羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵と壁とりんご
2009年03月07日 (土) | 編集 |
09.03.06 MSM1

こんばんは、ringoです。
今日は雨降りの1日でしたね。
でも、あったかくなりました。
3月はワタシの誕生月です。

最近、感動したこと。
モンサンミシェルの朝の光。
ホテル「テラス・プーラール」の窓辺のぬくもり。
そして、村上春樹のエルサレム賞受賞スピーチ

是非、読んでみてください。
日本語も英語もシンプルで素晴らしいスピーチです。
彼が日本人作家であることをとても誇りに思いました。

自分の眼で確かめようとしたこと。
壁が正しくても、自分はいつも卵の側にあること。
わたしたちが体制を作っているのであって、体制に搾取させてはいけないこと。
わたしたちの魂は誰でもかけがえのないものであると信じること。
そして、魂が触れ合うことで得られる温かさを信じること。
そんなことをスピーチに中で話されています。


09.03.06 MSM2




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。