羽衣天女と一緒に 丹後半島・京都・世界の空・ 南の島へようこそ ようこそ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Powered by ringo
2006年06月16日 (金) | 編集 |
mil2

こんばんは、ringoです。
6月15日午後8時半。
もちろん外は昼間のように明るい。
観光客の重さで地盤沈下しそうなベネチアです。
暑いどすえ。
よりによってこんな日に、観光名所ドウカーレ宮殿はストライキ。
スタッフが待遇改善を求め、契約更新時期の今、ストライキにでたと
イタリア人ガイド、マリオの話。
まったく、もぉ。
仕方がないので、大運河にかかるリアルト橋や魚市場のお散歩をした。
結構みなさん喜んでいた。
ズキーニの花の黄色、トマトの赤、バジルの緑。
シャコも、いわしも、アサリも蛸もいるよ。
     *
おぉ、パワード・バイ・リンゴ。
昨日、ミラノのドウオモ(大聖堂)前広場で発見した広告。
おもわず、おぉ、やった~。
rignoってイタリア語でどんな意味?
特に意味はないらしい。
パヴェーゼっていう会社が作っているクッキーの名前。
サッカーチームのスポンサーなんだって。
いいな。いいな。powered by ringo。
     *
ミラノのドウオモ前、ヴォットリオ・エマヌエレ2世アーケード
にあるカンパリが有名なバールで食前酒。
もちろん、カンパリオレンジ。
その美味しいこと。たっぷりと大きめのグラスになみなみと初夏の味。
あ~、こういう時間が好き。
教会めぐりもいいけど、気ままな時間が何より嬉しい。
7ユーロ(約1000円)。
カウンターにおいてあるおつまみはセルフサービス。
オリーブや、ピクルスや、小さなパイや、ポテトチップスやら。
バーマンのお兄さんが鑑賞に耐えうる。
こんなバールが京都にあれば、タンゴにあればどんなんやろ。
大人のバール、美味しい飲み物におしゃべり。
通り過ぎる風が好き。
     *
昨日夜、蚊にさされた。ぷ~~んって。
夏のベネチアやなあ。

mil1


コメント
この記事へのコメント
いけめん、ばあてんだあ・・・
もうちょっと、がっちりしていると、もっといいのだが・・・すこし、ほそすぎるか?
(自分の好みを言ってどうする!)

ドウカーレ宮殿、足を出している人は入れない・・・
短パンをはいてきた、日本のとあるおばちゃん、
ブランドの巨大紙袋の底を抜いて両足を入れ、
腰は入らなかったので、ヒップボーンで紙袋の手提げ部分をしっかと持ち、
観光していた姿が脳裏に蘇りました。
巻きスカート用のサロンを貸してくれるのに、
お金をけっちって・・・
でも、ブランドには惜しまない・・・
ああ、日本人って悲しい。

2006/06/16(金) 07:30:32 | URL | みなこ #-[ 編集]
ベネチアのバールは素敵ですね!
こんなバールが京都にあれば、若者と観光客で溢れて、ゆっくりできず。
タンゴにあれば客が来ず、経営者が食べていけず、どちらにせよ、日本は、せちがらいです。
素敵なバーテンダーも良いですが、素敵な花の写真も宜しく(リクエスト)
2006/06/16(金) 04:13:03 | URL | ジャグパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。