羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルグのクリスマス
2009年12月19日 (土) | 編集 |
Xmas tour2009 008

こんばんは。
風邪はなかなかしつこいです。
ホット蜂蜜レモンを飲んで少し喉がましになった。
夕方、ようやく起き上がり、おでんをお鍋いっぱい作った。
これで当分お料理しなくても大丈夫。
やれやれ。

で、オーストリア・ザルツブルグのクリスマス。
レジデンツの中庭にコンテンポラリー・アート。
アーティストは、スペイン・バルセロナ出身のアーテイスト・Jaume Plensaジャウメ・プレンサ。
言葉や文字をつなぎ(日本語もいっぱいありました)形作った胸を開いた人。
確か、なんとかコミュニケーションをいうタイトルだったと思う。
いけてる!


Xmas tour2009 013

クリスマスツリーのデコレーションには、りんごがよく使われる。
ドイツでは、昔クリスマスツリーはりんごの木であった。
その後、常緑樹のモミの木になったそうな。
りんごは、アダムとイブの原罪を現す果実でもあり、キリストの身体を現すパン
(後にクッキー)によって贖われる。クリスマスツリーにはりんごを象徴する飾りつけと
レープクーヘンなどクッキーもぶら下がっている。
というわけで、クリスマスとりんごは関係があるのね。


Xmas tour2009 016

COP15が終わった。
サンタクロースはクリスマスプレゼントを忘れてた。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。