羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白夜 あなたを探して
2006年05月28日 (日) | 編集 |
sirija1


こんばんは、
ringoです。
シリアライン・セレナーデ号(約6万トン)でバルト海をクルーズ
午後5時にストックホルムを出航。
ブルーのシルクを撫でるように船は進む。
入り江のお家。ヨット。妖精が住んでいそうな森。
陽はまだ高い。
     *
バルト海クルーズというと、あ~お相撲さんのバルトねえと
おばさまたち。
そうか、バルト海も遠くて近くなったんだなぁ。
バルトはエストニア出身だっけ。
午前中、スットックホルム郊外のドロットニングホルム宮殿へ行った。
王宮を守るのは女性の衛兵さんだった。
スウェーデンという国は男女同権、平等の国だとアナウンサー調の
ガイドが言う。ふむ。
     *
日没、午後9時35分。
暗くなるが、またすぐに薄明るくなる。
クルーズ船からインターネット。
1時間4ユーロ(600円)のワイアレスカード。
会議室では、ビジネスミーティング中だった。
免税店でお酒やタバコをどっさり買う人たち。
何といっても税金が半端じゃない。子供のプレイルームもにぎやか。
レストランも数軒。パブでは遅くまでライブ。
アクロバットショーもやっていた。カジノでルーレット。
2400人ほど乗せた船は20ノットで進む。
距離493KMをゆっくりと。
そして、気分は夏至に向けてはじけている。

sirija3


コメント
この記事へのコメント
v-66おぉ、bonnie

ご心配をおかけしました。
常々、ゆるゆるの暮らしをしているので、
すぐにバテテしまうんです。スタミナがない。
長靴はね、そのとき履いている靴の写真をのせようと思いついたんです。が、この赤いシューズが一番今の気分に近いかなと。。。
週末の琵琶湖亭もそろそろ夏の風情やろな。
どない?
2006/06/04(日) 21:34:26 | URL | ringo #-[ 編集]
3日間更新してない、ということは帰途についてるのかな?
長靴が赤くなったのはな~ぜ?
2006/06/01(木) 13:33:03 | URL | bonnie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。