この言葉を英語に訳すのは難しいのですが、こうした考えを理解してはじめて、
「共に生きる」ことができるのです。どうか目を覚ましてください。私たちは、
人類という家族の一員なのです。思いやりに満ちた世界の実現を手伝ってください**

ウブントゥという人間観をコンピューターの世界にあてはめた”ウブントゥ”。
近い内にインストールしてみようと思うが、何せ機械オンチのワタシのこと、
窓辺にまどろんでいることになるかも。。。
ま、それでもいいか。
何もしないよりはね。

マリンドゥケ島から愛をこめて
風邪ひかないように ぬくぬくにしてね!!
ringo

08.01.15 MDQ1 009


写真上*Unexpected 京都のど真ん中の街並み
写真下*綿あめ雲 


コメント
この記事へのコメント
アイ・LOVE・オーロラ
v-30
まゆ福さま 今日は、ベジタリアンパエーリャとワカメ
サラダを作りました。これ以上、ぼけっとしてたら
あかんくらいのんびりしています。やれやれ。
2月初めには京都に帰りまする。v-45
2008/01/19(土) 00:00:53 | URL | ringo #-[ 編集]
同窓会でのひととき、、、
ringoさんにとって有意義なお時間だった事でしょうね、、、
セーラー服姿のringoさん?!拝見したかったな。

マリンドゥケ島に無事おかえりになったのですね。
島では時間がゆらゆら、
ゆっくりながれているのでしょうね。
写真の綿あめ雲をみて南の島にいらっしゃる
御仏さまのような笑顔のringoさんに
お逢いしたくなりました。

私も人類という家族の一員なんですね。
共生することにみんなが少しでも気づけば
もっともっと優しい世の中になるのにね、、、

どうぞ島での暮らしを満喫してくださいね!
そしてその幸せのおすそわけのブログ
寒い寒い日本から楽しみにまっております!
2008/01/18(金) 23:07:42 | URL | ☆まゆ福☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。