羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローサブマリン
2010年11月03日 (水) | 編集 |
10.10.22 Bercy 009

こんばんは、ringoです。
明日から晩秋ヨーロッパ場所11日間がスタート。
はい。バルセロナ・ローマ・パリ。
10月に行ったコースと同じです。
長いわ。

ヨーロッパでは、10月最後の日曜日から冬時間に。
暗く長くそして寒いけど暖かい冬が始まります。

最近、自分が60歳になったとき何をしていたいかと考えます。
はい。上の写真のようなブランコを畑の真ん中、お花畑に置いていたい。
となりに白髪のおじいさんがいたらもっといいな。
でも、そのおじいさんは、南の島でフランシスコ会の修道士みたいになっとるわけ。

ないない村で静かに暮らしていたいな。
晴耕雨読の暮らしができたらいいな。
畑の野菜をたっぷり使った新丹後料理を作りたいな。
赤ワインとサラダとスープのキッチン。

どうにもならない夢のようなことが浮かんでは消え。。。
泡泡なんだわ。

では、行ってきま~す☆

10.10.22 Bercy 018

写真下・これぜ~んぶ、水です。
    世界中の水です。
    人の手にふれていない水と書いてあったフィジーの水もありました。
    思わずれレジに持っていきましたが、
    ふと、民~さまのお顔が浮かび、ボトルをラックに返しました。
    水は売ってはいけません。
   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。