羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6番目の幻想
2008年01月24日 (木) | 編集 |
08.01.24 mdq 012


こんにちは、ringoです。
やっといつもの1月の天気になりました。
さらさら、かさかさ、乾いた風とちょっと投げやり気味な波。

昨日、近くに住むロベリンが小さな弟と家にきた。
穴のあいたゴムぞうりをはいていたので、
ワタシが時々はいていた赤いゴムぞうりをあげた。
12歳になった彼女は、thank youといいながら、赤いゴムぞうりをはいて走り去った。
今日は、麦わら帽子をなくした。
ソーラークッカーが運転するバイクの後ろに乗りながら言い争い。
敵は、相当なへそ曲がりの上に石頭。
理科室に置いてありそうな頭蓋骨の模型。そんな形のよい敵の頭を
ぽこぽこ両手でたたいていた。
帽子が飛ばされたのにも気がつかないなんてどうかしている。
とはいえ、ワタシの忘れ物ナンバー1は、いつも愛する帽子たちなのだ。
とほほ。

先日のブログ、松井先生の本の続きです。
これも、引用させて頂きます。
「松井教授の東大駒場講義録ー地球、生命、文明の普遍性を宇宙に探る」
松井孝典著、集英社新書
3時間目の講義 文明とは何かー地球システム論的文明論
の中からです。
***
共同幻想の破綻と未来
今、文明に関する問題として語られているなかで、一番大きい問題は地球環境問題
です。また、2020年問題といわれますが、2020年ぐらいを境に、一人当たりに配分
される食料も資源も減ってくるといわれています。今までは地球システムの中で人間圏
が小さかったために、一見すると制約条件がないままに人間圏は右肩上がりに拡大し
続けてきました。我々がもっている共同幻想の最たるものが右肩上がりという幻想ですが、
それが近い未来に破れるわけですね。それによって人間圏のいろいろなところで現在の
システムの崩壊が始まるでしょう。
共同幻想のもっとも判りやすい例は貨幣でしょう。(中略)
貨幣に限らず、あらゆる共同幻想に破綻が生じてくるでしょう。民主主義も市場経済主義も
愛も神もすべては幻想です。科学だってある意味では共同幻想です。ただ科学が宗教と
違うのは、あるルールを決めて外部世界を内部に投影していることです。したがって客観性
はありますけれど、脳の内部モデルという意味では同じです。
共同幻想の崩壊というのが、人間圏の崩壊を引きおこす一つのシナリオでしょうね。
それ以外にもいろいろ考えられます。インターネット社会を地球システム論的に考えると、
システムとしての構成要素が個人になるということです。現在の人間圏というシステムの
構成要素として機能しているのは国家です。それに基づいて人間圏の内部システムを
作っていますが、これが個人になると人間圏の現在のシステムは崩れてしまう。
この状態を宇宙の歴史と比較して、何に対応しているかと考えると、まさにビッグバンの
その瞬間とか、地球誕生のときです。非常に高温で、すべての構造が究極の構成要素に
まで分解されている状態です。たとえば、宇宙誕生のときには、地球も岩石も、あるいは
元素も原子核も、素粒子すら分解されて、クォークみたいな究極の構成物質があるだけ
です。それは混沌と無秩序の世界でした。人間圏の構成要素を個人にとるとは、そういう
ことに対応するわけです。
だから我々がこれからどうしていくかを問うとき、新たなる共同幻想をどう作っていくのかと
いうことが、まさに問われていることになる。このような発想は人文科学、社会科学系の
人にはできません。しかしこのような発想で新しい国家論、あるいは世界システム論、
経済システム論を構築しない限り未来は危ういということです。20世紀に成立した共同
幻想に基づいて人間や社会を定義し、そういう方向で21世紀を考えていくと、未来は破綻
します。皆さんがどういう共同幻想をいだき得るかによって、地球の未来は決まるといえる
のです。
***
この本を読むすぐ前に
「ウェブ進化論ー本当の大変化はこれから始まる」梅田望夫著・ちくま新書
を読んだ。1年程前に、今は大学でツーリズムを教えている尾家さんに薦められた本だ。
ワタシはあまり読書家ではないので、ここにきてやっとこの2冊の本を読めた。
この2冊の本はランデブーしたかったのだ。
勝手にそう思っている。

2冊の本を読んだ後、思い出した本がある。
「アミ 小さな宇宙人」エンリケ・バリオス著、さくらももこさんが挿絵を書いている。
21世紀の共同幻想は、例えば、小さな宇宙人アミがいうような宇宙人感覚だろうか。
20世紀の愛の幻想を超えた宇宙的な愛。
表紙にさくらももこさんが描く円盤、宇宙船がかわいい。

夕暮れ時の空を眺めながら、
空飛ぶ円盤、飛んでこ~へんかなぁ。
今日もお気楽、楽観的なringoです。

08.01.24 mdq 007


写真上・下*夕暮れ時 まっすぐな光


コメント
この記事へのコメント
アミシリーズ大好きです♪長女も中学生の時にはまり、中学の校長先生に勧めてましたよ~。これから結果的には地球にとって良い進化がやってくると思っています。ALL IS VERY VERY WELLですね。
2008/01/31(木) 16:27:03 | URL | ゆ~き #-[ 編集]
今の僕のテーマのひとつは「お金のいらない社会」。
松井先生のお話、響きました。
さ~て、これからどんな幻想を描いていくかな~。
2008/01/26(土) 21:02:05 | URL | かず #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。