羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア語 スイカは ココメローネ
2010年08月22日 (日) | 編集 |
2010.08.20 nawaya 001

こんばんは、ringoです。
スーパー・ニシガキへ買い物へ行った。
首にタオルを巻いていることにふと気がついた。
頭でなくてよかった。
なにげにささっとバッグへ入れた。

夏男Oさんが、縄屋さんのランチに誘ってくださった。
寅年のジュンコさんも一緒に。

Oさんは普段は東京に住んでおられるが、夏になると
一月ほど丹後で過ごされる。
丹後に疎開されていたことがあり、お母さまがたしかこちらの
ご出身だと聞いたような気がする。

自転車で丹後を走っているOさんの姿をみると、夏がきたなぁ。
今年はブリジストンの8段変速の電動自転車でデビュー。
御年70歳くらいだろうか、お元気そのもの。
Oさんは大昔、ツアコンだった。

熱中症に気をつけて下さいね。
Oさんの場合は、丹後熱中症はあっても、太陽熱中症はないみたい。
とにかく、こんなに暑い日もあっちこっちサイクリング。
宿で過ごすというのは「有り得ない」らしい。

縄屋さんの涼しげなしつらい。
飲み物は自家製ジンジャエール。
アピタイザーには、夏野菜とたこの蒸し煮に赤紫蘇のジュレ。
食欲をそそる夏の一品。

お刺身は、こむぎとさわらだった。
さわらのお刺身を食べるのははじめて。
軽く炙ってあった。焼霜造りっていうのかな。
思っていた味とは違った。旨い。
今日は、サイズ的には「さごし」くらいで、
春の魚と書く「鰆」だが、これから秋にかけて美味しくなるらしい。

サワラの「のぼり」はあっちこちでみかけるが、魚屋さんでもほとんど見かけないし、
食卓にのぼることもない丹後になじみの薄い魚。
但し、水揚げは多いらしい。
お刺身が美味しいのは嬉しい発見であった。

土鍋で炊いた白いご飯に鴨の炭火焼きも美味しかった。

お料理に使うお野菜は、おうちで作られているとのこと。
そういえば、先日、ミクタン2010のHPを作ってくれた友人Qちゃんに
お礼を送った。
名づけて、ミクタン2010夏のセット。

梅本さんから、夏野菜いろいろ。おなすやズキーニやパプリカなど。
縄屋さんから、ジェノベーゼとトマトソース。
空詩土さんから、採れたてブルーベリー。
弥栄鶴さんから、いちごのリキュール・京おとめ。
小野甚さんから、塩ポン酢とソースドレッシング。
ワタシは、サンドライトマトとノルマンディーのガレット。

最近、農薬センサーが敏感になった彼女は、作った人の顔がみえ、
安心安全な食材に大喜びだった。
提供して頂いたみなさま、ありがとうございました☆

それにしても、ワタシのものは除いて、こんな夢のような夏のギフトがあったら、
ワタシもほしい!

話が横道にそれました。
すみません。

最後のデザートは、すいかのジュース。
真っ赤な太陽をぎゅっと凝縮したような甘さ。
夏男Oさんのカラー、レッドだった。
美味しく楽しい時間、ご馳走さまでした☆


2010.08.20 nawaya 003


縄屋さんはブログをオープンされたそうな。
コメント
この記事へのコメント
「丹後の宝石箱」
おお、そうなんです。
スゴイ宝石箱をいただいてしまって、身に余る光栄です。
この場を借りて、改めてもう一度お礼させて下さい。
皆さま、心を込めて作られた大切な宝物を沢山分けて下さって、本当にありがとうございました!!
身も心も豊かにしてくれる滋味たっぷりの品々で、この暑いのに夏痩せもせず、プクプク元気に暮らさせていただいてます。
また一度丹後に出かけて、こんな宝石を生み出している豊饒な空気を吸ってみたいです。
皆さまも夏バテなどなさいませんよう、来年のミクタンに備えてどうかお元気でお過ごしくださいませ。

2010/08/25(水) 12:17:39 | URL | Q #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。