羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜サラダの誓い
2009年11月04日 (水) | 編集 |
09.11.04 boshi 004

こんばんは、ringoです。
天女の羽衣が空色のカンバスに
絵を描いたような1日。
本日は、山科亭より持ち帰った食器類をやっと片付けました。
ワイングラス、綺麗なお皿たちを眺めながら、じみじみとオババのため息。
「ほんまにみ~んな(お給料は)このお皿にかわってしまったんやな」
そうです。宮津のとり貝ほど分厚いこの身体と、バカラのグラス、エレンドの
ケーキ皿、マイセンのスープ皿、ロイヤルコペンハーゲンのティーポット。。。
に質的変化したのです。

夜は、ミクタンのエンジンメンバーの寄り合い。
半年ぶりに6人揃いました。みんな元気で活躍されています。
来年どうする?の話でした。

さて、12月12日(土) 自然に暮らす~丹後からはじまるもうひとつの生き方
(リンクあります)のシンポジウム。パネリストの一人は、有機農業研究家
西村和雄さんです。京大農学部の先生でした。
4年前、畑をはじめたときにボニーからたまたまもらった本がこの本でした。
「ぐうたら農法のすすめ」 
すぐに「ぐうたら」に惹かれました。ならば、ワタシにも畑ができるかも!
西村先生のおっしゃる「ぐうたら」とは、自然の営みに同調して畑をつくる。
例えば、畑は、そこに住む生き物に畑を耕してもらう。 
人は、そのお手伝いをするということでした。
最近出された本「野菜を見分けるコツ百科」 も写真付きで説明がわかり
やすく、読みやすい本でした。
甘くてうまみのあるかぼちゃを見分けるこつは?
何か知っていますか?

先日、久しぶりに畑の野菜大盛りサラダを作りました。
水菜、春菊、ほうれん草2種類、ルッコラ、サラダバーネット、パセリ、
サラダ菜2種類、ラディッシュ、バジル。
み~んなオババの畑で収穫した野菜です。無農薬、ほぼ有機栽培です。
ちぎって、ドライトマトと米酢とオリーブオイルだけ加えます。

もりもり食べました。
そしてまた、幸せな気分になったのでした。

おやすみなさいませ。


09.11.04 boshi 006

写真下* マダムお紀久さんにもらった帽子。全部で16個。
       これで帽子失くしても困らへんやろとマダムは言います。
       おおきに。今後はもっと大きいの頂戴。


コメント
この記事へのコメント
ン、なるほど

15個にしか見えんのやけど。。。
出来れば4列に並べて16個が見たかった!

ん~~さては、さっそく1個を失くしなったの?
大きいのが欲しくて?
2009/11/06(金) 00:30:39 | URL | madamuyann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。