羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと チューリップ
2006年04月19日 (水) | 編集 |
Tulip red and white

こんばんは
ringoです。
ハーグのホテル、クアハウスホテルからです。
スヘベニンゲンのビーチが目の前。
     *
ハイスピードインターネットアクセスに部屋から接続可能。
24時間15ユーロ。これはアムステルダムのホテルで売っていた
ワイアレスインターネットアクセスカードと同じ料金。
しかし、アムステルダムではシグナルが弱くてスローだった。
ここでは快適。
     *
今日は、午前中アムステルダムの運河クルーズ、
国立博物館でレンブラントの夜警や、フェルメールの牛乳を注ぐ女、
手紙を読む女などを鑑賞。実は満員電車の中で絵を観ているみたい。
人が多すぎる。お昼ごはんはパンケーキ・ベイカリーという
パンケーキ専門店。うーん、こういう人気のあるレストランには
グループでいくもんとちゃいますわ。
しかも年配の人の口にはあんまり合わなかったみたい。
飴のおばちゃん達は、やれ焦げているとか、辛い(トッピングが
ハムとチーズ)だの、持ってくるのが遅い、トイレがひとつだけとか
言いたい放題であった。となりのファミリーは、なんと注文した後
テーブルでトランプをして遊んでいた。余裕である。
その後、ちょっとシンゲルの花市をみて、ゴッホ美術館へ。
仕上げはダイヤモンド研磨技術をみてショールーム。
お泊りは、ハーグのシュタイゲンベルガー・クアハウスホテル。
お城みたいな外観、ヨーロッパスタイル、5★ホテル。
たまにはこういうホテル、嬉しいな。
夕食は、何故か?ぱっとしない中華レストランへお出かけ。
この辺がツアーしてるねぇ。
こんな素敵なホテルに泊まってるのに。近くにいろんなレストラン
もあるのになぁ。
     *
そんなわけで、今夜は北海沿岸です。

AMS 0418


コメント
この記事へのコメント
 黄砂の無いヨーロッパだから、花の色が鮮やかなのでしょうか?
 毎度、美しい花の写真に心が癒されます。我々が生きている内に、臭いが ネットで運ばれるのでしょうか?
2006/04/20(木) 05:45:50 | URL | ジャグパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。