羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペール・ギュント 入り江にて
2006年05月26日 (金) | 編集 |
fijord1

Good morning
ベルゲンからringoどす。
雨上がり。さわやかな朝。
今日はこれからスウェーデンのストックホルムへ。
     *
昨日は、雪が降った!!
ちょうどオスロからミュールダールまで列車で移動中。
標高1222メートルのフィンセというあたりで。
吹雪。え~@@ さぶ~。
その後、小雨に曇りという典型的なフィヨルド地方の天気。
メキシコ湾暖流がもたらす風が、そびえたつフィヨルドの
断崖にあたり、雲を生み、雨をもたらす。
ま、ガイドブックの上で旅行しているわけではないからね。
とはいえ、初夏の北欧、ブルースカイ、絵葉書の世界が
インプットされているので、残念そうな顔も。
グドヴァンゲンからラールダールまで約3時間のクルーズ。
のんびり楽しんだ(かな?退屈したかも?のんびりゆったりに
弱いお方が多いからなぁ)
実は、ストライキは直前に回避されたのだが、諸事情があり、
このゆったりコースのクルーズに。。。
詳しくは内緒。。
京都は暑いかな?
涼しげな写真をもう1枚どうぞ。

fiyord2


コメント
この記事へのコメント
それから、SISSEL(シセル・シルシェブー)の歌声も♪ リレハンメルオリンピックを思い出した。
2006/05/27(土) 18:54:12 | URL | みなこ #-[ 編集]
あ~、いいですねえ。
ringoさんのブログ上で、私も北欧を旅している気分を楽しませていただいております。
写真を見ていると、針葉樹の風景にスーッとするサイプレスの香り、そして前の方と同じく私の耳にもシベリウスが流れてきます。
バスとボートを乗り継いで、ひたすら北岬を目指したノルウェイ。
寡黙でやさしい人が多かったな。
2006/05/27(土) 18:31:21 | URL | みなこ #-[ 編集]
写真を見ていると、ひたひたと近づいて来る物があります?シベリウスのメロディーです!短絡的と言われようが。空気の密度が日本とは、まるで違うように思えるのです。
2006/05/27(土) 05:27:04 | URL | ジャグパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。