羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜩の声 これから何度こんな夏を過ごせるだろうか
2010年08月13日 (金) | 編集 |
2010.08.02 italyfrace8 018

こんばんは、ringoです。
ないない村です。
嵐もやみ、虫の音が聞えます。

静かな夜です。

先月も今月も、フランス・モンサンミシェルを訪ねた。
その昔は、ベネディクト派の修道院。
そして、ミシェル信仰の巡礼地。
少し昔は、百年戦争でイギリス軍に包囲され、
フランス革命で略奪にあい、牢獄になったとさ。
修道院の内部はがらんどう。当時の華やかさを想いながら歩く。
今は、国内外あらゆる旅人でにぎわう。
はるか昔、オベール司教の夢枕にサンミシェルが現れ、
我をたたえる聖堂を建てるように命じたのがモンサンミシェルの始まり。
2010年、サンミシェルに導かれた日本人の方が、こちらに移り住まれ
毎日礼拝に通っておられるそうな。

剣を持ち、悪を退治し、最後の審判のときに魂を天秤にかける。
かっこいい大天使ミシェル。
高いところがお好きなようで、たいてい降り立つ場所は山のてっぺん。
天上と地上を行き来し、神の意志を人間に伝えるんだって。

2010.08.02 italyfrace8 015

この場所は、何に使われていたか不明だと。。。

2010.08.02 italyfrace8 017

その一角にこんなむき出しの岩山。
ワタシの好きな場所。
岩に手をあてる。

2010.08.02 italyfrace8 012

からまりながら続いていく。
全部、つながってるんだ。
DNAの模型を思い出した。

ないない村修道院で、瞑想しながら、
足つぼマッサージでむくみをとりつつ、
今年もお盆を迎えています。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。