羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米の子
2006年05月12日 (金) | 編集 |
asozorago1

こんばんは
ringoどすぅ。
午後から青空号で丹後町、間人(日本海沿い)まででかける。
みどり先生の踊るクスリの海洋性クラス。今日は大入り満員だったが
床はダイジョウブだった。
金曜日の間人教室は明るく声の大きい地中海沿岸性タイプの人が多い。
木曜日の峰山教室は内陸性。静かでスイス人みたいな人が多い。
ワタシは両棲類。
     *
踊るクスリが終わった後、船が帰っているのが見えたので港の魚市場に
寄った。はたはた、かれい、きす、かわはぎ、いか、たこ、ふぐ、
かさごにえび他いろいろ。赤い帽子の仲買人の人たちが大勢。
行商のおばあちゃんもいる。がやがや。携帯で注文をとっている人も。
     *
かずさんからの情報。
5月14日(日)16:00~17:00
NHK教育・デジタル教育1
こころの時代~宗教・人生「粘土団子・世界の旅~自然農法60年の
あゆみ」という番組があるそうです。
自然農法創始者の一人、福岡正信さんのお話とのこと。
興味深い。
是非見たい。かずさん、どうもおおきに。
     *
新緑の里山、田んぼ、水、薫風。
なんとなぁ。美しい季節。
大活躍の青空号と金剛童子山の稜線。
両手をひろげているみたい。
こんなひげみたいな草、青々したはっぱ、苗が、
秋には黄金色に波打つ稲穂に成長するんだもんね。
改めて脳みそをよく使って考えると、もの凄いことだ。
今年は、弥栄町・野間の民谷さんが作ったお米を食べている。
有機栽培・無農薬だって。
玄米にほんの少し白米、それに10種類の雑穀を混ぜる。
毎日食べても飽きないし、おかずがいらない。
感謝、うぐいすの声空高く、感謝の気持ちでいっぱい。

nae1


コメント
この記事へのコメント
これが有名な、ringoさんの青空号ですか!
なんだか、いいですね。
こんな新鮮なAirに包まれて走るのって・・・
もっとも、私の場合、あちこち、寄り道したくなって、
いつまでも家にたどりつかなかったりして・・・



2006/05/13(土) 15:53:05 | URL | みなこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。