羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I LOVE 琴引浜  DO YOU?
2008年09月05日 (金) | 編集 |
08.09.04 seoul10

こんばんは、ringoです。
9月になりました。
夜になると虫の音シンフォニー。
無料コンサートが開かれております。
第1バイオリンはさしずめ、鈴虫さん。

9月2日は、NPO山野草の会、琴引浜・秋の観察会。
事務局のSさんは、いつも細やかに丁寧に案内して下さる。
さて、ふるさと病院の裏手の松林から琴引浜へと歩いた。
こんな道があるなんて知らなかった。
植物博士富川先生の話を聞きながら、秋の浜辺の植物ウオッチ。
遠めからみるとただの松林にしか見えなかったけど、林の中をゆっくり観察しながら
歩くと多種多様の植物が同居している。
仙人草、ぬるで、くまのみずき、荒毛夏はぜ(ブルーベリー)、やぶこうじ、こしあぶら、
1年栗、白かし、たかのつめ、かくれみの、萩、はいごけ、梅がさ草、いちやく草、つた、
がんくび草、むべ、ときわニンジン、こまつなぎ、かわらけつめい、おとぎり草、
つりがねニンジン、タラ、毛かものはし、へくそがずら、アキノキリン草、父子草、
えぞみぞはぎ、はませり、野ぶどう、ままこのしりぬぐい、はまぼうふう、はましょうぶ、
はまごう、はままたぎ、はますげ、かわらよもぎ、はまべのぎく、なでしこなど。。。
掛津の方が、小型清掃車で浜を掃除されておられた。2週間ほど前にきたときと
比べものにならないくらいきれいな浜に戻っていた。
夏休みが終わり、キャンプをしている人も海で遊んでいる人もちらほら。

浜は、歩くときゅっきゅっと鳴った。
鳴き砂の浜。

散策の終点は、琴引浜鳴き砂文化館だった。残念ながら、火曜日はお休み。
前庭には、薄紫色の涼しげな洞庭蘭と風蘭が栽培されていた。
ふと、歩いてきた方向を見渡し、思わず目を疑った。
琴引浜を抱えている松林の後方が刈り上げ頭になっている。
ちょうど、前からみると髪の毛ふさふさ、後ろからみると坊主頭みたいだ。
砂を採取する許可がおり,、その作業が進行中らしい。
実際に砂を採取した後の姿を想像すると絶句以外にない。
海側の松林と、砂を採り、はげてへこんだ元松林がひとつの山を作っていることになる。
海側は、国定公園なのでさわることができない。
とはいえ、国定公園に指定されている部分だけ残せばよいというものではないよね。
自然環境もかわる。生態系もかわる。景観もかわる。
バランスのとれた連続した風景全体が美しいので国定公園に指定されたのではないの
かな。鳴き砂さん、大丈夫? 泣いている?

何故、あの場所で砂を採るのだろうか。他の場所は駄目なの。
はげ山の松林がようこそと迎える琴引浜。
風景は細切れにすると、美しさが激減するし、イメージダウン。
旅人はがっかりだ。そこに住む人の心もはげ山になりませんか。

さまざまな事情があってのことと想像がつくが、ワタシとしてはとてもやりきれない。
とても悲しい。
子供の頃から、変わらない浜の風景(松林もふくむ)が残っているのは琴引浜くらいだ。
網野の八丁浜も運動場みたいになったし、間人の後が浜も人工的だ。

もう、いいでしょう。

丹後半島の美しさは、圧倒的な、あっと驚く観光地があるから美しいのではなく、
海辺、里山、人々の暮らし、田んぼ、民家、歴史、絹織物、食卓、それらがおだやかに
つながり、つむぎだし、織りなす「全体性」から生まれる、心のコリをほぐすよう温かさ、
懐かしさ、清々しさ、美しさ。
そして、それはとても未来的で、今ワタシたちが大切にしたいもの、
次の世代に引き継ぎたいもの。旅心を誘うもの。出会いを招くもの。
そんな風に考えとります。
えらそうなこと、言うて、すみません。

08.09.04 seoul11

写真上*主張する韓国・鳥島(韓国名DOKTO)は韓国の領土だという横断幕。
写真下*主張する韓国・巨大企業「現代」の前で座り込み

コメント
この記事へのコメント
全国民24時間座禅
v-91おお、Bonnie、元気かい?

琴引浜問題はTVでも取り上げられたそうです。
それによると、砂を採取することと、防災上の工事をすることが
セットになっとるんですね。
ぎょうざと焼き飯はセットでもいいですが、この琴引浜セット
は困ります。問題がさらにねじれとります。
地元の方の対立もあるそう。

この問題を、地元民の対立という構造で片付けると、
得するのは誰かな? これは、私たちすべての問題です。
景気、雇用、自然保護、環境、景観、防災、安全な暮らし。
情報公開をして、一緒に考えていきたいです。

琴引浜ピンチ!の実態を紹介したTV番組
このサイトからみることができます。

http://myspacetv.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=416469
2008/09/11(木) 09:19:29 | URL | ringo #-[ 編集]
深夜に怒るリンゴさん、何事かと思ったら...こら許せんわな。 v-17
新聞の景気の記事と、環境の記事がまるで二重人格者のように平然と印刷される世の中を象徴してるよね。ねじれた価値観を束ねるキーワードが「商機はあるか」なのもさみしい限り。
関係者一同をしょっぴいて、竜安寺の庭に座禅24時間、なんて刑に処したいものです。
2008/09/05(金) 10:21:21 | URL | Bonnie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。