羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不揃いのチューリップ
2006年02月08日 (水) | 編集 |
tulip

こんばんは。
ringoです。
今日はボイストレーニングに浅茂川へ行ってきました。
浅茂川といえば、3年ほど前に八丁浜マラソンファミリーコース3キロ?に参加しました。
突然、走りたいと思いました。
よろよろと最後から2番目でゴールイン。
体脂肪0ちゃう?、かっこいいトレーニングシャツ、ごっついシューズ、そんな人たち中で
ワタシと最後の男性だけが体型が違っておりました。
ゴールしてしばらくした後、彼がたこ焼きを食べているのを発見しました。
最後に走ってくれて、ありがとう。
それでも、小さな達成感。気持ちよかったです。
ところで、初めて会うボイストレーニングのヨシコ先生は、笑った顔が紀宮さまそっくりでした。
時々言われるそうです。
歌いたい。これもある日突然思いました。
声をだしたい。
ちょっとおしゃべりした後、発声練習、サンタルチア、浜辺の歌、この星に生まれてを
先生のピアノにあわせて歌いました。
のってくると、演歌調になってしまうようです。
今年は、クラシック調でいかせて頂きますぅ。
1時間半ほど立ちっぱなしで歌っていたら、結構くたびれました。
カロリー消費したかなあ。
その後、離れ湖を右手に見ながら、ふるさと病院の方へ歩いていく途中、
2軒、軒先で野菜やチューリップを売っているおうちがありました。
小さく不揃いなチューリップ。10本くらいで500円。
花屋さんの大きく優等生なチューリップより好きだなあ。
昔は木津にチューリップ畑がありました。
オランダのキューケンホフ公園にもまた行きたいなあ。
花は言葉なく、心を休めてくれます。

浜辺の歌の歌詞がよかったので引用します。
1919年(大正7年)に発表されたそうです。
作詞は林古渓さん。作曲は成田為三さん(秋田生まれ)です。

あした浜辺を さまよえば
昔のことぞ しのばるる
風の音よ 雲のさまよ
寄する波も かいの色も

ゆうべ浜辺を もとおれば
昔の人ぞ しのばるる
寄する波よ かえす波よ
月の色も 星のかげも

Andantino優美にだそうです。
聴こえましたか?

*本日の朝食
・はったい粉にドライフルーツ入りのグラノーラ
 オジジいわく、はったい粉(玄米の粉)にはポンポンと沸騰している お湯をいれなあかん。  






コメント
この記事へのコメント
その話し、めっちゃ覚えてる!
たこやきの人も...!

次は演歌調のサンタ・ルチア聴かしてね。
2006/02/09(木) 02:36:54 | URL | bonnie #jdgj8OxM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。