羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

饒舌な秋から 沈黙の春へ!?
2009年11月06日 (金) | 編集 |
09.11.06 himawari 005

こんばんは、ringoです。
今日もええ天気でしたね。
金剛童子山を眺めながら、
いつ登ろうか考えています。

文句なく青空号日和。
あじわいの郷のひまわりを見にいきました。
午後4時頃。
時計台のそばにおんなりました。
夏のひまわりがキリギリスなら、晩秋のひまわりはアリさんでしょうか。
何かにじっと耐えているようでもありました。
はい、すぐに感情移入してしまいます。

ひまわりのそばには、桜が咲いていました。
寒い時期に咲く桜でしょうか。
若木に満開に近い花でした。

09.11.06 himawari 014

道端のたんぽぽにもんしろちょうがとまっていました。
ほくろのある白い羽をふるわせていました。
寒いんかな。

次に、花unoさんちに立ち寄りました。
くるみちゃんがお出迎え。
あらら、ちゃんと覚えてくれていて嬉しいこと。
かわいいエプロンをしてお手伝い。
冬の贈りもの雑貨店。
オババに日頃のお礼をかねて、
紫色の手づくり肩掛けバッグと木子でペンションをされている方が
焼いた胡桃とフルーツのケーキを買いました。
木のぬくもりのあるお部屋で、あれこれアクセサリーや素敵な小物を
見ながら、オーストリア・チロル地方のお宿を想い出しました。
木のおうちはなんだかほっとします。
そいうえば、今朝、柿を採っているときに、
下で待ち構えていたオジジがぽつり。

「昔は、山によう行ったなぁ。覚えとるかえ。
栗ひろいした~ろ~。今はもう誰も山へ行かん。。。」

秋の雑木林の記憶。
夕焼け色のフィルムがかかっています。
秋は山や木が恋しいね。

09.11.06 himawari 021
*写真使わせて頂きました。

その次に、エコネット丹後のマダム・民~さまのお宅にお伺いしました。
お渡しするものがあったのですが、私のもうひとつの目的は、
ひょっとして、あの裸族のコージ君に会えるかも。
窓から顔をだしたコージ君に
「これちゃんとお母さんに渡しといてね。大事なもんが入っとるから」と告げると、
「はい、わかりました」
まだ、半ズボンにゴムぞうりなんだろうか。
聞くのを忘れました。 今夜は星空観察会にでかけるとマダム民~さまは
後で言われておりました。

夕方、レモンを買いに行った先で、
ばったり縄屋の吉岡さんに会いました。
ちょっと立ち話。なつきちゃんは元気かな。
来週の京都新聞で家庭でできる旬の素材を使ったお料理を
紹介されるとのこと。
素材はエビ芋とさわら。
エビ芋のあのシルキーな舌触り。
その昔、エビ芋と鯨ベーコンを白味噌で煮た料理を頂いたことがあります。
それはそれは絶品でした。もう食べられません。
エビ芋は、ないない村・外村のファーマーズさんが作っておられるそうです。
どんなお料理を教えて下さるのでしょうか。
試してみたいです。

週末は、京丹後市商工会祭りや、御旅市場のフリーマーケット、古い着物の
フリーマーケットがあるようです。
丹後ええもん工房めぐりもスタート。
お出かけが楽しい週末になりそうですね。
こういったイヴェントは、終了1時間前にはすでに実質的に終わっていたりします。
はよ、帰ろう。 なんせ、日暮れが早くなったもの。
そこで、夕暮れから夜、大人の時間のお楽しみもあると
長い冬には嬉しいです。

本日も、無事終了。
屋根から落ちずによかったな(柿ぼりのときに)
木のはしごも折れなかったし、屋根も割れなかった。
オジジのつるつる頭の上に落下しなかったし。
今日も、いい1日だった。
嬉しいな。おおきに~。

では、Have a ほっこり time!

コメント
この記事へのコメント
くるみ谷の紅葉
v-268 クッキーパパさん♪

を頭に描きながら、ご無沙汰です。
実は時々クッキーパパさんのブログ遊びに行っていま~す。
あ~、きばっとんなるわ。クッキーちゃんも元気そう。。
とread onlyですみません。
はい、金剛童子山まずは登ってみたいです。
ボランティアの登山道整備も是非参加したいです。
ロハスくるみ谷にも近い内に遊びに行きたいです。
冬は薪ストーブで温まって、いいでしょうね。
ワタシは、温泉も蟹もない静かな冬も大好きです。
2009/11/29(日) 22:22:31 | URL | ringo #-[ 編集]
ringoさん、あいかわらず東奔西走のようですね。
金剛童子山、10/27(火)に、30人ほどで登ってきました。
京丹後市への合併後、登山道の整備がなされず、登れなかったのを有志ボランティアの方々が味土野から草刈って整備され、登れるようになりました。この日は、京都市内の聖護院から修験者の方も同行され、かつて行場であった、東西の覗き岩や行者池も発見でき、この山の構造が大峰山に酷似していることに、修験者の先生も驚かれていました。
私も、来年からは登山道整備のボランティアに関わろうかと思っています。ringoさんも、ご一緒にいかがですか?
宿の方は、10月から開業し、ほぼ予定通り順調に営業できています。
また、機会を見てお越しください。
2009/11/19(木) 08:49:53 | URL | クッキーパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。