羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生のシクラメン
2008年10月21日 (火) | 編集 |
08.10.21 Greece3

こんばんは、ringoです。
山科亭のよいこちゃんが、庭の木を刈ってくれました。
いつも、ありがとう。
薔薇の木が手が届かないくらい高くなりました。
透き通ったピンク色の花が10個くらい咲いています。
花が終わった後の丸いオレンジ色の実もたくさん。
次から次へと春からずっと咲いています。
いい子です。

ギリシャでは、収穫を待つオリーブ畑と収穫が終わった綿畑を見ながらドライブ。
ピスタチオの産地・エギーナ島、アフェア神殿には、愛らしいシクラメンの花のじゅうたん。
とてもかわいい。
まず、花だけ顔を出す。
その後、葉っぱが出てくる。
あっちにもこっちにも、松林の下に、ほらね。

08.10.21 Greece4

ギリシャはハーブや野生の花の種類が豊富。
以前、海の神・ポセイドン神殿ヘ行く途中、小さな真っ赤なひなげしがあちこちに咲いていた。
その「赤」の色、深紅。情熱の赤。情念のレッド。
日本では、出会えない赤い妖精が野原に遊んでいた。
今回、世界遺産・ミケーネの遺跡では、黄色いサフランも咲いていた。

以前、NHKでさまざまな花が原生する中国奥地を取材した番組があった。
その場所の名前を覚えていないのが残念。
簡単に旅行者が辿りつけるような場所ではなかった。
その野原には、アイリスや、さまざまな種類の花がいっぺんに咲いていた。
桃源郷、シャングリラとはきっとそんなところ。
神さまが願いをかなえて下さるなら、そんな花たちのシャングリラを訪ねてみたい。

08.10.21 Greece5


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。