羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の雫 漂流 いのち
2009年01月27日 (火) | 編集 |
09.01.27MDQ1

こんにちは、ringoです。
今から島を発ちます。
マニラまでフライトが再開されたので、
今日は30分でマニラ着。

雨音の向こうにココナッツの木を眺めていた日が多かった。
海は荒れていてご機嫌斜めだった。
こんな冬の年もあるのだね。
夢が枯れてなくなるほど、毎晩夢をみた。
海に沈んでゆく夢をみて、息苦しくなって目が覚めたこともあった。
司馬遼太郎の「空海の風景」を半分ほど読んだ。
朝起きたら、般若心経を唱え、夜寝る前には、足ツボマッサージ。
野菜や果物をよく食べた。肉や魚もさほど食べたいと思わなかった。
しょうがの甘酢漬けを毎日食べていた。

昨日、家の前の浜辺からオババに電話した。
シグナルが3本たって、よく聞こえた。
びゅーびゅー聞こえるとオババが言っていたのは、風の音。
丹後は寒いらしい。

では、では、今日はこの辺で。
今晩は、マニラ泊。
いつものようにパレスチナ料理店で夕食の予定。
その前に、電気オートバイを見に行くのにつきあうのだ。


09.01.27MDQ2


コメント
この記事へのコメント
祝★ご帰国
ringoさん

お帰りなさいませv-10
今日は春を思わせる暖かさv-252
南の国からお帰りのringoさんを
太陽もサンサン迎えてくれたのですね
少しづつ春の足音が聞こえてきそうですねv-107

メッセージ大変うれしゅうございますv-238
暗い冬は気分も滅入りがちですが
いつもringoさんに陽だまりのような
ホッとする優しさを頂いておりまするv-300

’夢が枯れてなんくなるほど毎晩夢をみた’
どんな夢だったのでしょうか?
雨の雫 漂流 いのち のタイトル、、
ringoさんの感性は益々研ぎ澄まされていますね

重量たっぷりだけどココロだけは軽く
飛びたいと思っています


2009/01/28(水) 22:00:44 | URL | ☆まゆ福☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。