羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックカフェの季節   
2009年10月30日 (金) | 編集 |
09.10.29 kumo 004

こんばんは、ringoです。
本日は、空いっぱいに広がる鱗雲に目を奪われてしまいました。
ふらっと久々に畑出勤。
以前よりオババから、ハーブ畑にしなはれと言われ、はいよ。
返事だけで何もしていなかった畑は、すでにラベンダーが
植えられ整然とした「ワタシらしくない畑」に変貌中であった。
あかん。
「真っ赤な」ししとうや、「真っ赤な」ピーマン、「真っ赤な」韓国唐辛子。
倒れたコスモス、地上にでた「草」部分をみて、何を植えたか思い出せない畑に
秋の終わりを感じます。

午後から、大宮町の音楽&パン&カフェ「コピンヌ」さんへ行きました。
「ブックカフェ」をとりあえず、始めてみました。
自分の好きな、紹介したい本を持って集まります。
お茶をのみながら、それぞれ本を紹介します。
そこから話はどんぶらこ、竹野川を流れ、立岩のあたりに注ぎます。
洪水になると黒部のあたりで堤防決壊です。
水不足になると、矢田橋のあたりで川干狩りができます。

今日は、ringo①②、マダム・オスカルさま③、マダム・スマイルゆかりさま④⑤⑥⑦⑧。
途中、「冬の手作り雑貨店」のチラシを持っていらした花unoさんが
飛び入りウエルカム参加。
**11月6日から11日まで弥栄町鳥取692 (℡65-2046宇野さん)
   10人の作家さんからの素敵な冬の贈り物。
   かばん、流木クラフト、あみ小物、焼き菓子、布雑貨、
   がま口(ringo一押し!)などなど。ワークショップもあります。楽しそうよ。**

要は、持ち寄った本を軸におしゃべりを展開するのです。
① 「風景を聴く旅」文理閣出版
② 「サバイバル時代の海外旅行術」高城剛(光文社新書)
③ 「フランス三昧」篠沢秀夫(中公新書)
④ 「水の結晶」江本勝 ・・・正確な題名??です。
⑤ 「10代のための神との対話」ニール・ドナルド・ウォルシュ(PHP研究所)
⑥ 「イリュージョン」リチャード・バック(集英社文庫)
⑦⑧ 絵本2冊(すみません。メモ忘れてました)

話はいろんな方向へ展開して面白かったです。
ワタシはJALの話から始めました。
水の結晶の話、子どもの読み聞かせでも、好評な本だったそうです。
が、時間切れ。というのも初めの1時間くらいは自己紹介やら近況報告。
次回までに話の進め方をもうちょっと考えときます。

②の本は、こないだミラノへ行く前に買いました。
関空の本屋さんに平積みされており、シベリア上空くらいで読み終えました。
面白くて一気に読んだ、久々の旅に係わる本。
著名な映像作家、ヘビートラベラー(上等の旅行も、今も野宿するノマド)である著者。
デジタルメデイアを駆使した旅のスキル、便利グッズ紹介、自分自身の
ガイドブックを作ろう、旅の分解と組み立て、今一番新しい料理「分子料理」 
ヨーロッパで今一番ホットな街はバルセロナ。
著者自身、現在バルセロナをベースに活動されている。
海外のガイドブックと日本のガイドブックを比較したページは特に
興味を引かれた。日本のガイドブックはマニュアル。肝心な情報が抜けている。
レストランや有名な観光地、美術館のパッチワーク的な羅列が多い。
ほんまやね。読むというより見る。

モバイルのパソコンとiphone、ソーラー発電ギアまで持って旅する
21世紀のトレンディなハイパートラベラー。
それもいいけど、身体ひとつで、行脚というか、ローパートラベラーも
惹かれるなぁ。

マダム・オスカルさまは、フランスへ旅する前に「フランス三昧」を
読んでいくといいわよ~と言うてはりました。
ワタシは、マダム・スマイルゆかりさまから、「イリュージョン」を借りました。
村上龍さんが訳されてました。

ブックカフェ、参加自由です。


09.10.10 Italy8 012

写真上・真っ赤に燃えるししとう。
写真下・ミラノ・スフォルツエスコ城。マダムバタフライの展示会(オペラの衣装など。。)

追伸* 入れるのにちょっと時間がかかる「たんぽぽコーヒー」
     コピンヌさんで初めて頂きました。香りや味は、限りなくコーヒーに近くて遠い。
     「血がきれいになる」らしい。たんぽぽの根のエキスから抽出した
     黒いハーブコーヒー。また飲みたいです。

コメント
この記事へのコメント
エリカさまのご主人?
v-119 naminamiちゃん 

元気にしてますか?

実は、恥ずかしいのですが、エリカさまの名前はよく見ますが、
何してはる人?というのがワタシの認識なのです。
ネットでチェックすると、はい、高城さんはエリカさまのダーリンでした。

こういう旅人もおるんやな。
旅人観察が好きなワタシには、面白い本でした。
naminamiちゃんの感想も聞かせてほしいです。

寒くなるので、風邪ひかないようにね v-48

v-238 愛と感謝をこめて
2009/11/03(火) 11:58:28 | URL | ringo #-[ 編集]
ハイパーマルチクリエイター??
高城剛って、もしかしてエリカ様の旦那様ですよね?

何だか最近別の部分がfutureされてる感がありますが、
本は面白そうです。
読んでみます!
2009/10/30(金) 23:01:36 | URL | nami #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。