羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノから丹後へ 和柄はどこでも素敵
2010年09月30日 (木) | 編集 |
10.09.24 Italy9 006

たたいま~☆
ringoです。
胸いっぱい、ないない村の秋の空気。
ほっとしています。

10.09.24 Italy9 005

上の2枚の写真。
どこでしょうか?
え、丹後のおみやげを買える「アミティ」??? う~ん。。。

答えは、ミラノのデパート「リナシェンテ」です。
和ものブーム。
着物の柄をモチーフにしたバックの数々。
一番奥のピンク色のバッグは、ちなみに200ユーロ(22000円位)
ポップなこけしも流行っているらしい。

10.09.28 Cathline kyoto 003

イタリアツアーから帰ってきたら、
ニュージーランドの高校で日本語を教えているキャスリンから電話。
日本語べららべらのキャスリンは、教えている高校生を連れて京都に来ているらしい。
一緒に夕食。
16日間の日本ツアー。
京都滞在の後は、福井市の姉妹校訪問とホームステイ。

なんで、日本語選んだの?と聞いたら、
「アルファベットじゃないし。違っているから、おもしろそう」
そうかぁ。
大人しそうな感じのニュージーランド・ガールズは、とり唐定食を美味しそうに食べていた。
今頃は、福井のホームステイ先でうまくやっているのかな。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。