羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタ 誰?
2006年06月08日 (木) | 編集 |
basil1

こんばんは、
ringoです。
本当は今日もichigoなのだが、くどいのでやめときます。
明日は京都へ戻ります。
     *
今日は、みどり先生の踊るクスリのクラスの日。
まず、二人一組で足裏つぼ押しやストレッチ体操をする。
今日のパートナーは、モモコさんだった。
リンゴとモモコ。どっかで聞いたような。
モモコさんは、大柄でほんわか暖かい感じの人。
丹後町の運動会の話をみどり先生が始めた。
モモコさんは全種目に参加されたのでは?
モモコさん曰く。はい。大きいと目立ちますね。
すかさず、ringoはモモコさんの背中をマッサージしながら、
得意な種目は何ですか?と聞いた。
綱引きです。もちろん。
モモコさんはにっこり笑いながら答えた。
みんなの空気がふわっとなった。
     *
そういえば、とても大柄なツアコンの人を知っている。
とにかくよく目立つ。メタセコイアの木のように大きい。
仕事上はいいよね。彼女の評判もとてもいい。
彼女はツアコンになる前、バレーボールの選手だったらしい。
たいていハネムーンのカップルと一緒なのだが、どうも、
かわいい仔犬を連れて歩いているように見える。
手をつないで彼女を見上げている。
旅先でよく会うことが続いた。
あら、こないだライン川クルーズで会ったよね。
それに、カプリ島のレストランでも会わなかったっけ?
そうかもしれない。どう、そっち?ツアーは順調?
そう聞きながら、どんな人が彼女に文句を言うのだろうかと
思ったりもする。鋭いアタックがきそう。
大きな人のそばにいると安心する。
小さな人のそばにいると優しい気持ちになる。
ワタシも時々、ringoさんのそばにいるとほっとすると言われる。
それゆえ、ダイエットは後回しなのだ。
言い訳は見苦しい。
     *
里山が田んぼに写っている。
田んぼって自然のクーラーだね。
そろそろ蛍が見られる頃かな。
ヒメシオンや蛍ぶくろも咲いている。
でも、護岸工事した川ばっかりだし、きれいさっぱり川べりの草も
刈ってあるしなぁ。
ぶつぶつ。
さて、畑のニューフェイス。
あんた、誰?と思わず言ってしまった。
肉厚のフタバに極小の四つ葉。形がね。
ちょっとバルタン星人の頭みたい。
君の名は、スウィート・バジルさんであった。
夏はトマトとバジルのパスタに限る。
そんなこんなで13日から10日間のイタリア初夏場所巡業が
始まる。暑そ~。

hotarubukuro1


コメント
この記事へのコメント
v-258おぉbonnie

今回のオフはちょっと“充実”しすぎ。
夜更けのパソコンの横、閉じた花を眺めながら、
午前0時には遅くとも休むことに決定。
その日にできなかったことは、ワタシのプロセッサー処理能力以上だったんだ。締め切りに間に合うことなら明日することに。
避暑に琵琶湖ハウス、7月16日頃行きたいです。
ええなぁ。山の風が吹き抜けるログハウス。
チーズ犬、おこんさんにも会いたい。
2006/06/10(土) 08:20:12 | URL | ringo #-[ 編集]
無事ご帰還安心しました。

きなこに会って、ichigoになって、農婦して13日にはもう次なる巡業。 これ、充実?って言うんだよね。
でもお体はいたわってくださいね。

琵琶湖ハウスは完成しました。
昼間も山風が吹き抜けて涼しいことが判明。
山科からは30分。
暑い時にはちょくちょくお越しください。
日曜はたいがいいる予定。

まずはいってらっしゃい。
(昔のringoさんはとても悪魔的でキュートでしたが、今の存在感も相変わらずちょい悪魔的で得がたいですよ。diet不要!一杯おいしいもの食べてきてください。)
 
2006/06/09(金) 23:19:28 | URL | bonnie #jdgj8OxM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。