羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久多のおくでさん
2010年09月05日 (日) | 編集 |
10.09.04 uzo okude 036

こんにちは、ringoです。
9月とはいえ、地球が燃え尽きそうな暑さですね。
明日からフランス・イタリア8日間巡業にでかけます。
9月は、久々に2場所あります。やれやれ

ウゾの会のメンバーと京都市左京区の山里・久多にでかけた。
お目当ては、つばさプロジェクトの越道さんから聞いていた
蕎麦うち「おくで」さん。

久多は、JR湖西線堅田から山の方へ車で40分。
京都市内からだと車で1時間。
滋賀県と京都府の境にある標高400m、
日本昔話にでてくるような山あいの村。

鮎釣りができる久多川。
日本みつばちが花の蜜を集め、
夏には、一面に薄紫色の北山友禅菊が咲く。
無形重要文化財の花笠踊り。
冬にはかまくらができるほど雪深い里。
おくでさん四人家族は、築200年の古民家で暮らす。
今年で7年目だそう。

10.09.04 uzo okude 007

土鍋で炊いた鮎ごはん。
はじめて頂いた。
鮎の香り、上品な味。

うるか。
日本酒がすすむ。

縁側でコーヒーもよばれた。
水は、山水を引いておられる。


10.09.04 uzo okude 032


10月からは鯖すしが食べられるそう。
また、秋が深まった頃に訪ねてみたい。
美しい久多の風情や、心とこめて作られた美味しいお料理も心に残ったが、
おくでさんご夫妻に、また会いたいなぁ。。。

静かにゆっくり流れる時間。

慈しむ。そんな気持ちになるよ。

本当は、内緒にしておきたいようなところだった。


10.09.04 uzo okude 039


コメント
この記事へのコメント
ご来店有り難うございました!
先日は、遠路遥々お越しいただき本当に有り難うございました。久多の里は、四季の移ろいがハッキリとしていますので、ウゾの会の皆さんと是非違った季節にもいらして下さい。その時には又、ringoさんの視点でのご意見を聞かせて下さいね!楽しみにしています。
2010/09/07(火) 18:19:58 | URL | 京都の雪国 #BWV8rw2w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。