羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとなの雛まつり
2011年02月18日 (金) | 編集 |
11.02.18 Hiinamatsuri 007

こんにちは♪
ringo@突然「人形」に目覚めたみたいです。

弥栄町・あじわいの郷のひな祭りが
明日から3月3日まで開催されます。
お雛さまの展示があります。
20日(日)には、月例祭があり、
屋台・軽トラ市・ばら寿司の食べくらべなどのイベントもあるようです。

今年の弥栄町・あじわいの郷のお雛さまは、とてもにぎやかです。

↑の写真は、機屋さんの60年ほど前のお雛さま。
装束がきわめて美しいです。
お内裏さまは、古代紫・染物のお召しもの。
お雛さまは、細やかな刺繍入りの豪華なお召しもの。
とてもいいお顔をしておられます。

11.02.18 Hiinamatsuri 017

↑の写真は、80年近く前のお雛さま。
上品なお顔だち、味わい深いお雛さまです。
気品という言葉が生きていた時代を表しているようです。

うちげのお雛さまは、蔵から出してすぐにあじわいの郷に
出張してもらうつもりでしたが、
いざ、お雛さまを目にすると、しばらく眺めていたいなぁ。
そんなわけで、お内裏さまとお雛さま、3人官女、右大臣左大臣さまには
1週間ほど床の間に座って頂きました。

外は雪景色だったり、鉛色の空だったり、北風が吹いているのに、
こたつ守の間は、華やか、春の気分です。
お雛さまも嬉しそうなお顔です。
春が待ち遠しい♪

そう言えば、昨日は初南風が吹きました。
窓を全部開けて風を入れました。

お雛さまが出張された後、がらんとした床の間には掛け軸とこれまた、
お雛さまと一緒におんなった鼓舞のお人形さんを飾りました。

おとなの雛まつり。
忘れていた「人形遊び」を突然思い出した、2011年の雛まつりです。

11.02.18 Hiinamatsuri 019


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。