羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ice Breaker  グレイシャーブルー
2010年08月23日 (月) | 編集 |
10.08.23 Ice breaker 003

こんにちは、ringoです。
冷房室から出られません。
さっき、紫蘇ジュースをつくるのに
部屋の外へでましたが、むうっとした熱気。

今年のお盆には、こんなお酒をみんなで飲みました。
久美浜・木下酒造の日本酒です。

Ice Breaker
アイスブレーカー。

透明感のある水色のボトルにペンギンのラベル。
まず、このデザインだけでワタシは拒否できません。買います!
で、冷やして氷を入れて飲むと美味しいと書いてある。
暑い折、ええ感じ。
純米酒。

頭の中には、すでに食卓の真ん中にグレイシャー・ブルーの
アイスブレーカーのボトル。
氷を入れたグラス。
今夜の料理は、ベトナム風生春巻き、間人の魚の刺身、
オババの畑のサラダ、桃と生ハム、つぶ貝、焼き魚、
砂方のもずく酢、なぜか、カンパーニュ風パテのカルバドス風味も。

で、結局。
一晩で1本あきました。
大人4人です。
これはとても稀なこと。
たいてい、いつもだと半分も空きません。

そのままでもいけますが、やはり、氷を入れて頂くと、
誠にさらに上品になり、キレがあり、何杯でも飲めました。

氷河の上に風が吹いているような日本酒だった。

10.08.23 Ice breaker 002

弟のオヨメサンが言った。
「あ、おねえさんの本と同じ色、ペンギン!」
ringo、ノタマウ。
「ほんまやね。まだ本はようけ残っとるから、アイスブレーカーミニボトル付きで
売ろうかぁ???」
「ちなみにこのペンギンは何ペンギンが知っとるかえ~?」
あっちを向いていた姪が答えた。
「皇帝ペンギン!」
「あたりっ。よう知っとるわなぁ。」

10.08.23 Ice breaker 006

パリの日本語新聞「OVNI」(オヴニー)は、旬の話題が満載。
パリへ行くと必ずチェックする、ちゃんと読めるフリーペーパー。

今年4月頃、OVNIをみたら、
フランス語面に、木下酒造(アイスブレーカーを作っている)の
インタビュー記事と写真が載っていた。
あらら。
嬉しいし、凄いじゃない。→ その新聞は、とト屋の田茂井さんにあげた。
記事の下には、パリ市内のあちこちで催されている吟醸酒利き酒会の広告が多数。

パリでは吟醸酒ブーム?ならば、それにあう料理シーンも
きっと盛り上がっているに違いない。
日本人シェフや日本的な食材も大活躍。
フランス料理と日本料理のエスプリが香る美しいお皿の数々が、
毎晩、きらきら星のように生まれているんだ。


*追伸*

OVNIは、読みものとしてもおもしろいです。
http://www.ilyfunet.com/ 


コメント
この記事へのコメント
飲んでみたい!
なんと素敵なボトルに入ったお酒・・・
お酒が飲めない私でも・・・そそられる・・・
この暑い夏に少しでも涼を求めてみたくなります。
姉弟で飲み明かすなんて・・・うらやましいです。
2010/08/26(木) 09:51:10 | URL | petsupemomo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。