羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプル・ライフ
2011年02月10日 (木) | 編集 |
11.01.23 Mdq garden 003

ただいま~♪
ringoです。
日本に帰ってきてから1週間たちました。
時差ぼけはありませんが、いずれにしても天然ボケは続いています。

南の島といえども「冬」です。
↑のような夕陽がみられたのは、3週間のうち、1日くらいでした。

11.01.23 Mdq garden3 0005

・朝起きてすぐ、ごむぞうりでスタスタとワイルドな裏庭へ行き、
地を這うトマト(「手」をつくらなくてもよろし。という修道士波平の意見)や
ナス・豆・バジルをとってくる。→ 朝の空気が文句なく気持ちいい。
夏の朝、汗ぶるぶる、もぎたてのトマトを手に畑から帰ってきて、
「あ~、気持ちよかった」というオババの気持ちがよくわかった。

・ドライトイレの開放感 → 飲める水をトイレの水洗に使わない。

・手仕事・外仕事の心地よい疲労感 → 朝起きて、はじめてすることがパソコンの
スイッチを入れることであったワタシは、やっと、パソコンの呪縛から開放された。

・生きていくには、そんなにものは要らないな。日本に帰るとものがあふれ、
「欲望」を刺激し続ける。

11.01.23 Mdq garden3 007

・ドイツ人生物物理学者Fritz-Albert Poppの生物光子の研究の話を
修道士から聞いた。ぞくぞくっとした。この話はまたゆっくり。

そんなわけで、京都駅前では水がカラフルなイルミネーションを纏い、
和風の音楽に合わせて踊る。観光客がカメラを構える。

島では、満点の星空がみえる頃だろうね。

11.01.30 Manila bike shop 023

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。